2017年08月31日

富士山麓をぐるり散策(その1)富士の姿なき風景の中で


イラスト_0295.jpg

7月下旬から35日あまり富士のすそのに滞在中、日中、雄々しき山頂を眺める日はあまりなかった。早朝の5時に散歩にでかけると、霞みがかった富士の姿をときたま見ることはあったものの、ぱっとしない光景に、今夏の日照不足をひしひしと感じつつ、焦らない、怒らない、くさらない、負けない精神でてくてく歩いた。そう、急に輝く、そんな時間に期待して・・・

古代より、富士山は、山頂だけでなく、奥深い山の懐から大きく広がる裾野にいたりすべてが聖地。雄大な森林のいたるところに、聖地が存在すると思えるから、神社や澄んだ湧水を口に含んでほっと深呼吸をしたり、はたまた富士山頂への巡礼の道を歩いた。苔むしり、無数の溶岩洞窟がある樹海へも頻繁に心身を運んだ。雨日でも樹々が天を覆う樹海では傘はいらない。日射、雨など天候に左右されない、マイナスイオンがいっぱいの樹海は、まさに貴重な心身鍛錬の散策コースである。

富士山の絶景ビューポイントとして、大石公園などその名が数多く連なる河口湖はつとに有名。湖畔周辺から、縄文時代〜平安時代の遺跡も数多く見つかっており、中世には富士浅間信仰の北麗に「河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)」があり、今にいたる樹齢千年をこえる神木が、富士山信仰の原点を物語る。凛とした空気に包まれる境内に足を踏み入れると、天をつくがごとき7本杉の巨木が、1200年の悠久の時を超え、私たちを浅間神社の神域へと招き入れる。

背後の山中で清冽なしぶきをあげる「母の白滝」の歴史も平安時代から。富士山を目指すものは、この滝で身を清めたとされる。滝つぼへ降りていくと、水の流れの冷やかさがひしっひしと肌に沁み、神の存在の感触に狼狽し、まるで自分の姿が流れ消えていくがごとし。滝のわきには河口浅間神社の末社「母の白滝神社」があり、富士山の神様「木花咲爺姫命」の姑神「タクハタチチヒメノミコト」が祀られている。聖地にふさわしい空気に包まれる神社一帯の散策は誠に清々しい。展望台から富士山の姿が見えなかったのに未練が残り、帰京まじかの晴れ日に再び訪れたのだった。

今夏、盆明けまではこのようなさえない日和が続いたが、それでも足和田山ハイキングコースから見る西湖の青さ、天上山(カチカチ山)の紫陽花の美しさに胸がきゅんとなった。山梨は温泉の宝庫、村の温泉でおしゃべりしたり、山越えしての湯けむりを楽しんだもの。一日のうちに晴れ間が見え隠れすることもあったが、概して曇り空が多かった。時おり、夏らしい雨が、揺れ動く梢の中から降り注ぐ光景にも風情があったが、やはりお天気のほうがいい。夏は黄色の太陽が良く似合うから、太陽が輝きだしたら、明るい麦わら帽子をかぶって出かけよう〜。

               ああ、黄色い太陽
          黄色い太陽が山頂を照らす時
          瞬時、私は旅人に戻る
          手足の動きが止まり
          目だけが陶酔し
          愛の流れを超える
          これまでの道のりはどうであれ
          ああ、黄色い太陽の下で熱い人になりたい

          遠くを眺める私はさすらい人
          感傷する心が
          光の動きを追いかける
          雲の色が赤まったり
          黄金に輝いたり
          これまでの道のりはどうであれ
          ああ、黄色い空間がひろがってほしい

          黄色い太陽が不安げにゆれ
          無限大の不思議
          好奇が吸い込まれ
          あらゆる日々をつらぬいて
          旅を半歩、先へ進める
          これまでの道のりはどうであれ
          ああ、黄色の空間で肩を抱き合いたい

170731_カチカチ山_006_s.jpg
カチカチ山展望台から
170731_カチカチ山_009_s.jpg

170731_カチカチ山_011_s.jpg

170731_カチカチ山_022_s.jpg

170731_カチカチ山_032_s.jpg

170731_カチカチ山_105_s.jpg
河口湖
170731_カチカチ山_106_s.jpg

170731_カチカチ山_107_s.jpg

170731_カチカチ山_109_s.jpg

170731_カチカチ山_120_s.jpg

170731_カチカチ山_127_s.jpg

170731_カチカチ山_128_s.jpg

170731_カチカチ山_133_s.jpg

170731_カチカチ山_136_s.jpg

170731_カチカチ山_145_s.jpg

170803_みたまの湯_05_s.jpg
山梨・三郷町(みたまの湯)周辺風景
170803_みたまの湯_04_s.jpg

170803_みたまの湯_08_s.jpg

170803_みたまの湯_12_s.jpg

170803_みたまの湯_30_s.jpg
みたまの湯より八ヶ岳連峰・南アルプス・北岳を望む
170803_みたまの湯_28_s.jpg

170805_大石公園_01_s.jpg

河口湖・大石公園
170805_大石公園_02_s.jpg

170805_大石公園_04_s.jpg
河口湖・富士大石ハナテラス
170805_大石公園_64_s.jpg

170805_大石公園_07_s.jpg

170805_大石公園_11_s.jpg

170805_大石公園_67_s.jpg

170805_大石公園_15_s.jpg

170805_大石公園_57_s.jpg

170805_大石公園_53_s.jpg

170805_大石公園_62_s.jpg

170805_大石公園_71_s.jpg

170805_大石公園_73_s.jpg

170805_大石公園_74_s.jpg

170805_大石公園_78_s.jpg

170805_大石公園_81_s.jpg

170805_母の白滝_07_s.jpg
母の白滝
170805_母の白滝_12_s.jpg

170805_母の白滝_11_s.jpg
母の白滝神社
170805_母の白滝_18_s.jpg
樹齢千年を超える杉の樹
170805_母の白滝_16_s.jpg
河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)
170805_母の白滝_67_s.jpg
諏訪神社
170805_母の白滝_68_s.jpg
山神社
170822_母の白滝_28_s.jpg
母の白滝展望台にて
170822_母の白滝_76_s.jpg
posted by 森 すえ at 09:00| Comment(9) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

関東周辺をぐるりと散策・上野公園の不忍池(しのばずのいけ)

イラスト_0264.jpg

暑い夏、「熱中症対策を十分にして出かけてください」とテレビで度々放映されている。そう、東京は猛暑のるつぼにはまったような日々。家にいても暑い、外に出ても同じ。ならば楽しみを求め暑い中で楽しもう〜と上野公園に向かった。今、夏の風物詩として、多くの人々に愛されている不忍池の蓮が満開中。その美しい花に両手をさしだしながら謳歌しよう〜。

不忍池は、上野公園内の南西部に位置し、周囲は約2キロ、池の面積は約11万平米。池の中央に島が築かれ、国家の安全と人々の福寿円満の祈祷のため弁財天が建立された、その当時、参詣者は舟で往復したが、1670年頃、参道の陸橋ができた。その結果、池は3つ(蓮池・ボート池・鵜の池)に分かれている。池の広さは、戦争中食糧難のため田んぼに変えられたりで、次第に埋め立てられ、現在では昔の約三分の二。蓮の鑑賞できる池は「蓮池」と「鵜の池」のみで「ボート池」に蓮はない。

7月11日、晴れ。蓮を見よう〜と、友人と弁天堂で11時に待ち合わせをした。蓮の開花時間は早朝。朝の6時頃が見頃だが、私が不忍池に着いたのは8時30分。うおぉ〜ラッキ!!つぼみ、満開の蓮が憂いなく美しく、支えきれないほどの葉っぱの上で、下で、隙間で輝いている。

蓮の花は、早朝花を開き、昼前後には閉じる。蓮の花の命は4日ないし3日間で儚い命である。見れば、新鮮な顔つきで優雅に咲いているのや、すでに大きく花を咲かせた後、つぼみとなっているのや、何日かの開花を終え、花びらを閉じる力もなく散りつつあるのもあり・・・とさまざまだが、さすが江戸時代より浮世絵に描かれたほどの不忍池の蓮。どの蓮の表情にも風情があり、優雅な輝きが池に解き放たれている。

「ひらいたひらいた」というわらべ歌に「れんげの花が開いたと思ったら、いつのまにかつぼんだ」、そして「れんげの花がつぼんだと思ったら、いつのまにか開いた」と、れんげ草の特徴をよく表わしているが、れんげの名は「蓮」の花に似た草というイメージで名がついたそうだから、まさに開いては閉じ、閉じては開くを繰り返す蓮の歌のよう〜。

寛永寺から参道橋を渡り弁天堂へ向かう周辺にいくつかの碑が立ってる。先ず、参道入口から20mほど左側に行った植え込みの中に「駅伝発祥の地(記念碑」が。不忍池が日本で初めて行われた駅伝競走のゴール地点だったことから、この地に立っている。次に「めがね之碑」がある。 眼鏡が日本に渡来したのは約420年前のこと。文化の発達につれてめがねの需要も増し、文化、政治、経済に大いに役立った。 明治百年を記念してその功績に感謝の念をこめ碑が建立された。そのほか「暦塚」「烏塚」「包丁塚」・・・など面白い石塚がある。

上野動物園の門は「表門」「池之端門」「弁天門」の三か所。弁天門はこれまで出口専用だったが、7月11日から出入口門としてスタートした。おりしも私が弁天門のそばを通った日でもあった。鵜の池は動物園内にあることもあり、私は蓮を撮るために弁天門から入園した。陽を浴びながら、揺れ動く蓮の花のなんと美しいこと。間もなく太陽が湧きたち、熱射が当たり、花びらは閉じられるだろう。蓮は誰に向かって咲いてるわけではないが、今は見知らぬ私一人のために美が輝いていると思えた。

ついでにパンダも見ようと急いでモノレールに乗り東園へ。リーリーが元気よくささを食べている。うい〜、もうすぐ赤ちゃんパンダもお披露目されるだろう〜。楽しみ楽しみ。さあ、友人が待っている弁天堂へ行こうと、急ぎ足でイソップ橋を渡り弁天門へと戻った。

友人とレストランでピザ&コーヒでの至福時を過ごした後、友人は歌舞伎が観たいと銀座へ向かった。私は国立西洋美術館で開催中の「アルチンボルト展」の鑑賞へと。だまし絵的な描き方の特殊さに魅了され、奇妙さに圧倒された。花、果物、動物の組み合わせ方、線の正確さなど一つひとつの描写はまさに科学的。「さあ、謎解きの世界へ」のキャッチフレーズに魅かれ興味津々と眺めたが、画家の技術力はやはり半端ではなかった。ユニークと感動しながら、ふと思った。もし、蓮の花を具現化しただまし絵であれば・・・

         夢の創り花
      蓮の花に愛があり
      揺さぶられるいとおしさがある
      つぼみの中に夢があり
      不思議な出会いの一瞬がある

      蓮の花にあなたの顔があり
      微笑む奥ゆかしさがある
      夢の創り花に蓮がよく似合い
      想いに馳せる雰囲気がある

      愛で包まれた創り花
      それは池の蓮
      夢と蓮にあなたの人柄が映り
      夏、二つの想いの息が合う

170711_上野公園_004_s.jpg
上野寛永寺
170711_上野公園_009_s.jpg
  渡り参道から弁天堂へ
170711_上野公園_024_s.jpg
不忍池の蓮
170711_上野公園_012_s.jpg

170711_上野公園_022_s.jpg

170711_上野公園_031_s.jpg

170711_上野公園_033_s.jpg

170711_上野公園_046_s.jpg

170711_上野公園_043_s.jpg

170711_上野公園_040_s.jpg

170711_上野公園_053_s.jpg

170711_上野公園_058_s.jpg
弁才天
170711_上野公園_091_s.jpg
大黒天堂
170711_上野公園_059_s.jpg
暦塚
170711_上野公園_047_s.jpg
眼鏡の碑
170711_上野公園_062_s.jpg
烏塚
170711_上野公園_064_s.jpg
包丁塚
170711_上野公園_181_s.jpg

駅伝発祥の地(記念碑)
170711_上野公園_065_s.jpg


170711_上野公園_075_s.jpg

170711_上野公園_076_s.jpg

170711_上野公園_102_s.jpg

170711_上野公園_086_s.jpg

170711_上野公園_100_s.jpg

170711_上野公園_104_s.jpg

170711_上野公園_093_s.jpg
上野動物園・弁天門
170711_上野公園_096_s.jpg

170711_上野公園_099_s.jpg
上野動物園・西園
170711_上野公園_105_s.jpg

170711_上野公園_122_s.jpg

170711_上野公園_118_s.jpg
ウオキツネザル
170711_上野公園_129_s.jpg
ペンギン
170711_上野公園_132_s.jpg
フラミンゴ
170711_上野公園_141_s.jpg
モノレール
170711_上野公園_150_s.jpg
寛永寺の五重塔
170711_上野公園_154_s.jpg
パンダの赤ちゃんの成長記録
170711_上野公園_160_s.jpg
リーリー
170711_上野公園_169_s.jpg
動物園からの不忍池
170711_上野公園_174_s.jpg
二ホンコウノトリ
170711_上野公園_177_s.jpg

170711_上野公園_183_s.jpg
不忍池(ボート池)
170711_上野公園_186_s.jpg
170711_上野公園_192_s.jpg
国立西洋美術館・アルチンボルト展
170711_上野公園_194_s.jpg

170711_上野公園_207_s.jpg
posted by 森 すえ at 14:23| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

関東周辺をぐるり散策・目黒天空庭園

イラスト_0259.jpg
2010年3月28日、目黒区にある首都高速道路の大橋ジャンクションが開通。南北に走る中央環状新宿線の山手トンネルと、東西に伸びる首都高速3号渋谷線(東名道・都心)が交差するこのジャンクションは、沿道環境の保全を図るため、遮音壁の上に排煙窓が設置され、4層ループの覆蓋(ふくがい)構造。四つの葉を重ね合わせたようなコンパクトな殻に閉じ込めた形だが、上空から見ると四つ葉のクローバ型の構造がよくわかる。

その大橋ジャンクションの屋上に「目黒天空庭園」という庭園が誕生した。行き方は簡単。東急田園都市線、池尻大橋駅から徒歩5分で「目黒天空庭園」の入り口に立つ。入場は無料。天空庭園って珍しいと全国から見学者が訪れるが、私も自宅から近いので、すでに何度か庭園散策を楽しんでいるが、今一度花を愛でよう〜と、ある梅雨日の午後、出かけた。

先ず「クロスエアタワー」の9階へと。その階は「目黒天空庭園」に連結しているので、庭園東口広場へと出ると、アカマツ越しに陽が射すベンチでくつろぐ女性の姿、展望台デッキから富士山を望もうと遠景に目をやる若者。うわぁ〜まぶしい!そうだ私は空の息をころした谷間に高速道路、足元に植物がありという不思議な宇宙空間にいるんだ・・・。

日ごろ、地に足をつけ歩いているので、空中に浮かぶ公園の散策はなんとなく落ち着かない。だって庭園の下は高速道路のジャンクション。そう、庭園の真下に、らせん状に大きく渦を巻いた高速道路が走っているのだ。そわそわと気になるが、だんだんと自然に惹かれ晴れ晴れした気分へと。四季の広場、憩いの交流の場へとまわると、花の香りが漂う段々畑があり、午後の休憩に集うサラリーマン、イヌと散歩する人、学生たちがリラックスする光景に寄り添って私も仲間入り。

散策中の女性に私の写真、一枚とお願いする。気さくにOKとシャッター。そしてしばし談笑を楽しんだ。図書館帰りのその女性いわく、「私は辰年生まれだがヘビが大好き。マムシは飛びつくので退治するが、青大将、白ヘビを見ると近寄り触る」と言われた。いくら白ヘビが水の神様として縁起がよいとしても・・・である。私はへぇ〜と驚きながら興味津々。そうそ、私も辰年なのであなたと同年ね?と言うと、その女性は私より一回り若い辰年だった。二人は同時に「ええっ??!!」と笑いながら見つめ合った。

庭園内は平らではなく、高低差があり変化に富んでいる。穏やかな曲線を描く築山と丸みを帯びた樹形、野の原の組み合わせのエリア、あそびの広場からくつろぎの広場へ。四阿(あずまや)周辺の伝統的な日本庭園の景観を楽しみながら憩いの森へと歩を進めると、明るく開放的な花と木陰の向こうに雑木のトンネルがあった。コミュニティスペースは花木・果樹、野菜、つる植物、実のなる柑橘類が植わり、暮らしの香りが漂ってる。天空庭園は、高層ビル、騒音、高速道路などあらゆる存在をつらぬき広がる一つの空間であるが、オアシスでもある。時折、都会のあわただしさから逃げ出したくなった時、こうして穏やかな庭園の木々、草花に魅入りながらの空中散歩も又良しって思える。

ジャンクションの建設にあたって、周辺地域の環境に考慮し、屋上に誰もが気さくに利用できるいこいの場が計画されたが、完成後、目黒天空庭園のプロジェクトはデザイン賞、都市公園コンクール賞など様々な団体から高い評価を受けた。大都市における都会のオアシスを創造する緑化技術の発信の場として先導的な役割を果たしているのだろう。

帰路、再び東口広場からクロスエアタワーへと入り、同じ階にある大橋図書館で一休憩。たくさんの人が読書を楽しんでいる。図書館の隣に天空庭園・・・未来志向の夢ある組み合わせと思った。同じ階に東京都議会選挙の期日前投票所もあった。投票所入場整理券を持参しない私に「どうぞ、投票をしていってください」と声がかかる。なんと住所、氏名、生年月日を記入するのみ。本人確認はなしで投票ができた。少し驚いたがおかげで投票を前もって済ませることができ、はい、ラッキでした!!

高層ビルをおり、空を見上げると複雑に絡んだ高速道路の流線形が目に映るが、同じ光景のなかに古き歴史を持つ「目黒氷川神社」も。急坂の石段を登って神社へお参り。祭神はスサノオノミコト。日本神話に登場する神で地域の鎮守さまである。 境内に「目黒浅間富士」と称す登山道も築かれており富士浅間神社が祀られている。おお、懐かしや浅間神社と、カランコロンと鈴を鳴らす向こうに富士山の姿が浮かんだ・・・。

          おおらかなるもの
     おおらかに感じるもの それはあなたの目線
     おおらかに思えるもの それはあなたの優しさ
     おおらかに見えるもの それはあなたのしぐさ

     果てしなく感じるもの それは断崖に打ち寄せる波
     果てしなく思えるもの それは幸福論
     果てしなく見えるもの それは飛行機雲

     嫌だと感じるもの   それは純でないこと
     嫌だと思えること   それは捉われの心
     嫌だと見えるもの   それはあがく自分の顔   

     さわやかに感じるもの それは松の枝先に吹く風
     さわやかに思えるもの それは若い心
     さわやかに見えるもの それは雨あがりの入道雲

     優しさを感じるもの  それは母が子を思う気持ち
     優しく思えるもの   それはのどかな言葉
     優しく見えるもの   それは神さま


170627_目黒天空広場_001_s.jpg大橋ジャンクション
170627_目黒天空広場_002_s.jpg
170627_目黒天空広場_003_s.jpg

170627_目黒天空広場_006_s.jpg
クロスエアタワーの9階から天空庭園へ
170627_目黒天空広場_010_s.jpg

170627_目黒天空広場_017_s.jpg

四季の庭
170627_目黒天空広場_013_s.jpg
セラスチウム
170627_目黒天空広場_020_s.jpg

いこい・交流の場

170627_目黒天空広場_023_s.jpg


170627_目黒天空広場_027_s.jpg


170627_目黒天空広場_028_s.jpg

クロスエアタワー
170627_目黒天空広場_029_s.jpg


170627_目黒天空広場_030_s.jpg

遊びの広場

170627_目黒天空広場_036_s.jpg


170627_目黒天空広場_040_s.jpg


170627_目黒天空広場_045_s.jpg

170627_目黒天空広場_047_s.jpg

170627_目黒天空広場_049_s.jpg

170627_目黒天空広場_050_s.jpg

170627_目黒天空広場_052_s.jpg
シモツケ
170627_目黒天空広場_056_s.jpg

170627_目黒天空広場_057_s.jpg

170627_目黒天空広場_058_s.jpg

170627_目黒天空広場_061_s.jpg
潤いの森
170627_目黒天空広場_062_s.jpg
コミニティスペース
170627_目黒天空広場_074_s.jpg

170627_目黒天空広場_080_s.jpg

170627_目黒天空広場_078_s.jpg


170627_目黒天空広場_083_s.jpg

170627_目黒天空広場_085_s.jpg

170627_目黒天空広場_088_s.jpg
アガパンパス
170627_目黒天空広場_089_s.jpg


170627_目黒天空広場_092_s.jpg
いこいの広場
170627_目黒天空広場_099_s.jpg

170627_目黒天空広場_093_s.jpg

170627_目黒天空広場_103_s.jpg

170627_目黒天空広場_117_s.jpg
オミナエシ
170627_目黒天空広場_119_s.jpg
五葉松
170627_目黒天空広場_120_s.jpg
ミヤコダサ
170627_目黒天空広場_106_s.jpg

170627_目黒天空広場_124_s.jpg
「クロスエアタワー」へ
170627_目黒天空広場_125_s.jpg

目黒大橋図書館
170627_目黒天空広場_137_s.jpg
首都高速
170627_目黒天空広場_138_s.jpg

170627_目黒天空広場_136_s.jpg

170627_目黒天空広場_149_s.jpg

170627_目黒天空広場_140_s.jpg

170627_目黒天空広場_142_s.jpg
目黒・氷川神社
170627_目黒天空広場_146_s.jpg

170627_目黒天空広場_145_s.jpg

170627_目黒天空広場_148_s.jpg
目黒・富士浅間神社
posted by 森 すえ at 09:14| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

関東周辺をぐるり散策・明治神宮の花菖蒲

イラスト_0256.jpg

梅雨入り後もまとまった雨は降らないが、澄み切った、晴れ渡った空なのに、今にも雨が降りそうな日がある。昨日もそうだった。「涙雲」と言われもするが、空を見ながら情けなくなり、傘?どうしょう?と涙で目が曇る。まあ、晴れの日もあれば雨の日も。目をうるうるさせながらも輝く朝がやってくる。恵みはぐるりと回るって感じ。さあ、明治神宮方面へ散策しょう。

明治神宮は2020年に100周年を迎える。大都心の真ん中に緑が生い茂る永遠の杜、かっては荒れ地のような畑の景観が続いていた所に、大正4年から「永遠の森」の壮大な造営工事が始まり神社が造られた。森林はかなりの年月をかけて日本人が作り上げたものだが、出来るだけ手を加えずに、自然の力による変化を待ち、今の状態がもたらされているのも、先人たちの祈りと、その想いに応えようとする人々の未来への希望が積み重ねられているからである。

参道わきに酒樽やブルゴーニュからワインがずらり〜と並んでいる。これは明治天皇が日本酒やワインに造詣が深く、「よきをとり あしきをすてて 外国に おとらぬ国と なすよしもがな」という歌を詠んでおられるように洋食を召し上がり、ぶどう酒を好まれた由縁から。

渋谷には多くの外国人観光客が訪れるが、なんと一番人気の観光スポットは明治神宮。確かに私も外国人をよく見かけるが、その人気の秘密はなんなんだろう?確かに一面の自然林をまじかに感じられる。神社のお供えのお酒がワイン樽なのもユニーク。又、昼下がりの散歩コースにもいい。自然に溢れる参道も長い。都会から気楽に行ける別世界という人もいる。電車やバスを乗り継かなくても行けるし、原宿や代々木公園も近いってことだろうが、私にとっても国際色豊かな神宮のお参りは大好き。

6月中旬、明治神宮の花菖蒲が綺麗に咲きだす。それでは花菖蒲を鑑賞しょう〜と代々木公園内を横切り明治神宮へ向かう。まず、大鳥居をくぐり、清々しい空気が満ちる森中に佇む花菖蒲園へと散策開始。池に近づくと水連が、水連が咲いている。うぉぉ可憐できれい!パチパチとシャッター。予期せぬ水連の開花に身も心も小躍り。嬉しいよ〜。

花菖蒲田へと回ると、江戸時代の花が咲き誇っている。花菖蒲田の水源は「清正井」から湧き出た水だが、水田に水は流れていなかったので、作業している方に聞いた。「花菖蒲は水生植物ではないので根に水を張る必要はないが、水をはると見栄えがいいので、来週ぐらいに田に水を流します。」とのことだった。なるほど「水無月」に花菖蒲と水田が良く似合うってこと。だって六月は田に水を引く月だもの・・・。

明治神宮の花菖蒲は、明治26年、明治天皇の思し召しにより昭憲皇太后のために植えられた。明治神宮御造営当時は、江戸系の48種だったが、その後、東京近郊から江戸系の花が集められ、現在では約150種1500株が咲いている。深い森に囲まれ、流麗な曲線を描く菖蒲田や、茅葺屋根の四阿(あずまや)がたたずむその風雅な景色は画家たちにも愛されてきたが、武将・加藤清正が掘ったとされる井戸、清正井(きよまさい)から湧き出る清らかな水に潤う菖蒲田は誠に麗しい。

清正井の水に触れんと長い行列が続く。私も順番待ちをし井戸へ。透き通る水鏡に顔を映し、自分の内部を観るに尽きると、清めの水に映る顔がそう語る。清涼な境内に凛とする木々内を散策し、カフェテラスで一休み。たまたま隣り合わせになった女性とおしゃべりが始まり、小一時間二人はスポーツのこと、人生のことなどを楽しく話しあう。ゆったりと和らげるひと時だった。今回も出会った方に私の写真を撮っていただいたが、優しい方ばかりで嬉しかった。ありがとう、ありがとう!!!!     

        梅雨のあとさき
     子どもたちが成長し
     やがて、遠のき
     巣立つ後ろ姿を見送る
     親から離れる季節の到来
     これは梅雨ではなく
     手ごたえある夏の季節

     幸せにと祈る心は梅雨の後
     門出を祝う心を馳せながらも
     気分すぐれぬ梅雨の狭間
     寂しき親心、ふつふつ湧きおこる

     我が人生の収穫時、今、ここに
     人生、光明矢の如し・・・
     ああ、梅雨の晴れ間に
     夏の陽を集め、我が内部に貯えよう

170610_明治神宮_003_s.jpg
代々木公園から明治神宮へ向かう
170610_明治神宮_005_s.jpg

170610_明治神宮_008_s.jpg

170610_明治神宮_009_s.jpg

170610_明治神宮_101_s.jpg
明治神宮の大鳥居
170610_明治神宮_102_s.jpg
鳥居前
170101_明治神宮_79_s.jpg
姪神宮本殿(ただいま修復中)
170101_明治神宮_62_s.jpg

170101_明治神宮_64_s.jpg
奉納されたワインの樽
170610_明治神宮_014_s.jpg

170610_明治神宮_051_s.jpg

170610_明治神宮_017_s.jpg
花菖蒲園の入口
170610_明治神宮_019_s.jpg

170610_明治神宮_021_s.jpg
四阿

170610_明治神宮_022_s.jpg

南池(なんち)・水連
170610_明治神宮_030_s.jpg

170610_明治神宮_025_s.jpg

170610_明治神宮_034_s.jpg


170610_明治神宮_042_s.jpg
御釣台
170610_明治神宮_043_s.jpg

170610_明治神宮_047_s.jpg

170610_明治神宮_035_s.jpg

170610_明治神宮_050_s.jpg
隔雲亭
170610_明治神宮_086_s.jpg
花菖蒲田
170610_明治神宮_071_s.jpg

170610_明治神宮_077_s.jpg

170610_明治神宮_078_s.jpg

170610_明治神宮_072_s.jpg
鶴の毛衣(つるのけごろも)
170610_明治神宮_074_s.jpg
五湖遊(ごこあそび)
170610_明治神宮_075_s.jpg
三笠山(みかさやま)
170610_明治神宮_063_s.jpg
仙女洞(せんにょのほら)
170610_明治神宮_061_s.jpg
宇宙・大空
170610_明治神宮_070_s.jpg
都の巽(みやこのたつみ)
170610_明治神宮_069_s.jpg
鶴の毛衣(つるのけごろも)
170610_明治神宮_068_s.jpg

170610_明治神宮_054_s.jpg

170610_明治神宮_076_s.jpg
宇宙(おおぞら)
170610_明治神宮_079_s.jpg

170610_明治神宮_081_s.jpg

170610_明治神宮_083_s.jpg

170610_明治神宮_087_s.jpg

170610_明治神宮_082_s.jpg

170610_明治神宮_093_s.jpg
加藤清正が掘ったとされる「清正井(きよまさのいど)」
170610_明治神宮_094_s.jpg

170610_明治神宮_097_s.jpg
花菖蒲園の出入り口
170610_明治神宮_100_s.jpg
明治神宮内のカフェテラス

posted by 森 すえ at 05:57| Comment(12) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

関東周辺をぐるりと散策・上野公園

イラスト_0723.jpg
6月初旬、上野で友人と昼食を楽しむことに。友人は着物スタイルだと言ったので、それではカメラを持っていこう〜と張り切った・・・が、真夏並みの天気だったからか、彼女のいでたちは服だった。そりゃそうだよね〜当然。まあ、いい。その辺りの風景でも撮ろう〜とぶらぶら散策開始。

前日のテレビで上野公園に設置されている像「自由な女神」が紹介されていたので、派出所で所在地をお聞きし、東京芸大方面へと向かった。おお、ありました!「自由の女神」ではなく「自由な女神」の名称で・・・。

かって「自由の女神」はフランスがアメリカに共通する理念を表現するために贈られたが、その女神像のレプリカが宮城県多賀城市に設置された。その後、石巻市へ移設された。2011年の東日本大震災後、レプリカは撤去され、宮城県仙台市の倉庫に保管。それを東京芸大生の村上愛佳さんが引き取った後、先端芸術表現専攻による卒業・修了制作展の情報を発信するという名目で上野公園に設置された。

村上さんが名付けた作品「自由な女神」は、東京芸術大学の今年の卒業・修了作品展で入賞した。村上さんは、「作品を通して皆様にお会い出来れば幸いです。本プロジェクトでは、女神像レプリカが震災後も立ち続けた石巻市と他地域の共通点を想像し、上野から新たな移設先を見つけたい。あなたが思う移設先と、石巻市との共通点をメールで送ってください」とメッセージされている。さて、さて何処がいいのかなぁ〜。

実は、1973年、私たち家族はニューヨークのマンハッタンで「自由の女神」に登っていた。台座部分にはエレベータで、そこかららせん階段を上って王冠部分の展望台へと。女神は全ての弾圧、抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴し、かぶっている冠は七つの大陸と七つの海に自由が広がるという意味を持つ。アメリカの国の在り方の理念が象徴されていると思った。展望台から眺める広大な町風景に魅せられながら、思わず両手をさしだした記憶がある。

上野公園内にはいくつかのタイトル付きのオブジェが置かれており、公園の芸術性を醸し出す雰囲気がある。大噴水の飛沫の向こうに東京国立博物館が見える。私たちはその博物館の庭園を散策した。静寂な池に鴨が涼しい輪を画く光景。二人は揺れる水面を見つめながら、旅をした時のこと、美術館で魅力ある絵画の観賞の数々、はたまたレストランで談笑したりと、過ぎし日のカレンダーをめくり、こぼれた夢、思い出を拾うように、ゆらゆらと回想した。40年にもわたるお付き合い。追憶を追い払わない・・・、ほんに気の合う友人である。

さあ、上野動物園でパンダをみょうと張り切ったが、メスの「シンシン」の体の変化などが認められるため、5月から展示が中止されている(6月12日に赤ちゃんが誕生)ただ今、リーリー君のみの見学。二頭そろった時、またやって来よう〜と、レストランへ向かった。はい、ピザ&コーヒー!!!

昼食後、東京都立美術館で「バベルの塔展」を鑑賞。16世紀ネーデルラント美術を紹介していた。独創的な画風で人気を博したヒエロニムス・ボスの油彩画や、ボスの画風を受け継いだブルュ−ゲルの版画、そこに登場する怪物たち、傑作「バベルの塔」驚異の描写はまさに至宝。ボス&ブルュ−ゲルの魅惑の空想世界、500年前の巨匠たちの想像力を目の当たりで観れる貴重な展覧会であった。現代の日時計が逆さ周りをし、まるで16世紀の希望、夢のなかの塔にいるようだった。  

       ゆれる ゆれる

   ゆれる ゆれる
   藻がゆらゆら水面でゆれる
   波がゆれる
   そして、
   わたしはこの街で
   あなたはあの街でゆれる

   二人が同じ池を見つめ
   同じものに近づく
   ゆれる何かを積み重ね
   同じものを捨て去る
   一瞬の夢の泡立ちに
   心が充たされ
   うれし涙に、ゆれる
   ゆれる ゆれる
   陽光が水面に沈むまでゆれる

  
170603_上野公園_02_s.jpg国立西洋美術館
170603_上野公園_50_s.jpg

170603_上野公園_04_s.jpg
美樹館の庭園アート(ロダン)
170603_上野公園_51_s.jpg

170603_上野公園_03_s.jpg


170603_上野公園_08_s.jpg


170603_上野公園_65_s.jpg

170603_上野公園_14_s.jpg

東京祭・フイリピン
170603_上野公園_18_s.jpg


170603_上野公園_67_s.jpg


170603_上野公園_19_s.jpg

170603_上野公園_48_s.jpg

170603_上野公園_24_s.jpg
「自由な女神」
170603_上野公園_32_s.jpg


170603_上野公園_22_s.jpg

170603_上野公園_34_s.jpg
完結する関係性・成田麻美子
170603_上野公園_36_s.jpg
Inner Memory・加藤祐一
170603_上野公園_38_s.jpg
とびたさ・城山みなみ
170603_上野公園_40_s.jpg

170603_上野公園_42_s.jpg


170603_上野公園_66_s.jpg

170603_上野公園_43_s.jpg

170603_上野公園_45_s.jpg

東京国立博物館

151128_上野公園_092_s.jpg

東京国立博物館の庭園の池
151128_上野公園_094_s.jpg


151128_上野公園_102_s.jpg
東京国立博物館内の銅像「文官」
170603_上野公園_63_s.jpg
東京都立美術館
170603_上野公園_64_s.jpg

170603_上野公園_59_s.jpg

140331_上野桜動物園_041_s.jpg
上野動物園・パンダ・リーリー
140331_上野桜動物園_035_s.jpg
シンシン(2014年03月31日撮影。
6月12日「シンシン」が無事出産・5年ぶりの赤ちゃん誕生。
170603_上野公園_53_s.jpg
公園レストラン
151128_上野公園_108_s.jpg

170603_上野公園_54_s.jpg
みどりのリズム
170603_上野公園_47_s.jpg

posted by 森 すえ at 05:20| Comment(12) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする