2017年03月26日

奈良〜京都への旅(その2)奈良・長谷寺

イラスト_0302.jpg
室生寺から一山超えたところに長谷寺があった。長谷寺は、道明上人が天武天皇のために「銅板法華説相図」を西の岡に安置したことに始まり、後、徳道上人が聖武天皇のため、十一面観音菩薩を東の岡にお祀りし、西国三十三か所観音霊場を開かれた。長谷寺はその根本道場と長谷信仰が広まり、西国三十三番第八番札所として知られ、四季を通じて「花の御寺」として有名。

駅に降り立つと下りの石段が待っていた。やれやれ、何段あるんだろう?なんて言いながら観音さまご縁みちへと向かった。門前通りには古都の雰囲気を醸す店が並んでいる。和菓子、梅干し、奈良・・・みな郷土の味。あっちこっちを見ながら長谷寺に到着。参拝入山の受付で「建物のどこかに猪目(いのめ)のハート型がありますから見つけてください」と言われ、、魔除けや招福の意味を持つ「幸せの猪目」カードを頂く。長谷寺の建築にもたくさん隠れているとか。見つけられるかな?。

仁王門から長谷寺名物の屋根のついた登廊(のぼりろう)へと。登廊は、平安時代に春日大社の社司が子の病気平癒に造ったもので、399段、上中下の三廊に分かれている。下と中は明治27年の再建で、風雅な長谷型灯籠がつるされている。階段を登りながら108の煩悩を落としてゆき、上り400段目、四(死)を越えたところで本尊の十一面観音様にお会いすると言われる。さあ、本堂へお参りをしょう。

 「人はいさ心もしらず故郷は花ぞ昔の香ににほひける」紀 貫之
 「我もけさ 清僧の部也 梅の花 」小林一茶
 「花の寺 末寺一念 三千寺 」 高浜虚子
と詠まれたごとく長谷寺は花の寺として信仰もあついが、早春の今、登廊の脇に梅や牡丹が咲いている。牡丹は1000年以上も昔、唐の皇帝夫人が観音さまの霊験をいただいた御礼にと長谷寺に宝物に添え、苗木を寄進したことに端を発しているが、藁をかぶった牡丹はやはり美しく、福寿草とともに柔らかな雰囲気を醸しだしていた。

399段の登廊を終え400段を踏み本堂へお詣り。本堂は断崖絶壁に舞台造りされた南面の大殿堂。厳かな雰囲気の内陣に佇む。12b以上あり、木彫りでは日本で一番大きな十一面観音菩薩さまを拝顔したあと、舞台へとまわり今一度、本堂を見つめる。霊験あらたかな観音さまのお陰で、私自身の本然の姿をみつめながら、これからも揺れる運命を大きく乗り越えられそうな・・・と私は思った。

本堂から大黒堂へ。そして開山堂、弘法大師御影堂、本長谷寺、五重塔へと回る。五重塔は昭和29年に初めて建てられた「昭和名答」と言われ、純和風様式の整った形の塔。起伏に富んだ境内の奥地にある奥の院へと回り、本坊から正門前へと戻る。その後、食事処を探しながら長谷路を歩いた。やや、この蕎麦処がいい!!

その店は古家の奥にあり、昔のままの部屋造りだった。部屋の一角にテーブルが置かれ、周りに絵画や、陶器などが無造作に展示されている。この家は国の有形文化財に登録されており、昭和初期の状態で保存されており、土蔵が「版画土蔵館」となっていた。私たちはニシン蕎麦を美味しくいただいた後、版画土蔵館を見学する。谷中安規・棟方志功・大野隆司、宮ア 敬介の版画が展示されていた。

ご主人の話によると、谷中安規は、明治30年、奈良県桜井に生まれ、少年時代をこの地で過ごした。18才で僧侶修行後、26才から版画画家を志すようになり、堀口大学、与謝野晶子、佐藤春夫、内田百聞、棟方志功などと交流を深め、本格的な版画家を目指すも、昭和21年、東京にて栄養失調のため病死しその生涯を終える。写真を眺めると太宰治に似てると思えた。故郷の大気の中で輝き、静かな情熱を燃やした郷土の芸術家に魅力を感じた。版画土蔵館での写真は禁止だが、ご主人のご厚意でシャッターも自由自在。ラッキーと薄暗い土蔵で気分は明るかった。

長谷寺で沈黙をしながらも楽しい参拝に大いに満足したが、さらに版画土蔵館での芸術に触れたひと時で、深い感動を秘めた忘れがたい思い出となった。再び石段を登り長谷寺駅へと向かう。起伏に富んだ土地ゆえ坂道が多かった。この石段をどれだけ登ったら、目指す頂きにつくのだろう〜と一歩一歩。まあ、これもありがたいことと、長谷とお別れをした。再び電車に乗り京都へと向かった。明日は、伏見稲荷神社参りをしょうと、どきどき、わくわくしながら・・・・。

               どきどき、わくわく

     ほら、聞こえるかしら?
     大和路でのわたしの鼓動
     どきどき わくわく
     そよ風に混じって震える鼓動
     らら、つぶやきの反響かしら?

     どきどき わくわく
     ほら、車中に素敵な笑顔の面々
     私に手を振るおばあちゃん
     どきどき わくわく
     らら、私の喜びがわかるのかな?
          
     どきどき わくわく
     青空に舞った謎の鳥
     らら、お寺に咲く花々も
     どきどき、わきわく
     つぶやきが反響する古都の春
      

イラスト_0718_s.jpg幸せの猪目(いのめ)
170304_奈良長谷寺_024_s.jpg
門前徹りの古民家
170304_奈良長谷寺_029_s.jpg

170304_奈良長谷寺_034_s.jpg
店先の飾り付け
170304_奈良長谷寺_035_s.jpg

170304_奈良長谷寺_116_s.jpg

170304_奈良長谷寺_039_s.jpg
長谷寺の正面
170304_奈良長谷寺_041_s.jpg
普門院不動
170304_奈良長谷寺_043_s.jpg
登廊(のぼりろう)
170304_奈良長谷寺_045_s.jpg

170304_奈良長谷寺_046_s.jpg
月輪院
170304_奈良長谷寺_050_s.jpg
幸せの猪目が・・・
170304_奈良長谷寺_061_s.jpg
牡丹の花

170304_奈良長谷寺_058_s.jpg

170304_奈良長谷寺_056_s.jpg

福寿草
170304_奈良長谷寺_062_s.jpg

170304_奈良長谷寺_064_s.jpg

170304_奈良長谷寺_074_s.jpg
幸せの猪目
170304_奈良長谷寺_067_s.jpg


170304_奈良長谷寺_079_s.jpg

170304_奈良長谷寺_078_s.jpg
本堂
170304_奈良長谷寺_084_s.jpg

170304_奈良長谷寺_083_s.jpg

170304_奈良長谷寺_085_s.jpg
本堂の舞台からの眺め
170304_奈良長谷寺_086_s.jpg
開山堂
170304_奈良長谷寺_093_s.jpg
本長谷寺
170304_奈良長谷寺_098_s.jpg
五重塔
170304_奈良長谷寺_099_s.jpg
奥の院への路
170304_奈良長谷寺_100_s.jpg
奥の院から本堂を眺める
170304_奈良長谷寺_108_s.jpg

170304_奈良長谷寺_110_s.jpg


170304_奈良長谷寺_111_s.jpg

法起院
170304_奈良長谷寺_113_s.jpg

170304_奈良長谷寺_115_s.jpg

170304_奈良長谷寺_030_s.jpg
蕎麦処・国の有形文化財に登録されている古民家
170304_奈良長谷寺_121_s.jpg
家の庭
170304_奈良長谷寺_123_s.jpg

170304_奈良長谷寺_177_s.jpg
版画土蔵館
170304_奈良長谷寺_130_s.jpg
谷中安規の版画

170304_奈良長谷寺_151_s.jpg
棟方志功の版画
170304_奈良長谷寺_173_s.jpg
大野隆の版画
170304_奈良長谷寺_170_s.jpg

170304_奈良長谷寺_174_s.jpg

170304_奈良長谷寺_140_s.jpg
宮ア 敬介の版画
170304_奈良長谷寺_109_s.jpg


posted by 森 すえ at 08:50| Comment(11) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

奈良〜京都への旅(その1)奈良・室生寺

イラスト_0588.jpg
 2月末、アメリカに住んでいる娘が日本へ半月あまり帰国することになった。自動車免許証更新のためであるが、私にとっては娘と一緒におれるのはとても嬉しい。娘はどこかに行きたいところはない?と聞いたので、私は「奈良の室生寺」に行きたいなあ〜と答えた。

 室生寺は、昔から神々の座ます聖地と仰がれてきた奥深い山と渓谷に囲まれた地に、奈良時代末期、桓武天皇の御病気平癒の祈願のために創設された。仏教界の指導僧の修円が建立の実務者だったことから、以来室生寺は、山林修業の寺院として、独自の仏教文化をを継承した。又、渓流は竜神の信仰を生み、雨乞いの祈願も度々行われてきた。

 何よりも「女人高野」として名高いこの寺は高野山と同じ真言宗に属しているが、古くから女人の入山を許してきた。境内には本堂、金堂、五重塔、多くの伽藍・釈迦如来像、十一面観音など国宝重文が残っている。

 3月3日、晴天。新幹線で京都へ向かう車中から雄々しき富士山を仰ぎ、二人旅の無事を祈る。さあ、奈良へ行こう〜、懐かしい奈良の地を踏むのは何年ぶりかな?と故郷への郷愁を募らせる。娘は奈良の大学に6年間在していたので、私は時おり奈良を訪ねては古都の雰囲気に浸っていた。おお、懐かしや!

 京都駅で近鉄京都線に乗り換え「室生寺大野」で下車。タクシーで室生寺の橋のたもとにある旅館「橋本屋」へと向かった。純和風の宿は川沿いにあり、私たちの部屋から室生川のせせらぎが聞こえ、風景は絵のごとく美しかった。一服後、心弾ませながら室生寺へ。

 室生寺の魅力は、自然と調和して四季折々に移ろう伽藍のたたずまいの美しさ。間もなくシャクナゲの花の季節。多くの人々が麗しく風景に魅せられるだろうが、早春の今は梅のほころび、新緑が水の流れを優しく包んでいる。人気もまばらな境内を歩きながら、まあ、ゆっくりと回れるからこれも素敵ね、と本堂、弥勒堂、五重塔そして奥の院へと向かう。

 奥の院への石段は720段。ゆっくりと長い石段を心のリフレッシュをしながらリズミカルに登る途中、「ご一腹を」と水飲み場がある。優しい心配りが嬉しい。うぃぃ〜と清らかな自然水をグイッ。古来、心のリセットには「滝打ちの行」や「禅」などが行われているが、石段登りはさらに高い効果があるよう。神社や寺院を高い山の上に建てられたのは、参拝者の心の浄化を考えた先人のすばらしい知恵なのかもしれない。

 奥の院でお詣り。ああ、室生寺に来て本当に良かった!と気分も清々しい。さあ、720段を下りよう〜。「通りゃんせ 通りゃんせ、行きは よいよい 帰りはこわい、迷うわたしを 招くよに、灯り揺れます ゆらゆらと・・・」五木寛之さんの「女人高野」の歌詩を口ずさみながら心軽やかに下山。そして今一度弥勒堂へと。弥勒菩薩を拝顔しながら、若い修行僧と一言二言の楽しいひと時を。私は「弥勒菩薩さまって魅力的ですね。とても惹かれます。」と話しかけると、僧も「そうですね。私もこの寺で初めてこのような弥勒菩薩にお目にかかりました。」と穏やかに言われた。

 仁王門前でお守りを手にニッコリ。御朱印帳は持参しない私だが、夢を感じるお守りはよく求める。室生寺でのお守りは「水晶」。説明によると「潜在力、想像力、洞察力を高め、魔よけや浄化作用をもつと伝えられています」と書かれていた。いいなぁ〜、いいなぁ〜!

 室生寺から2キロ先にある「室生龍穴神社」へ。耳を澄ませば、滝から続く清流の瀬音と、しみいるような苔の色を眺めながらさらに奥まった山間へとむかう。龍穴神社は、桓武天皇が病に伏せた際、平癒祈願のため室生の龍穴で祈祷が行われたといわれ、歴史は室生寺より古い。夕暮れ時、龍穴神社から宿へ戻ると、室生寺の鐘が響きだした・・・。

 朝の6時、鐘の音が再びなり出した。深い木々の奥から聞こえる梵鐘の音色に、悠久の奈良時代に思いを馳せながらしばし聞き入る。ボ〜ン、カンカン。ボ〜ン、カンカンカン〜〜。ボ〜ン、カンカン。ボ〜ン。ボ〜ン。ボ〜ン。鐘の音はあらゆる物の重みより重いと思った。命のなかに染み入る鐘の音に聞こえた。朝食後、宿のご亭主の車で室生寺大野駅へ向い、隣駅にある長谷寺へと旅は続いた。

                                   夢の花
     
                     透き通った渓流と太陽がゆっくりと
                     雪が舞う山奥へと流れゆく・・・
                     私は思わず走り出し
                     何か言いたくてたまらない
                     あ、生命である夢のほとけさま
                     早くその姿をみせておくれ 
                     私は急いで花束を編み
                     その束をゆるめたり
                     堅く束ねたりしながら
                     ほとけさまへとさしだした
                     おお、いつまでもわが胸に
                     やがて、花束は 
                     赤い輝きを放ちながら
                     太陽の光とともに雲上へと
                     さようなら、私の夢の花・・・ 

170303_奈良室生寺_002_s.jpg
170303_奈良室生寺_003_s.jpg
170303_奈良室生寺_008_s.jpg室生寺大野岩に彫られた観音様
170303_奈良室生寺_027_s.jpg橋本屋
170303_奈良室生寺_014_s.jpg

170303_奈良室生寺_025_s.jpg
私たちの部屋
170303_奈良室生寺_024_s.jpg

170303_奈良室生寺_022_s.jpg

170304_奈良長谷寺_006_s.jpg
部屋からの室生寺を眺める
170303_奈良室生寺_013_s.jpg
室生寺への橋
170303_奈良室生寺_030_s.jpg
室生寺の正門
170303_奈良室生寺_034_s.jpg
三宝杉
170303_奈良室生寺_038_s.jpg
仁王門
170303_奈良室生寺_042_s.jpg

170303_奈良室生寺_044_s.jpg

170303_奈良室生寺_045_s.jpg

本堂
170303_奈良室生寺_055_s.jpg

170303_奈良室生寺_047_s.jpg

弥勒堂

170303_奈良室生寺_049_s.jpg

金堂
170303_奈良室生寺_051_s.jpg

170303_奈良室生寺_053_s.jpg

170303_奈良室生寺_056_s.jpg

五重の塔

170303_奈良室生寺_061_s.jpg


170303_奈良室生寺_062_s.jpg奥の院へと
170303_奈良室生寺_064_s.jpg

170303_奈良室生寺_065_s.jpg

170303_奈良室生寺_068_s.jpg
途中、一休み
170303_奈良室生寺_072_s.jpg
奥の院の舞台
170303_奈良室生寺_076_s.jpg
御影院
170303_奈良室生寺_086_s.jpg

170303_奈良室生寺_087_s.jpg

170303_奈良室生寺_081_s.jpg

170303_奈良室生寺_078_s.jpg

170303_奈良室生寺_083_s.jpg

170303_奈良室生寺_088_s.jpg
下り石段
170303_奈良室生寺_096_s.jpg

170303_奈良室生寺_103_s.jpg
本堂
170303_奈良室生寺_105_s.jpg

170303_奈良室生寺_106_s.jpg

170303_奈良室生寺_111_s.jpg
神の水
170303_奈良室生寺_112_s.jpg
バージ池
170303_奈良室生寺_123_s.jpg
室生川
170303_奈良室生寺_124_s.jpg

170303_奈良室生寺_125_s.jpg

170303_奈良室生寺_130_s.jpg

170303_奈良室生寺_132_s.jpg

170303_奈良室生寺_136_s.jpg
古都の夕食
170303_奈良室生寺_137_s.jpg

170304_奈良長谷寺_002_s.jpg
古都の朝食
posted by 森 すえ at 07:42| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

関東周辺をぐるりと散策(その4)代々木公園の桜


イラスト_0540.jpg
 日常、私の散策コースは、代々木公園を横切りながら明治神宮へと向かうことが多い。昨日もそうだったが、公園の遠景に鮮やかな色あいの光景が眼に映った。あれ、あのピンク色は梅の花?いや、もしかしたら桜かもしれないと胸が騒いだ。それっ!と木々の隙間からもれる香りを感じながら奥地へ足を運んだ。大空の光のはてに桜の花は咲いていた。すでに満開期をすぎ葉桜となりつつあったが華麗に咲いていた。うぉぉ、なんと美しいこと!数本の河津桜の一角だけが紅く輝いている。しばしうっとりとしたが、すぐにカメラなしの今が悔やまれた。

 翌日、強風が吹いていた。昨日見た桜の花も、おそらくはこの雨と風で散ってしまうだろう。残念。と消えゆく面影を払拭できなかったが仕方がなかった。用事を済ませた午後、強風はまだ揺れていたが、心の空間に鮮やかな桜が蘇ってきた。そうだ、今一度、代々木公園に行ってみょう〜。

 多くの人々の周りを、桜の麗しい香りが流れていた。満開期の過ぎ去るのを待っていたかのように新芽が輝いていた。桜はたぶん、美しい花びらを放ちながら、葉に時の到来を知らせるのだろう〜が、とにかく今、桜は満開。まぶしい樹であった。花びらが柔らかく重なりあい、可憐なピンクの色合いはピュアな風情をかもしだし、伸びやかな枝先までも花は惜しみなく垂れ下がり、 ふんわり真綿のような花びらは、しなやかな枝に、淡く浮き立っていた。

 代々木公園の桜は主に3月下旬ころから開花するソメイヨシノで、今、開花中の桜は河津桜であった。公園には木々がいっぱい、オゾンがいっぱい。中央付近には噴水広場があり、それぞれの人々がこの公園で自分の「時」を持っている。見れば、青春のこころが満ちてるって感じでいつも嬉しくなる。私はやさしさの流れの中に溶かされながら感動を胸に秘めながら早桜にお別れをした。
          さくら
         別れと出会いが交差する春
         泣き笑う人の思い出を
      さくらの花びらは
         甘美の魔力で永遠に包み込む

         舞い落ちるさくらの花びら
         美が街路に映すとき
         春の装いを短命に濃縮させ
         ときめきの真髄をあらわにする

         すべてを吹き落す潔さ
         感動を与える柔と剛の気質は
         生を鮮烈に燃えつかせ
         耀き方を知る眩しい木となる
         ああ、さくらの微笑、春の微笑・・・
.
170224_代々木公園桜_04_s.jpg
170224_代々木公園桜_07_s.jpg

170224_代々木公園桜_09_s.jpg

170224_代々木公園桜_10_s.jpg

170224_代々木公園桜_13_s.jpg

170224_代々木公園桜_14_s.jpg

170224_代々木公園桜_16_s.jpg

170224_代々木公園桜_17_s.jpg

170224_代々木公園桜_25_s.jpg
メジロ
170224_代々木公園桜_27_s.jpg

170224_代々木公園桜_39_s.jpg

170224_代々木公園桜_46_s.jpg

170224_代々木公園桜_51_s.jpg

170224_代々木公園桜_65_s.jpg

170224_代々木公園桜_68_s.jpg

170224_代々木公園桜_69_s.jpg

170224_代々木公園桜_53_s.jpg

170224_代々木公園桜_58_s.jpg

170224_代々木公園桜_61_s.jpg

posted by 森 すえ at 09:31| Comment(12) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

関東周辺をぐるりと散策(その3)上野・寛永寺〜動物園

イラスト_0468.jpg
 外地に滞在中の友人が一時帰国したので、武蔵野市にある井之頭(いのがしら)公園で会うことに。早朝、待ち合わせ場所のボート乗り場へと向かったが、途中、あれれ、と惹かれる光景に出合う。「鉄棒おじさん」のスゴ業である。68歳の鉄棒おじさんは、ちょっと変わった方法で鉄棒をするのでNHKでも放映された。私はくるくると体を自由自在に回す姿に魅せられ、「すごい!と拍手した。おじさんいわく「3年前、子どもの時に好きだった鉄棒を始めてみたが、なかなかカンはとり戻せなく、逆上がりに1年かかった。が、毎日練習している内に難しい技がどんどん出来るようになっちゃって・・・。」と満面の笑みを浮かべ余裕たっぷり。はい、人間、いくつになっても諦めないほうが良いようですね〜。

 9時30分、友人と落ち合い、先ず、自然文化園にある水生物園を散策することに。水鳥やその卵などを見ながら、へぇ〜、カリガネの卵って結構大きいねと、あれこれわいわいと観察したあと、陸橋をわたり動物園にも行ったが、早朝ってこともあり動物はあまり見かけない。うろうろ歩くうちに、友人は「像のはな子」の獣舎を見たいと言った。

 69歳で亡くなったアジア象のはな子は、1947年、タイ王国で生まれ、日本にやって来るまでバンコクの農園で暮らしていた。その後、「戦争で傷ついた子どもたちの心をいやそう」と、第二次大戦後、初めて日本にやって来た。最初は東京・上野動物園で飼育され、昭和29年からは武蔵野市の「井の頭自然文化園」に移された。祖国を離れ、慣れない環境のもと、いろいろ事故を起こし飼育員を困らせたはな子だったが、戦後の日本を元気づけ、多くの人に親しまれた像であった。2016年5月26日、死亡。もし願いがかなうならもう少し生きていてほしかった。と友人は言った。
 
 数日後、上野公園へ行った。寛永寺(かんえいじ)へお参りする前に丘の上にある「上野大仏」へ。丘への階段を登ると、正面に大きなパゴダ(仏塔)があり、左側に大仏さまの顔面部がどどーんと迫ってきた。壁に埋め込まれレリーフは、通常の大仏のイメージとは全く違いインパクト大。もとは高さ約6メートルの釈迦如来坐像だったが、度重なる罹災により損壊し、現在では顔面部のみがレリーフとして保存されている。上野大仏さまが造営されたのは1631年で高さは約6mだった。奈良東大寺の大仏さまの高さは約18m、鎌倉大仏さまは11mだからそれらと比べるととても大きいとは言えないが、当時この地に高さ6mもの大仏様が鎮座されていた様子は圧巻に値した。

 最初、大仏さまは粘土で造られたが、その後青銅製の釈迦如来坐像になり、大仏殿も建造された。が、その後、火災や地震に遭い何度も修復されたが、1923年、関東大震災で頭部が取れて落ちてしまう。そのうえ、第二次世界大戦のさなか、金属供出令により胴体と顔面以外の頭部が日本軍に供給するなど、上野大仏さまの運命は数奇だった。今や、元の姿を見ることが出来なくなった上野大仏さまだが、1967年、大仏殿の跡地に薬師三尊像を本尊としたバコタ(仏塔)が建立され、1972年、寛永寺で保管されていた顔面部をレリーフとして安置された。

 上野大仏さまに降りかかった幾多の災難から”これ以上は落ちない”として合格祈願のスポットとして合格祈願にやってくる人が急増。大仏さまのお顔に触れると更にパワーがいただけるとかで、管理している寛永寺の方も「是非お顔に触ってください」と言われた。私はお顔を触りながら「ん」のお守り袋も買った。「ん(運)」は運ぶと読むが、では何を運ぶのか?それはあなたの「行い」。過去の行いが今に運ばれ、今の行いが将来に運ばれる。よく運がよい、運が悪いと言うが、それは過去の行いが、今に運ばれてきただけ。もし、あなたが、これからの運気を上げたければ、それなりの「行い」をすることです。・・・と説明に書かれていた。

 その後、恋愛や縁結びにご利益があると言われる花園稲荷神社をお参り。赤い鳥居が連なりとても綺麗な境内に、はや、カンザクラが咲いていた。ああ、春の香り!と華やかな気分に浸りながら、「東叡山寛永寺弁天堂」へと回った。
 弁天堂は、寛永寺の伽藍の一つ。弁天堂に祀られている弁財天は、谷中七福神の弁財天で、上野王子駒込辺三十三ヶ所観音霊場30番札所。平日だったが多くの人々が参拝していた。友人と私は、チリーの方たちとしばし談笑。何せ、スペイン語での会話だから、彼らもリラックスしているようだった。次に「上野寛永寺別院清水堂」へお参り。石段を上り清水堂の舞台に上がると,月の輪から不忍池に浮かぶ弁天堂が見えた。広重は「江戸名所百景 上野山内月の松」として描いているが、月の輪から見る眺めは誠に風情があった。

 旧寛永寺五重塔は、寛永8年(1631年)に江戸幕府の重臣土井利勝が、東照宮造営にあたり寄進した塔である。その後、寛永16年(1639)に焼失したが、昭和33年(1958年)再建された。五層全体が和様式で、九輪までの高さは約36m。重要文化財に指定されている。当初、上野東照宮の中に建てられていたが、後に寛永寺の管轄となり現在は上野動物園の中に建っている。先だって東照宮の冬牡丹を鑑賞したおり、柵越しに見る事は出来たが、今回は動物園内からパチリと逆光ながら撮ってみた。まじかに眺めると、なるほど、非常にバランスのとれた美しい塔だと思った。
 
 ジャイアントパンダと像さんに朝のご挨拶をして回る。おはようリーリー、しんしん。晴天の下、笹をぱくつくパンダをパチリ。そして次に像さんにも乾杯した。どちらも元気よく動き回っていたので嬉しかった。上野公園では大道芸人がいろいろと技を披露している。私たちはマケドニアのチェロ奏者ペレの演奏にうっとり耳を傾けた。そして音楽の後は美術だと、国立西洋美術館でデンマークの近代美術の絵画の数々を鑑賞したのだった。

 その後、欲を持って国立科学博物館で「ラスコー展」も見よう〜と足を延ばした。クロマニョン人が残した洞窟壁画が、2万年の時を超え今、東京に出現している。今、私は洞窟壁画の最高傑作をまじかで体験している。素晴らしい壁画だけでなく、ヨーロッパ芸術の始まりや、クロマニョン人の正体を解き明かすことができた。色彩の豊かさ、技法、600頭も描かれた動物の数の多さに驚いたが、壁画の正確さと物語性に惹かれた。まさに石器時代のラスコー洞窟の芸術は驚異的な素晴らしさだった。
 
 数日後、世田谷美術館で「花森安治の仕事」展へ行った。朝ドラの「トトねーちゃん」に登場していた編集長、そう、取材、執筆、政策、宣伝まですべてを手掛けた花盛安治が「暮らしの手帖」で庶民に向けて発信したメッセージの展示だった。デザインする手、眼、日本の暮らしをかえた希代のマルチ・アーィストの素晴らしさに、改めて心と耳を傾けたのだった。
 美術館へ向かう道すがら福寿草が咲いていた。この冬から春にかけて芸術に触れる機会が多くあったことに、「幸福、祝福」の花言葉をもつ福寿草に出会ったことに感謝した。
            A・B・C・D・E

            シンシンシ〜ン
            雪が舞う夜思います
            今日の太陽の恵みは(E)だった
            月の光は(D)で
            あなたの光りは(C)
            だから宵の詩は(B)となる
            ピカピカピ〜ン
            晴天の朝思います
            今日の太陽の光は(A)だろう
            星の輝きも(A)で
            あなたの愛は(C)
            だから今宵の詩は(B)となる
            ボソボソボ〜ン
            携帯メールに乾いた言葉
            そんな夕べに思います
            今日の太陽の恵みは(A)だった
            星も月も(A)ですね
            あなたへの期待は(E)
            だから今宵の詩は(A)となる
            ブルブルブ〜ン
            冷えた二月に思います
            太陽も月も星も澄んで潤い(A)
            あなたに(A)の約束は・・・
            だから詩は(A)で春をよぶ

170202_井之頭公園_19_s.jpg井の頭公園
170202_井之頭公園_02_s.jpg
鉄棒おじさん
170202_井之頭公園_18_s.jpg
自然文化園にある水生物園
170202_井之頭公園_27_s.jpg
カリガネ
170202_井之頭公園_28_s.jpg

カリガネの卵
170202_井之頭公園_37_s.jpg

170202_井之頭公園_35_s.jpg
井の頭公園で
170214_上野公園_004_s.jpg

170214_上野公園_017_s.jpg
上野大仏

170214_上野公園_032_s.jpg

花園稲荷神社
170214_上野公園_064_s.jpg

東叡山寛永寺弁天堂にて
170214_上野公園_066_s.jpg
上野寛永寺別上院清水堂

170214_上野公園_068_s.jpg

清水堂の月の輪
170214_上野公園_070_s.jpg
清水堂舞台の月の輪からの眺め
170214_上野公園_097_s.jpg
マケドニアのチェロ奏者ペレの演奏
170214_上野公園_155_s.jpg
上野動物園
170214_上野公園_113_s.jpg
旧寛永寺五重塔
170214_上野公園_118_s.jpg
ジャイアントパンダ・しんしん
170214_上野公園_132_s.jpg
パンダ・りーりー
170214_上野公園_136_s.jpg

170214_上野公園_143_s.jpg

170214_上野公園_163_s.jpg
国立西洋美術館
170214_上野公園_165_s.jpg

170214_上野公園_173_s.jpg
マールテン・ド・ホォスの最後の晩餐(常設展より)
170214_上野公園_191_s.jpg
ピカソ
170219_上野公園_196_s.jpg
国立科学博物館・ラスコーの洞窟壁画(ラスコー展より)
170219_上野公園_199_s.jpg

170219_上野公園_200_s.jpg

170219_上野公園_197_s.jpg

170216_世田谷美術館_69_s.jpg
世田谷美術館
170216_世田谷美術館_80_s.jpg
世田谷美樹間・花盛安治の仕事展より
170216_世田谷美術館_02_s.jpg
世田谷美術館への散策路にて
170216_世田谷美術館_20_s.jpg

posted by 森 すえ at 15:38| Comment(8) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

関東周辺をぐるりと散策(その2)吾妻山公園の菜の花

イラスト_0378.jpg
 2月4日、立春。暦の上で春が始まる日となるが、1月下旬から無性に春の陽が恋しかったので、穏やかな春日和に小躍りする。こんな日には春の花を見たいと空を見やり一思案。うぃぃ〜と真っ先に連想するのはやはり菜の花。黄色の花はまさしく春色と眩しい光景が瞼にクローズアップし、神奈川県二宮町にある吾妻山(あずまやま)の菜の花が頭に浮かぶ。さあ、今年も見に行こう〜と、東海道線下り電車で「二宮駅」へと・・。

 今回は、「富士山も見たい!」と期待を込めてGO−。9時15分、二宮駅到着。そこから坂道を少し上り、出店で買った昼食の「おとちゃんバーグ」なる二宮ブランドを手に持ちニッコリ。二宮は、海と山の美しい自然に恵まれた気候温暖な町で、歴史や文化、恵まれた自然なども豊富なことから、地元の人たちにより地域資源の活用に一工夫し、そこで生み出されたのが「おとちゃんバーグ」。一つ400円だが、この地でとれた新鮮な魚や野菜が豊富に入っていておいしそう。テレビでも紹介されたとあってなかなか人気があるらしい。

 吾妻山公園の頂上へのスタートは石段から。今日は快晴なので富士山がバッチリ見えるらしい。それでは急いで上ろうとチラリ案内板を見れば、「あせらず、あおらず、ゆずりあい」と書いてある。いや、はや、あせらずボツボツ上っていたら、富士山が雲隠れしそう〜と、足を踏ん張ってトントン上る途中、階段を下ってきた人と言葉を交わす。「頂上から富士山がよく見えますよ、ラッキ!ですね」と、嬉しい声援をいただく。  吾妻山の標高は136,2m。頂へ通じる最初の石段は300段。上りながら、ふと気づく。以前より石段の横幅が広くなっているようだし、麓からの頂上へ向かう山道も増えている。又、途中の出店も何軒かあり、何かと観光客や登山者を念頭に公園の整備も行き届いている。

 傾斜地に群生するスイセンが美しい。ふと振り返ると、相模湾が朝の陽光を浴びまぶしく光っている。ヤッホー、石段を上りきったよ〜と胸をなでおろすが、頂はもう少し先と、なだらかな坂道をひたすら歩き、浅間神社の鳥居前で一休憩。そこで写真をパチリ。さあ、もうひと踏ん張りしょう〜と、富士山、菜の花と呟きながら山頂へと急いだ。
 10時前、明るい陽光が射す芝生広場にでる。やれやれ・・と展望台へ向かうと、うぉぉ〜頂のうえに富士山が現れて・・・富士山がばっちり見えるではないか!こんなの信じていいのって目を疑うほどの美しさに歓呼する。いいなぁ〜。近景の菜の花、遠景の金時山、矢倉岳、富士山が見える光景はまさに絶景なり。

 相模湾を眺めると大島、伊豆半島がうっすら見える光景も美しいが、4万5千株の菜の花の光景もまたしかり。満足、大満足と嬉しくなる。多くの人たちも穏やかな笑みをたたえ、昼寝をするネコも細目ながら満足げ。菜の花と富士山を入れるのがフォトポイントらしく、三脚を構えたカメラマンが立ち並び、その背後に私も立つ。はい、パチリ!! 丘に咲くスイセン、春の草花がひっそりと崖下で咲き、まゆみの木の実をつつくメジロ。見上げれば射す陽光が暖かく、空も大地も微笑みながら生きている。この吾妻山は、二宮の美しい海浜や町並みを一望できる山であり、人々の故郷である。町は子孫に誇れる山として残そうと、地元の人たちと一体となって自然を守り、温かみのある公園として現在につながれている。

 頂上で知り合った人たちと談笑すると、千葉、横浜、日暮里など遠方から吾妻山へとやってきていた。みんな菜の花、富士山を見たさ故だが、晴天の下、富士山が見えること、菜の花が綺麗なことで嬉しそうだった。バーガーとおにぎりをほおばる私は叫ぶ。「ああ、耀けよ、耀けよ菜の花、みんなの傍らで!!」立春の純粋なきらめきがより浮き立つ光景に私も大満足したのだった。
 さあ、吾妻山公園を後にしょうと坂道を下り出す。帰り道は階段コースではなく、遠回りをしながら二宮の街並みを見ながら駅へと向かった。山間に蝋梅、白梅、水仙、椿が穏やかに咲いていた。途中、手作りクッキー、サトイモ、サツマイモ、ゆず、お茶などを買いながら、駅近くで「絵手紙展」を拝見した。どの絵も豊かな感性で描かれており素晴らしかった。

 作品の一つに、長い和紙に「らかんさん」の絵と添えられた言葉も印象的であった。「逆順入山とは、だんだん年をとって老いていくのは順である。順に逆らうと仙という普通の人間以上のレベルになる。」と書かれていた。羅漢さまの絵とともに深い感動を秘めながらしばし沈黙。描かれた方の話によると「長生きをすれば、だんだんものの考え方が仙人に近づいていく。人の心の迷い、悩み、苦しみなどをひきおこす煩悩も、長らく修行して拭い去り、知恵の備わった人間として、価値ある人生を生きぬきながら、やがて仙人になる。」ということのようであった・・・。

 立春は穏やかな春日和であった。丘にゆるやかに伸びていた菜の花が、陽射しのなかで、今、まぶしい時を迎えていた。山をぐるりと回りながら下る風景の中に紅梅、白梅が、そして眼に見えない風景の中に冠雪の富士山が鎮座していた。吾妻山でたくさんの人と出会ったこと、菜の花とともに談笑にも花が咲いたことに、ああ、楽しかったと心底からそう思える早春であった。
         花の絵手紙
 
       やわらかな花びら1枚2枚・・
       あなたが描く菜の花が
       がラスの花瓶にさされ
       小さな影が重なっています

       花びらに魂があるような
       香りが放たれているような
       春の絵から叫びが聞こえます

       精一杯に頑張る姿勢を線上に
       明日へつながりを祈りに込め
       絵手紙を振り向く私に
       いい出会いがありますようにと
       あなたの絵は優しく語りかけます

170204_二宮菜の花_001_s.jpg
170204_二宮菜の花_010_s.jpg相模湾の海
170204_二宮菜の花_017_s.jpg

170204_二宮菜の花_116_s.jpg

170204_二宮菜の花_018_s.jpg

170204_二宮菜の花_021_s.jpg
浅間神社の鳥居
170204_二宮菜の花_029_s.jpg

170204_二宮菜の花_030_s.jpg

170204_二宮菜の花_031_s.jpg

170204_二宮菜の花_032_s.jpg

170204_二宮菜の花_037_s.jpg

170204_二宮菜の花_041_s.jpg

170204_二宮菜の花_052_s.jpg

170204_二宮菜の花_044_s.jpg

170204_二宮菜の花_055_s.jpg

170204_二宮菜の花_058_s.jpg

170204_二宮菜の花_069_s.jpg

170204_二宮菜の花_073_s.jpg

170204_二宮菜の花_078_s.jpg

170204_二宮菜の花_080_s.jpg

170204_二宮菜の花_082_s.jpg
おとちゃんバーグをパクリ
170204_二宮菜の花_083_s.jpg

170204_二宮菜の花_081_s.jpg

170204_二宮菜の花_084_s.jpg

170204_二宮菜の花_088_s.jpg

170204_二宮菜の花_089_s.jpg

170204_二宮菜の花_091_s.jpg

170204_二宮菜の花_094_s.jpg

170204_二宮菜の花_102_s.jpg

170204_二宮菜の花_104_s.jpg
吾妻山の由来が書かれたプレート
170204_二宮菜の花_105_s.jpg

170204_二宮菜の花_111_s.jpg

170204_二宮菜の花_113_s.jpg

170204_二宮菜の花_117_s.jpg

170204_二宮菜の花_118_s.jpg

170204_二宮菜の花_122_s.jpg

170204_二宮菜の花_128_s.jpg
170204_二宮菜の花_125_s.jpg
170204_二宮菜の花_131_s.jpg

170204_二宮菜の花_132_s.jpg

170204_二宮菜の花_137_s.jpg

170204_二宮菜の花_146_s.jpg

170204_二宮菜の花_145_s.jpg

posted by 森 すえ at 07:57| Comment(14) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする