2017年05月24日

オレゴンへの旅(その1)成田空港〜ポートランドへ

イラスト_0719.jpg

5月上旬、私はアメリカへの旅人となり、娘が住んでいるオレゴン州へと向かった。成田空港を飛び立った飛行機は9時間半後、ポートランド空港に着陸。機中、私は時おりやわらかな羽毛のような雲を見つめながら、5月のアメリカの世界に飛びこもうと、オレゴンの海岸、森、川、山のなかできらきらする自分の姿を描きながら、早、生きいきと心が走っていた。

重いトランクを抱えながら空港の出口に立ったとき、私はアメリカの空気を一杯吸って暮らす現地人のようにオレゴンの風に馴染んでいた。やがて娘夫婦と合流。車はいよいよポートランドの町へと走り出した。ヤッホ!!
ポートランドは豊かな自然に恵まれ、人口も約58 万人を抱えるオレゴン州最大の自然に恵まれた環境に優しい都市である。歴史的名所や博物館、美術館、バラエティーに富んだショップやレストランもあり、なかなか魅力的で、アメリカ国内の各種調査でも常に“最も住んでみたい都市”の一位・二位に挙げられている。又、日本の札幌市と、ほぼ同緯度で風土が似通っていることなどから、1959年に姉妹都市提携を結んでいる。

車は日本食材専門店の「宇和島」でストップ。お酒、サツマイモ・・・あれこれと購入し、そして昼食。アメリカのハンバーガーは実に美味しいが、滞在中、幾度か頂く機会があるので韓国レストランで好物のビビンバを。
オレゴン州は海の幸・山の幸の食材に恵まれており、キングサーモン(マスノスケ)が州の魚でもあるほどで食材が豊富だが、アメリカンフード、中華、回転寿司などの日本食、ピザやスパゲッテイのイタリアン、トルコ、メキシコ料理と何でもござれって感じ。だが、なかんずくハンバーガーはやはり一番、美味しいと私は思う。

 車はハイウエーをひたすら走り、娘家族が住む海岸べりの町へと向かった。途中、クルーッチー・クリ―ク郡立公園へ回って懐かしい大木に再び出会った。数年前、私は何百年もの生きた木(樹齢1000年?)が大嵐で倒れたのを「シットカ」と題し、物語を創作したのを懐かしく思い出した。大木がひそむ森中は、まさに大自然の神秘な空間であり、樹々を見上げる私は緑の中の一点の存在にすぎないが、いつも大自然から何かしらの合図を受けているようだった。まるで木の上から呼ばれてるような、自然の魂に触れられているような・・・、森の奥へと続く長い道のイメージのつながりの中へと織り込まれていくようだった。

オレゴン到着の一日目は過ぎ、二日目も晴天に恵まれたので、コッフェンベリー湖へピクニック。おにぎり、ホットドック、サンドイッチ、うららかな陽をあびながらの手作り弁当に舌打ちをしながら大満足後、娘と私は湖沿いをハイキングへ。例年、この時期はすでに暖かい日が射す日々だが、今年は雨がしとしとと降る日が多い。湖の水位もあがり、散策路にも水たまりがあちこちとある。やれそれと草むらへと分け入りう回し、靴も埃だらけになりながら進んだが、最後のどどんのつまりに、大きな水たまりに遭遇。万事休す。バックバックと後戻りの6キロの道のりだった。けれども娘と私が体験したすべては、とても好奇心をくすぶられることだった。

さて、オレゴンの旅紀行を載せるとき、毎回、オレゴン州について少し書いている。オレゴン州は北米西海岸に位置するアメリカ合衆国第33 番目の州。面積約26 万平方キロメートル(日本の面積の67 パーセントで日本の本州と四国を合わせた面積より少々大きい。)自然に囲まれ国立公園や国定公園が多くあり、アメリカの中でも最も美しい州といわれる。

 *オレゴンの州都:セーラム。 *州成立:1859 年(33 番目)  *愛称:ビーバー州 オレゴン州の旗は、アメリカ合衆国の旗のなかで唯一「表と裏」の絵が違う。 裏側にオレゴンの動物「ビーバー」が描かれ、表も裏も基本の色はネイビーブルーで、絵の色はゴールド。 表のデザインはハートで、ハートの上にイーグル(ワシ)が乗り、ユナイテッドステートを表し、ハートの周りに33 の星が描かれている。

33 の星の意味は、1859 年にオレゴンが州となった当時のアメリカ合衆国の州の数。ハートの中には、太平洋、山、森、幌馬車、船などが描かれ、二隻の船の一隻は去り行くイギリスの船を、もう一隻は到着したUS の船を表し、夕日に照らされたオレゴンの輝かしい歴史模様が表現され、後世へと語り継がれている。

オレゴン州の代表動物のビーバーは、温暖な森に適応し主に夜に活動をし水の中が好き。最高15 分間、水中にいることが可能。目は瞬膜によってカバーされ水中でも見える。(ビーバーには両目の上下のまぶたの他に3つ目のまぶたが左右に一つずつあり、通常目の内側に隠れている)鼻孔と耳は水中にいる間は封をする。 平らな、鱗片(りんぺん)に覆われた尾.は鰻(うなぎ)の様に平たく、泳ぐ時や仲間に危険を知らせるため水面や地面をたたくのに使う。はい、とても可愛いビーバー!!  

このようにオレゴン州のことを書いているといつも理由もなく夢を感じる。ハート、イーグル(ワシ)、太平洋、山、森、幌馬車、船にビーバー。そして州の魚がキングサーモン(マスノスケ)などの形象が、限りなくやさしく州の象徴になっているからかもしれない。
        

        自然の結合

       風もない午後
       陽はゆっくり移ろぎ
       今にも溢れんばかりの緑の川へ
       池から湖へ
       森ら草原へと流れゆく

       湖面を見つめると
       影と光が差しては退き
       退いては差し・・・
       あらゆる色彩が揺らめく

       うわぁ、まるで迷宮
       すべては自然の結合だ!
       あなたにも教えてあげたい       
       ここに奇跡も魔法もあることを!

イラスト_0216_s.jpgイラスト_0215_s.jpgイラスト_0220_s.jpgイラスト_0221_s.jpgイラスト_0222_s.jpgイラスト_0223_s.jpg

170508_オレゴン旅行_305_s.jpg
成田空港を飛び立つ
170508_オレゴン旅行_306_s.jpg
デルタ航空の機内食
170508_オレゴン旅行_309_s.jpg
ポートランド空港に到着
170508_オレゴン旅行_323_s.jpg
宇和島
170508_オレゴン旅行_324_s.jpg

170508_オレゴン旅行_310_s.jpg

170508_オレゴン旅行_311_s.jpg

170508_オレゴン旅行_314_s.jpg

170508_オレゴン旅行_329_s.jpg
ビビンバ
170508_オレゴン旅行_316_s.jpg

170508_オレゴン旅行_327_s.jpg
シャクナゲ
170508_オレゴン旅行_339_s.jpg
ハイウエーで一休み
170508_オレゴン旅行_337_s.jpg

170508_オレゴン旅行_340_s.jpg

170508_オレゴン旅行_353_s.jpg

170508_オレゴン旅行_344_s.jpg

170508_オレゴン旅行_341_s.jpg

170508_オレゴン旅行_347_s.jpg

170508_オレゴン旅行_349_s.jpg

170509_オレゴン旅行_002_s.jpg
コツフェンペリー湖
170509_オレゴン旅行_004_s.jpg

170509_オレゴン旅行_010_s.jpg

170509_オレゴン旅行_015_s.jpg

170509_オレゴン旅行_039_s.jpg

170509_オレゴン旅行_041_s.jpg

170509_オレゴン旅行_358_s.jpg

170509_オレゴン旅行_355_s.jpg

170509_オレゴン旅行_369_s.jpg

170509_オレゴン旅行_370_s.jpg

170509_オレゴン旅行_389_s.jpg

170509_オレゴン旅行_402_s.jpg

170509_オレゴン旅行_390_s.jpg

170509_オレゴン旅行_383_s.jpg

170509_オレゴン旅行_401_s.jpg

170509_オレゴン旅行_405_s.jpg

170509_オレゴン旅行_363_s.jpg

170509_オレゴン旅行_399_s.jpg

170509_オレゴン旅行_406_s.jpg

170509_オレゴン旅行_407_s.jpg

170509_オレゴン旅行_409_s.jpg

170509_オレゴン旅行_008_s.jpg

170509_オレゴン旅行_047_s.jpg
サンセットピーチ(沈没船)
170509_オレゴン旅行_050_s.jpg


posted by 森 すえ at 06:03| Comment(12) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

関東周辺をぐるり散策・昭和記念公園へ

イラスト_0349.jpg

4月下旬、まだまだ春爛漫ながら、若葉色が鮮やかに目に映る良き頃。そんな情景を部屋から眺めると、気持ちが浮き浮きとなり、自分の姿をうちに閉じ込めていられなくなる。ああ、チューリップが見たいなぁ〜、穏やかな空間に赤、白、黄色の輝きがいっぱい溢れているのを想像すると、早、意識は昭和記念公園へ・・・。

四季折々の花に惹かれ何度も訪れている公園だが、一向に飽きない。言わばわが庭の感覚でリラックスできるからかもしれないが、東京ドームの約40倍の広大な敷地内でお花見ができるのは嬉しい。風もなく、穏やかな晴天の下、広場や森を中心に約20万株のチューリップも鮮やかに咲いている。チューリップの見ごろは4月下旬。だが今年の開花は早かったのか、見頃は過ぎ、全体的な新鮮味はやや薄れてるって感じだが、それでも遅咲きが目いっぱいに輝く池周辺には、美と香りの余韻が十分に残っている。そう、鮮やかな色彩が水面でいきいきと蘇り、鳥たちが横切って飛ぶ空間には子どもたちの幸福そうな姿が飛び跳ねていた。

愛らしいアイスランドポピー、ムスカリ、ムラサキハナナ、スイセン、川沿いの菜の花も、圧倒的なボリュームで人々に感動を与えている。・・・ 私は思う。花の可憐さに添える言葉は・・・もういらないと。さあ、のんびり花を見つめよう〜。チューリップの周りに集う人たちにまじり、私も花を愛し、花に愛されよう〜。
            春の公園で

        大空の光をうけて輝く春の花
        広場の中央で、丘の上で、川沿いの石の影で
        清らかに、やさしく、鮮やかに微笑み、
        崖の下で、橋のたもとで、遠景のなかで
        春の命が、今、生きている。
        そう、すべての美が近くで、遠くで見え
        急にひろびろと視界が無限大!
        ああ、昼下がりの公園内を
        いつもと違った歩き方をしてみょう〜

170425_昭和記念公園_005_s.jpg昭和記念公園
170425_昭和記念公園_007_s.jpg

170425_昭和記念公園_010_s.jpg

170425_昭和記念公園_006_s.jpg

170425_昭和記念公園_013_s.jpg

170425_昭和記念公園_049_s.jpg

170425_昭和記念公園_019_s.jpg

170425_昭和記念公園_020_s.jpg

170425_昭和記念公園_023_s.jpg

170425_昭和記念公園_029_s.jpg

170425_昭和記念公園_026_s.jpg
ハーブ園で
170425_昭和記念公園_034_s.jpg

170425_昭和記念公園_039_s.jpg

170425_昭和記念公園_044_s.jpg

170425_昭和記念公園_050_s.jpg

170425_昭和記念公園_051_s.jpg

170425_昭和記念公園_150_s.jpg
みんなの広場で
170425_昭和記念公園_054_s.jpg

170425_昭和記念公園_086_s.jpg

170425_昭和記念公園_089_s.jpg

170425_昭和記念公園_079_s.jpg

170425_昭和記念公園_065_s.jpg

170425_昭和記念公園_073_s.jpg

170425_昭和記念公園_082_s.jpg

170425_昭和記念公園_059_s.jpg

170425_昭和記念公園_062_s.jpg

170425_昭和記念公園_084_s.jpg

170425_昭和記念公園_159_s.jpg

170425_昭和記念公園_147_s.jpg

170425_昭和記念公園_090_s.jpg

170425_昭和記念公園_094_s.jpg

170425_昭和記念公園_091_s.jpg

170425_昭和記念公園_106_s.jpg

170425_昭和記念公園_101_s.jpg


170425_昭和記念公園_098_s.jpg

170425_昭和記念公園_096_s.jpg

170425_昭和記念公園_110_s.jpg

170425_昭和記念公園_119_s.jpg

170425_昭和記念公園_126_s.jpg
江戸末期から幕末まで松下領の名主を務めた石井家住宅
170425_昭和記念公園_136_s.jpg

170425_昭和記念公園_131_s.jpg

170425_昭和記念公園_138_s.jpg
170425_昭和記念公園_139_s.jpg

170425_昭和記念公園_152_s.jpg

170425_昭和記念公園_109_s.jpg

posted by 森 すえ at 06:18| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

富士山麓ぐるり散策・足和田山ハイキングコース

イラスト_0346.jpg
4月中旬、富士山麓で1週間滞在した。東京の桜は早、散り樹々の周りをピンク色に染める風情だったが、富士山周辺は満開の美しさであった。透き通る湧水が流れる小川のほとりで、神秘的な原野で、樹海で春風景を眺めながら「ひねもす」のたりと何処までものんびりとした日々だった。

4月は晴れの日、曇りがちな空、雨の日もありと、どんな空模様も似合う頃でどれもまた良し。だが短い滞在中には晴天であってほしいと願ったが、そうはいかず、富士山がすっきりと見える日はそうなかった。そんなある朝、小屋の庭から冠雪の富士山が見えていた。それ、今日がチャンスとカメラを抱え足和田山の頂へ向かった。

東海自然歩道の「足和田山ハイキングコース」を、木々の間から見え隠れする富士山を愛おしく眺めながら登山をする。このコースの良い点は、樹木が多く、歩く道すがら、西湖や富士山が綺麗に見えること。今、若葉が美しい。優しさあふれる登山道を快い風に吹かれながら紅葉台へ。展望台からの眺望は抜群にきれいだった。秀麗の富士山がど〜と鎮座する姿に圧巻を覚えつつ、ぐるりと南アルプスへと目を目けると、二番目に高き山、「北岳」がくっきりと見えた。小屋のおじさんも「こんなにきれいに見えるのは珍しいこと」と言われ、私もラッキー!!と嬉しかった。さらに三湖台の展望台へ。そこからの眺望もまた良し。富士山、樹海、本栖湖、精進湖、西湖が臨める光景に大満足をした。

午後から浅間神社へお参り。その後、神社わきの坂をゆっくり登って母の白滝神社へもお参りした。今回、母の白滝をさらに上り、滝の源流へと近づきマイナスイオンをいっぱい吸った。丘の上の展望台で満開の桜に堪能した後、大石公園で可愛い花に魅せられながら、幽玄無限の遊びごっこ、学びごっこでひと時を過ごしたあと、お気に入りのレストラン「イエスタデー」で昼食し、オーナーの女性と談笑するひと時も又良しだった。

4月18日、鳴沢村の「魔王天神社」の祭りが行われ神楽が舞われていた。村の人たちに混じって私も120段を登ってお参りをした。「魔王」という変わった名前の神社だが、御祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)。日本神話の神、「日本書紀」で天照大神(あまてらすおおみかみ)の命を受け、武甕槌神(たけみかずちのかみ)とともに大国主命(おおくにぬしのみこと)に出雲の国譲りをさせた神である。魔王の山をご神体として拝礼するため本殿はなく、台風などで農産物に風の被害が予想されるときには風の神に無事を祈ったとされている。

東京生活では温泉に入れないので、滞在中は温泉でまったりまったりしたが、今回、温泉に格別の想いがあった。4月は私の77歳の誕生月であるが、昨年、岐阜県文芸祭で詩作「湯のけむり」が入選したこともあり、何かと節目の時期でもあったことから、私の描いたイラストを村の皆さんにお贈りさせて頂いた。長きにわたり楽しき交流をさせて頂いた感謝の気持ちとして、これからの人生を前向きに歩むため、立ち往生しそうな弱気な私のためでもあった。

人生において、衰えてゆく寂しさを味わいつつも、その時、その時のそれなりの良さをかみしめながら長き道のりを歩んでこれたのも、多くの皆様のおかげと感謝する昨今。竹の一節に割れ目を入れ、破竹の勢いのごとく、雪のおもみや激しい風にも、折れないしなやかな強さを持つ竹のようにと、又、新しい夢を導いてほしいものとさわやかな夢をいだく節目の月でもあった。そう、桜色は花のためにとどまっているだけではなく、小梢の下で祈る人にも、優しく微笑んでいるかのようだった。ああ、山辺の春・・・フジサクラ、ミツバツツジがほころぶ富士山麓周辺は、冬の寒さに止まっていた時計が急に動き出したような華やかさだった。

        愛されると・・
 
     人は深い愛で包まれると、強くなれる
     強い愛は歓喜を呼び起こし
     美しい顔と幸せの羽に包まれる
     愛を感じたら、眩しい太陽に顔が向く

     冷たい空気の中では身も凍る
     人は愛なしで強くはなれない、生きれない
     不安を抱える日でも、愛されると強くなれる

     受けた愛を返すとき・・・
     今、そのときと胸がつまる
     弱い私が強く生きられるのは
     たくさんの愛のおかげ
     祈りをこめ優しさの返信を贈ろう 


170419_別荘周辺_109_s.jpg鳴沢村から
170419_別荘周辺_115_s.jpg
170420_紅葉台三湖台_019_s.jpg
170420_紅葉台三湖台_026_s.jpg
170420_紅葉台三湖台_049_s.jpg
170418_鳴沢魔王天神社_10_s.jpg魔王天神社」の祭り
170418_鳴沢魔王天神社_12_s.jpg

170418_鳴沢魔王天神社_05_s.jpg

170418_鳴沢魔王天神社_16_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_034_s.jpg
樹海から足和田ハイキングコースへ
170420_紅葉台三湖台_036_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_049_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_058_s.jpg
紅葉台で
170420_紅葉台三湖台_063_s.jpg
西湖
170420_紅葉台三湖台_060_s.jpg

北岳(右の山)
170420_紅葉台三湖台_057_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_070_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_071_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_065_s.jpg
樹海
170420_紅葉台三湖台_075_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_078_s.jpg
三湖台で
170420_紅葉台三湖台_080_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_086_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_088_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_091_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_095_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_096_s.jpg

170420_紅葉台三湖台_102_s.jpg
ふきのとう
170421_河口湖周辺_007_s.jpg
河口湖周辺
170421_河口湖周辺_003_s.jpg

170421_河口湖周辺_008_s.jpg

170421_河口湖周辺_106_s.jpg

170421_河口湖周辺_009_s.jpg


170421_河口湖周辺_107_s.jpg


170421_中の茶屋_09_s.jpg

中の茶屋周辺
170421_中の茶屋_56_s.jpg

富士桜
170421_母の白滝_112_s.jpg
母の白滝
170421_母の白滝_129_s.jpg

170421_母の白滝_126_s.jpg

170421_母の白滝_125_s.jpg

母の白滝の上から
170421_母の白滝_137_s.jpg

母の白滝の展望台で

170421_母の白滝_141_s.jpg

170421_母の白滝_014_s.jpg

170421_母の白滝_027_s.jpg
浅間神社
170421_母の白滝_152_s.jpg

170421_母の白滝_164_s.jpg

170422_河口湖周辺_113_s.jpg
大石公園周辺
170422_河口湖周辺_118_s.jpg

170422_河口湖周辺_024_s.jpg

170422_河口湖周辺_035_s.jpg
フリチラリア
170422_河口湖周辺_151_s.jpg

170422_河口湖周辺_135_s.jpg

170422_河口湖周辺_138_s.jpg

170422_河口湖周辺_038_s.jpg

170422_河口湖周辺_043_s.jpg

170422_河口湖周辺_122_s.jpg
レストラン・イエスタデーで



posted by 森 すえ at 11:07| Comment(8) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

関東周辺の桜・千鳥ヶ淵公園

イラスト_0312.jpg
「千鳥ヶ淵」へ行こう〜!うららかな陽射しの下、桜は花を咲かせ、小動物は生き生きと動き出す。生きものすべてが夢を膨らませる4月。身も心もかるき、両手をひろげ、夢をまといながらいざ行かん!
千鳥ヶ淵は、皇居の北西側にあるお堀で、「千鳥」の形をしていることから千鳥ヶ淵と名がつく。土手に170本の桜が咲きほころぶ名所としてつとに有名で、毎年、多くの人で賑わう。地下鉄の半蔵門で下車し歩きだすと、まもなく見事な桜が目に焼き付くが、開花状態は5分咲き〜満開。うおぉ綺麗!まさに春たけなわ。鳥がさえずり、堀の水もきらきら光る千鳥ヶ淵、誠に磨き抜かれたお堀端である。

英国大使館前を通過し、皇居西側にある千鳥ヶ淵緑道へ。ソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本の桜が、歩く人の頭上に咲き、まるで桜の園にいるかのよう〜。うらうらと桜に夢を求めながら、さまよい歩いた散策道も国立近代美術館工芸館前でピリオッド。そこから北の丸公園へと向かう。皇居に隣接するこの公園は、旧近衛連隊の跡地を森林公園として造成された後、国民公園として一般に開放される。 面積は19ヘクタール。中央部に芝生地と池があり、 周辺にヤマモミジ、 ケヤキ、 コナラ、 クヌギなどの落葉樹、クスノキ、 タブノキなどの常緑樹がどっかとあるが、今、桜が咲き、足元に紫の花の群生が微笑む。なんと魅惑的な風景!

公園広場は花見客でいっぱい。太陽の下で、桜を眺める幸せのひと時を、なにも考えない、なにもしないっていいことだなぁ〜と、私の目も桜へとまっしぐら。ベンチにさわやかな風が吹き、華やかに着飾った桜がほほを撫でる。ああ、なんと甘い香りなんだろう。私はつぶやく。目をつぶると微笑みが見える光景に、孤独なんてどこにもないよ〜。さあ、花の次はお腹も満たそう〜とレストランで「欧風カレーライス」を。ういぃ〜実に美味しいね。 昨年もこのレストランで味覚を堪能したが、今年も同様、しばしの憩いのひと時にはぴったりのレストランである。

レストランを後にし、若者であふれる武道館前を通過。武道館は日本伝統の武道や、心身錬磨の大道場として設立されたが、大学の入学、卒業式やコンサートなど、多目的ホールとしても利用されている。ただいま、帝京大学の入学式が開催中。かなり以前のことだが、我が息子の大学入学式も武道館で行われていたので、通るたびに懐かしさがこみ上げる。大学の入学式は、人生を新しく見つめなおす始発点。新しい感動、情熱と希望を抱きながら、現在未来の自分の道を、自ら思考し、自ら望む道へと歩んでほしい・・・と願ったものだった。

田安門を後にし靖国神社へ。桜と人の微笑みで満開のなか、一本の桜の前にたどり着く。靖国神社には、約600本の桜の木があり、その中の一本は、東京管区気象台の指定した東京地方の桜(ソメイヨシノ)の標本木として、開花の判断の基準となっている。5〜6輪が咲いた状態が「開花」、8割以上咲くと「満開」。ただ今、標本木は満開!!ビバ桜!!

        春の色

     うららかな陽気のなか
     さくらは可憐に咲き誇る
     やさしい友の面影浮かべ
     桜並木を散策すれば
     心は紫色に覆われ
     ほてる顔につたう涙・・・
     ああ、それは別れの春の色 
     冬を引きずりながらも
     ピンク色の花で身を包めば・・・
     ああ、それはまばゆい春の色

170404_千鳥ヶ淵_001_s.jpg
170404_千鳥ヶ淵_011_s.jpg千鳥ヶ淵公園
170404_千鳥ヶ淵_019_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_017_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_008_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_023_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_015_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_032_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_005_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_033_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_216_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_028_s.jpg
英国大使館
170404_千鳥ヶ淵_020_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_022_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_077_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_242_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_042_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_043_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_269_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_273_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_274_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_279_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_241_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_055_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_060_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_288_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_066_s.jpg
靖国神社
170404_千鳥ヶ淵_073_s.jpg
東京地方の桜(ソメイヨシノ)の標本木
170404_千鳥ヶ淵_077_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_085_s.jpg
北の丸公園
170404_千鳥ヶ淵_092_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_323_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_324_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_244_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_257_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_325_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_330_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_332_s.jpg

170404_千鳥ヶ淵_316_s.jpg
武道館
170404_千鳥ヶ淵_317_s.jpg
欧風カレーライス

posted by 森 すえ at 14:06| Comment(12) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

関東周辺の桜・代々木公園

           

イラスト_0424.jpg
さあ、桜が満開!希望の象徴の花びらが全開!さあ、春の微笑みをもとめ代々木公園へ行こう・・・とはいかなく、その日はまだ蕾も多くもう一息って感じだが、春爛漫の雰囲気は満開である。そう、ピンク色の花びらがだんだん色濃くなり、陽に向かって微笑む光景はまさに春風景。薔薇色の下で、満開期の来るのを明日か、明日かと待っていた人々が談笑で花を咲かせている光景はまさに春の光景である。

NHK前で開催されている食フエステイバルでは世界の食べ物が披露されている。私はスペインのパエジャを宣伝するスペイン女性とスペイン語でしばし談笑。スペイン語で交流できるのはやはり楽しい。代々木公園をゆっくりと観て歩くと、桜の輝き、人々の輝き、緑の木々の輝き、それぞれの輝きが交差しながら大きくうねりながら輝いているのが目に留まる。

今日は日曜日。花見見物の人々でいっぱいの公園に、麗しい香りが流れ、弾んだ声がこだまする。若者や外国人が、澄んだ鳥のさえずりに耳を傾けながら、桜の周りで遊んでいる光景、桜を仰ぎながら、芝生でのんびり昼寝をしたり、お弁当を広げている光景、この楽しげな光景にはのびやかさがある、優しさがただよう。いいなぁ〜この憩える雰囲気!!

渋谷区にある代々木公園は、東京のど真ん中にあるにもかかわらず、静かで開放感あふれる緑の公園である。元は大日本帝国陸軍の代々木練兵場であった。第二次世界大戦での日本の敗戦後、昭和39年の東京オリンピックで代々木選手村として使用され、昭和42年、代々木公園として開園。敷地は540,529.00m2(およそ東京ドーム11個分)でかなり広大だが、昔の趣を失わずに今も輝いている。

公園には桜がいっぱい、オゾンがいっぱい。噴水の周りに、多くの人々が楽器や演劇、コントやダンス、野外ライブ、日光浴などを楽しんでいる。そう、それぞれの人々が自分の「時を」を持っているが、今、楽しみを謳歌するための時を燃焼させてるって感じ。いいなぁ〜、青春のこころが満ちてるって感じは。誰しも若かりし頃、こころの中に薔薇色の熱い情熱があった。あの頃のこころを、美しい桜を見つめながら、思い描きながら・・今、急に輝きだしているような・・・、若いこころって素敵だなぁ〜。

代々木公園の桜は満開ではなかったが、桜の樹の下は、若者のエネルギーで華やいでいた。私は幾人かの人々と会話を楽しみ、ご馳走にもなった。満開時であれば、桜を見上げながら、ただ美に陶酔をしていただけかもしれない。誰とも話さなかったかもしれない。それもまた良し。だが、親しくかわした一言二言に、半ば忘れかけていた喜びや新しい希望を感じられたことは、満開の桜を見つめる喜びと同じように思えた。
        
         春の音

      沈黙のなかに春の音
      雪解けの水が小川に注ぎ
      せせらぎが枯れ草を引き連れる
      透けて光る川底の石も
      かすかに立てだす春の音

      自然の音に耳を傾け
      公園で敏感に反応する春の音
      木々の葉ずれの先につぼみ
      沈黙を破る小鳥のさえずり
      今、桜便りに春の音が震えだす


170402_代々木公園_02_s.jpgNHK前広場での食フェスィバル
170402_代々木公園_05_s.jpg

170402_代々木公園_04_s.jpg

170402_代々木公園_12_s.jpg
スペイン・タナゴナ女性と
170402_代々木公園_13_s.jpg
スペイン料理・パエジャー
170402_代々木公園_19_s.jpg

170402_代々木公園_21_s.jpg

170402_代々木公園_23_s.jpg
代々木公園の渋谷門前の光景
170402_代々木公園_24_s.jpg

170402_代々木公園_29_s.jpg

170402_代々木公園_31_s.jpg

170402_代々木公園_27_s.jpg

170402_代々木公園_32_s.jpg

170402_代々木公園_33_s.jpg

170402_代々木公園_36_s.jpg

170402_代々木公園_38_s.jpg

170402_代々木公園_39_s.jpg

170402_代々木公園_53_s.jpg

170402_代々木公園_57_s.jpg

170402_代々木公園_59_s.jpg
素敵なご夫婦
170402_代々木公園_62_s.jpg

170402_代々木公園_63_s.jpg

170402_代々木公園_64_s.jpg
花壇で
170402_代々木公園_67_s.jpg

170402_代々木公園_80_s.jpg

170402_代々木公園_70_s.jpg

170402_代々木公園_71_s.jpg

170402_代々木公園_76_s.jpg

170402_代々木公園_81_s.jpg

170402_代々木公園_83_s.jpg

170402_代々木公園_88_s.jpg
手作りのサンドイッチをご馳走になる
170402_代々木公園_90_s.jpg

170402_代々木公園_93_s.jpg

170402_代々木公園_94_s.jpg

170402_代々木公園_95_s.jpg
ギターを弾くグループ
170402_代々木公園_98_s.jpg

170402_代々木公園_99_s.jpg

posted by 森 すえ at 09:58| Comment(8) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする