2017年12月03日

関東周辺をぐるり散策・東大本郷の銀杏並木

イラスト_0579.jpg
東京の紅葉の時期は過ぎ去りつつあるが、東京大学本郷キャンバスの銀杏はこれからが本番って感じ。それでは今秋の紅葉狩の終わりを東大で楽しもうと思い立つ。地下鉄本郷三丁目で下車し、東大へ向かう道すがらの銀杏を眺めると、ややっ!日の当たるところは黄色、反対側は黄緑と、色模様がはっきりしない。あれれ?東大の銀杏並木はどうだろうかな?と、ちょっぴりワクワク、ソワソワしながら赤門前へ。

赤門前で一呼吸。この朱塗りの赤門は、文政10年(西暦1827年)加賀藩主・前田斎泰に嫁いだ11代将軍・徳川宗斎の息女の溶姫のために建てられた御守殿門であり、重要文化財に指定されている。本郷キャンパスはもともと加賀藩前田家の大名屋敷であり、三四郎池と並んで、赤門も古の面影をそのまま残しており、現在でも門という形で使われている。

東大と言えば赤門、赤門と言えば東大と言われるほど有名な赤門をくぐり構内へ。さあ、銀杏並木を撮ろうと見れば、黄金色が古い建物を覆うように輝いている。ああ〜よかったと、あちこちの銀杏に目を向けながら一軒の店舗へ入る。東京大学キャンパス内には、いくつかの店舗があるが、「究Q室のヨーグルト」と名の店もその一つ。ヨーグルトの売り上げの一部を「教育活動支援」として寄付し、児童の健康に役立てている。私もヨーグルトを食べてみたい〜。

ややっ、鮮やかな黄金色に染まった銀杏並木が目に飛び込んだ。ああ、銀杏よ!私たちの傍らに耀けよ!だってどんなにか期待を持って訪れたことか。青空に広がる銀杏の黄葉、年輪を重ねる大木の黄葉、赤レンガに溶け合う黄葉、すべては秋の光景。何度も眺める風景ながら一向に飽きないのは、黄葉に青春の面影が投影されてるからかもね。

安田講堂の地下にあるレストランはただ今改装中。そこで法科の地下のレストランで「キャンバス定食540円」を。はい、安い昼食に満足しながら三四郎池へと向かった。古のなつかしい香りが今も漂う池に、逆さ紅葉の一葉一葉、池へと落下する光景の輝きに晩秋を感じながら東大を後に。

12月初旬、渋谷文化村シネマで「ロダン」を鑑賞。この映画は「考える人」で名高いオーギュスト・ロダンの没後100年の記念作品だが、「創った。愛した。それが人生だった。」とロダンが語るごとく、恋人カミュ―との人生が基軸だった。お互いに惹かれあい、激しく愛し合いながらも別れていった悲恋物語だったが、ロダンが創り上げた傑作の数々は、この愛と苦悩の日々のなかで生まれたのだった。

印象的な映画であったが、特に最後の映像「バルザック像の周りで日本の子どもたちが遊ぶ」場面が心を豊かにした。実は「ロダン」を観たかった理由がもう一つあった。先日、観た「ル・コルビュジェとアイリーン追憶のビィラ」の映画の余韻が残っていたから。というのは、ル・コルビュジェが設計した上野の国立西洋美術館には、ロダンの彫刻が数多く展示されてるので、西洋美術館とロダンとの関係は?と興味津々だった。調べてみると、国立西洋美術館の展示は主に、川崎造船所の初代社長であった松方幸次郎が、1916年から約10年間に ヨーロッパ各地で収集したコレクションの収蔵分で、その中にロダンの彫刻も含まれていたってことだった。

では、何故に国立西洋美術館に展示されているのかというと、実は、第二次世界大戦中、フランス国内に保管していた松方コレクションの一部がフランス政府に差し押さえられていた。そこで、終戦後、吉田茂首相が返還交渉をした。フランス政府の返還条件は、松方コレクションを展示するための美術館の建設だった。日本政府は美術館の設計を建築家、ル・コルビュジエに依頼し、やがて西洋美術館の誕生へと・・・。

それでは今一度、ロダン彫刻を愛を持って見つめよう〜と「地獄の門」の前に立った。地獄の門の上のほうに座っている小さい「考える人」を間近で見つめ、なるほどと感慨深い。そして「地獄の門」の考える人を原型にして造られた大きなサイズの「考える人」をも観た。細目で観たり、どんぐり目で観たりと、いやはや少し目が回り、私も「考える人」になりそう・・・。

折しも「地獄の門への道―ロダン素描集」も展示中だった。ロダンは「地獄の門」の制作のため、大量のデッサンを手がける中、責苦に喘ぐ死者、空中を跳梁する悪魔など、ロダンの想像力は紙の上で幻想の世界を生み出す。ロダンの生の苦悩と輝きが混然となった「地獄の門」の素描はこうして残されていった。

上野公園の銀杏も黄金色だったが、街中に近づくにつれ、クリスマスツリーの輝く色合いへと移り、木の枝を透かす金色の時も過ぎつつあるようだった。パンダの赤ちゃんのご披露ももうすぐ。らら、上野の森に楽しいクリスマスがやってくる・・・。

        らら、クリスマスイブ
    どんなに楽しくても時は去る
    どんなに悲しくても時は来る
    らら、クリスマスイブは貴方のイブ
    神様が近くでささやかれる夜

    むなしく生きる日々
    人生に疑問を抱く日々
    苦しさだけが感じられる日々
    らら、クリスマスイブは貴方のイブ
    神様が近くでささやかれる夜

    人の命ははかなく、短い
    振り向くと過去が線となり、
    未来は未知数の点のよう
    らら、クリスマスイブは貴方のイブ
    神様が近くでささやかれる夜

    地球にいろんな悲しみがあり
    いろんな楽しさがあり
    いろんな喜びがある
    らら、クリスマスイブは貴方のイブ
    神様が近くでささやかれる夜

    魂の開放に感謝する日
    夢をいっぱいお願いする日
    らら、クリスマスイブはすべてを包む
    神様が近くでささやかれる夜
   

171125_東大本郷紅葉_006_s.jpg

本郷キャンパスの赤門
171125_東大本郷紅葉_020_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_117_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_136_s.jpg

安田講堂

171125_東大本郷紅葉_039_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_127_s.jpg

 171125_東大本郷紅葉_030_s.jpg 

 171125_東大本郷紅葉_144_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_151_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_131_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_142_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_154_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_070_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_201_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_168_s.jpg
三四郎池
171125_東大本郷紅葉_048_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_162_s.jpg


171125_東大本郷紅葉_165_s.jpg


171125_東大本郷紅葉_168_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_171_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_174_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_178_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_164_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_063_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_109_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_112_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_149_s.jpg
キャンパス定食
171125_東大本郷紅葉_188_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_189_s.jpg

171125_東大本郷紅葉_082_s.jpg

ロダン_s.jpg

映画・ロダン
171202_上野ロダン展_085_s.jpg
国立西洋美術館のロダン作
171202_上野ロダン展_013_s.jpg

171202_上野ロダン展_021_s.jpg
地獄の門
171202_上野ロダン展_024_s.jpg
地獄の門の上層部分の考える人
171202_上野ロダン展_012_s.jpg
ロダンの考える人
171202_上野ロダン展_049_s.jpg
地獄の門への道―ロダン素描集展
171202_上野ロダン展_044_s.jpg

171202_上野ロダン展_045_s.jpg

地獄の門のマケット(第三構想)
171202_上野ロダン展_062_s.jpg
バルザック習作
171202_上野ロダン展_067_s.jpg
バルザック習作(上部の拡大)

このブロンズ像はパリのラスパイユ大通りに立つ像の習作。公開されたとき「ジャガイモの袋をかぶせた」ようだと嘲笑される。「どうしてあの部屋着がいけないのか?これは幻影を追いかけ狂おしく歩きまわる文豪の着ていたものではないか。」とロダンの失望と憤りは大きかった。ロダンの着想は、生前理解されなかったがやがてロダンの栄誉となった。
171202_上野ロダン展_073_s.jpg

作・勧告
171202_上野ロダン展_084_s.jpg

西洋美術館前庭の彫刻・地獄の門

posted by 森 すえ at 11:56| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

関東周辺をぐるり散策・代々木公園の紅葉

イラスト_0542.jpg
先日、代々木公園の散策中、紅葉のきれいさに思わず、まさしく秋の色って胸を打つ。秋半ばに入り、いつの間にか偶然がすばやく様々の秋色の顔をととのえていたが、銀杏もしかり。それではとカメラを抱え公園へと向かう。秋とお別れする前にしっかり秋の風情を知ろう〜。そう、秋の表情は、いつまでも公園でとどまっているわけではないから・・・。

11月18日、NHK前を通りかかるとスペインフェスティバルが開催中。毎年行われるお祭りだが、今年も大勢の人たちが参集し広場を盛り上げている。パエリアやタパスなど本格的なスペイン料理、華やかなフラメンコショーに、スペインに関する雑貨や食材、ワインなどもブースで販売。寒空の下、陽気な国のはじけるリズムがにぎやかに活躍していた。

ひと時を楽しんだ後、代々木公園内に入ると、紅葉の樹木が横つなぎで輝く光景に、これは綺麗と感嘆しながらさらに噴水のある中心部へ。ここらあたりの紅葉はもう過ぎゆき、木の葉が舞い散る光景であったが、遠くの方で木々の輝きを感じる。銀杏だ!黄金色の銀杏だ!園内にある広葉樹はケヤキ1000本、イチョウ200本、モミジ100本など約6種。1300本もの木々が順々に色づき、ただ今最高の秋色。やがて 視野の銀杏も枯れ木となり黄色が消えようとも、今の現実の前ではしっかり輝いている。ほんに、代々木公園は、紅葉散策を1日中楽しめる都心の大公園だと実感。

噴水池と真っ赤なモミジとのコントラストが絶景。落葉のじゅうたんを踏みしめさらに奥地へと入りお花畑を一回りした後、銀杏並木を通りながら渋谷へ。そしてカフェで一杯のコーヒー。店先に飾られたクリスマスツリーを眺めながら、いよいよ12月、クリスマスがやってくると感無量。夢、ゆめ、夢をいっぱい感じる月なのだ。でも、夢って何かな?将来そうありたい希望かな?まあいい、現実離れの甘い考えでも、夢のなかで夢を見たい。

叶えたい夢と希望が交差するならば、雲をつかむような夢でも見つめていたい。ひらひら舞い落ちる木の葉と、クリスマスの飾りに光が射す。木の葉とクリスマス!秋と冬の豪奢な混合に、私の心も寒暖の光が複雑に入り混じる。

11月も芸術の秋を謳歌した。目黒美術館で「日本パステル画事始め」を鑑賞。日本人とパステルの出会いは明治時代に遡る。パステルを深く追求した「竹内鶴之助(1881〜1948)」と「矢崎千代二(1872〜1947)」が、微妙な色彩、陰影の美しさ、多彩な表現の可能性を使いこなし、パステルの普及に尽力。二人の優れた画家の絵、ドガ、バルトンなどの作品から、パステルの魅力と可能性を見出し鑑賞。

三鷹美術ギャラリーでは「桃林会墨彩画展」を鑑賞。スペイン語のイルセ・ララ先生の彼岸花の水墨画と「ミニチュアの世界」を見せて頂いた。先生は、芸術的な才能があるうえに手先も器用で、木、花、人、虫など・・・ミクロのものを創るのがお好き。裸眼1,2の視力である私の目でも見えにくい小さな作品に、うわぁぁ〜すご〜と心から拍手。

渋谷文化村でシネマ「ル・コルビュジェとアイリーン追憶のビィラ」を観る。上野の国立西洋美術館が世界遺産に登録された記憶に新しい近代建築家ル・コルビュジェの実像に迫っていた。彼には生涯で唯一、才能を羨んだ女性、アイリーンがいた。二人の天才建築家の惹かれながらも相克する関係を美しい映像で描いたドラマだった。

N響コンサートで「イワン皇帝」を。東京混声合唱隊、東京少年少女合唱隊、片岡愛之助の語りで、プロコフィエス作品116が演奏されていた。歌舞伎俳優の片岡愛之助さんの声量はさすが!お見事な語りであった。次のコンサートは12月24日、N響コンサートで、ベートウベン「第九」を楽しみながら、クリスマスのクライマックスへと・・・。
          木の葉
      がさがさと踏まれる木の葉
      踏まれても踏まれても足元で舞う
      近くで舞う木の葉に
      遠くへ飛べよと手で追い返す

      木の葉が強風で遠くへ
      そ知らぬ顔で飛んでいく
      遠くで舞う木の葉に
      近くにおいでと手招きする

      木の葉が空中で渦を巻く
      小雨と微風が絡まって
      軽やかな木の葉のアート
      近くで遠くで飛びかい浮遊する

      木の葉がすこし威張る並木道
      枯葉の公園は茶色の世界へと移ろい
      冬眠を促すように
      幻想的な弱光がベンチで揺れる


171107_代々木公園_001_s.jpg公園通りで
171107_代々木公園_101_s.jpg
トルコの大時計
171107_代々木公園_003_s.jpg
代々木公園への並木道
171107_代々木公園_105_s.jpg
NHK
171107_代々木公園_012_s.jpg

171107_代々木公園_015_s.jpg

171107_代々木公園_016_s.jpg
代々木公園
171107_代々木公園_111_s.jpg

171107_代々木公園_123_s.jpg

171107_代々木公園_020_s.jpg

171107_代々木公園_122_s.jpg

171107_代々木公園_022_s.jpg

171107_代々木公園_023_s.jpg

171107_代々木公園_028_s.jpg

171107_代々木公園_030_s.jpg


171119_代々木公園_08_s.jpg

171107_代々木公園_119_s.jpg

171107_代々木公園_121_s.jpg

171107_代々木公園_138_s.jpg

171107_代々木公園_136_s.jpg

171107_代々木公園_141_s.jpg

171119_代々木公園_07_s.jpg

171107_代々木公園_143_s.jpg

171107_代々木公園_140_s.jpg

171107_代々木公園_145_s.jpg

171107_代々木公園_031_s.jpg

171107_代々木公園_025_s.jpg

171107_代々木公園_039_s.jpg

171107_代々木公園_155_s.jpg

171107_代々木公園_123_s.jpg

171107_代々木公園_132_s.jpg

171107_代々木公園_148_s.jpg

171107_代々木公園_040_s.jpg

171107_代々木公園_042_s.jpg

171107_代々木公園_043_s.jpg

171107_代々木公園_157_s.jpg

171107_代々木公園_154_s.jpg

171107_代々木公園_042_s.jpg

171119_代々木公園_26_s.jpg

171107_代々木公園_048_s.jpg

171119_代々木公園_13_s.jpg
スペインフェスタ―
171119_代々木公園_19_s.jpg

171119_代々木公園_21_s.jpg

171119_代々木公園_03_s.jpg
渋谷・東急デパート前のクリスマスツリー

171121_イルセ先生の水墨画_10_s.jpg
イルセ・ララ作品「秋の訪れ」の前で
171121_イルセ先生の水墨画_06_s.jpg
ララ・イルセ「ミニチュア―の世界}
日本パステル画事始め_s.jpg
日本・パステル画事始め
ル・コルビュジェとアイリーン_s.jpg
シネマ「ル・コルビュジエとアイリーン」
N響・第9_s.jpg

N響コンサート「第九」12月24日の演奏

posted by 森 すえ at 08:33| Comment(6) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

関東周辺をぐるり散策・美術館巡り&ダリア展

イラスト_0646.jpg

10月の秋は雨日が多かった。なんとひと月間のうち21日は降ったという。秋の青空を仰げるのはわずか。嫌になっちゃう〜と言いたいところ。だが、今年の10月は再び来ない、また帰ってこない月日を愛おしみ、雨から心に浮かぶちょっぴり寂しいイメージを、明るい言葉に、行動にしてゆかねば。どんな天候であろうとも、日々のなかで喜びを見出さねば・・・。

10月は結構、美術館巡りを楽しんだ。芸術作品を通して、夢想の内部に入り、感性と溶け合うのに感動する。鮮明に眼の中でまき散らす新しい希望や、半ば忘れられた喜びを、具象化されるのがたまらなく嬉しい。

東郷青児記念・損保ジャパン日本興亜美術館で「生誕120年東郷青児展」を鑑賞。抒情と美のテーマで約230点が展示されていた。見どころは、藤田嗣治と対で制作した百貨店の大装飾画など1930年代作品。激動の時代の画家の多彩な美術作品60点も展示されていたが、私は若かりし頃の東郷青児の油絵にぐっと惹かれた。

「オットー・ネーベル展」をBunkamuraザ・ミュージアムで鑑賞。スイス、ドイツで活躍した画家のオットー・ネーベルは、シャガール、クレーなど同時代の画風を追求し、取り入れながら独自の様式を確立していくプロセスの回顧展であった。絵具を細かく重ね合わせ、重厚性と色合いの輝きを醸す手法に画家の個性を観た。

東京国立博物館で「運慶展」を鑑賞。運慶は日本を代表する仏師。鎌倉幕府と運慶仏の霊験伝説をもとに信仰された関連作品には、運慶の父や息子の展示もあったが、運慶の像には最も動きがあり、気迫のこもった筋肉の動きが腰で止まっていた。ほんに魅了的!鑑賞するというより、人間的な仏さまと出会うという感覚であった。

新国立美術館で「安藤忠雄展」を鑑賞。半世紀に及ぶ挑戦の軌跡を回顧し、未来の展望に迫っていた。安藤忠雄さんは1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年より、「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタート。常に斬新な建築作品を創作し、1990年以降、環境再生、震災復興など社会活動にも取り組む。会場では「原点、住まい」「光」「余白の時間」「場所を読む」「あるものを生かしてないものを創る」「育てる」という6つのセクションに分かれていたが、「光の教会」などを観るにつけ、安藤さんは空白や空に惹かれる建築家に思えた。

私は何年か前、瀬戸内海の「直島」で安藤忠雄さんの、文化との豊かさと、無限の可能性を追求した建築に、強いインパクトを受けたのを覚えている。安藤忠雄さんは、2009年と14年には、がんの手術も受けられているが、今も国内外を駆けまわり、講師もこなされる。「人々の記憶に残り、あってよかったと思ってもらえるものをつくりたい」と語り、体と好奇心のメンテナンスを心がけ、新たな挑戦へ全力投球をされる姿に、ただ敬服し感動するのみである。

「ゴッホ展・巡り行く日本の夢」を東京都美術館で鑑賞。油彩画やデザイン約40点、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点など展示されていた。フィンセント・ファン・ゴッホは、パリ時代からアルル時代の全般に掛け、日本に高い関心を寄せていた。浮世絵や日本に関する文献からさまざまな刺激を受けながら、絵画表現を模索し、浮世絵版画の模写による油彩画を描いた。日本訪問は一度もなかったが、ゴッホにとって日本は創意の源であり、夢の国であった。ゴッホの日本への夢がこんなにも強く、深く巡っていたとは・・・。私は日本人として、感慨はかり知れない大きな喜びを感じる。ゴッホの死後、日本の芸術家や知識人がゴッホに憧れ、墓のある地、オーベル・シュル・オワーズを巡礼していたとか。

「北斎とジャポニスム展」を国立西洋美術館で観る。モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンなどおなじみの西洋画家の名作220点、北斎の錦絵約40点、版本約70点などが展示されていた。西洋画家が北斎の異文化との出会いによって生み出された芸術の傑作の数々を堪能。北斎の描いた人のポーズ、風景のリズム、自然の魅力、モチィーフなどが西洋画家の画風に強烈に反映されていたのに驚いた。なるほど!北斎が西洋に与えた衝撃はこんなにも大きかったのだ!と北斎の魅力を新たに感じた。

国立西洋美術館を後にし、友人と上野東照宮のぼたん苑へ回った。今年から初めて”秋のダリア展”を開催中というのでカメラを抱えいそいそ。先だって昭和記念公園でダリアの美にうっとりしたばかりだが、ダリヤもところ変われば品も変わってるかもしれない・・・。民家の軒先や庭先を想定した造園つくりに数輪のダリア、鮮やかな傘の下で微笑む大輪を見つめながら苑を回る。「ここのダリアは、ちょっぴりお澄ましして優雅ね、ホント、こんなにもいろいろな種類があるのね、あれれ、すごーく綺麗!」と、友人と話し合う。日本本来の風流が醸す美の雰囲気はやはり良い。

ダリアはメキシコ原産のキク科の植物で、日本には江戸時代に渡来した。牡丹に似ているということで「天竺牡丹」という和名があるが、「ダリア」の名は、スウェーデンの植物学者でリンネの弟子であったアンデシュ・ダール (Anders Dahl) にちなむとある。確かにダリアと牡丹はよく似ているね、と友人とにっこり。カラフルな花色と多様な咲き方をする130種300株のダリアを前に感慨深かった。苑のそばにある上野東照宮にお参り。

上野東照宮は徳川家康を祀る神社。牡丹が有名で冬と春に「ぼたん祭」が行われている。春、牡丹を鑑賞したので、秋のダリアをも観れて本当に良かった。宮内で写真をパチパチ撮っていると、お参りを済ませたメキシコ青年が、「お二人のツーショットを撮りましょうか?」とにっこり。そして一言二言の楽しい会話。秋のこの日、メキシコ原産のダリアと、若きメキシコ人に出会えて本当によかった。それに・・・ラッキーなことに、限定付きのダリアの押し印された御朱印もいただけたし・・・、おお、おお、この喜びよ!と、私は瞳の奥で歓声をあげていた。
          瞬間々々
          ダリアのあなたは静かに
         わたしを見つめている
         わたしの夢も願いも
         すべて見わたしている

         煩悩の苦しみ
         燃える憧れ
         何かに心が焼きつけられ
         わたしの魂が開けられ
         ほほえみつつ何かが消えいるのを
         ダリアのあなたは見つめている

         陽光がダリアの輪へと動くとき
        わたしの 内なる耀きも揺れうごく
    純粋な矛盾と喜びを感じつつ   
         ゆったりと深呼吸し
         ひざまずき
        伏し目がちに見るわたしを
         ダリアのあなたは見つめている

171104_上野公園_002_s.jpg上野公園
171104_上野公園_005_s.jpg
上野東照宮
171104_上野公園_006_s.jpg
ぼたん苑
171104_上野公園_008_s.jpg

171104_上野公園_010_s.jpg

171104_上野公園_039_s.jpg

171104_上野公園_023_s.jpg

171104_上野公園_017_s.jpg

171104_上野公園_022_s.jpg

171104_上野公園_037_s.jpg

171104_上野公園_030_s.jpg

171104_上野公園_031_s.jpg

171104_上野公園_034_s.jpg

171104_上野公園_040_s.jpg

171104_上野公園_044_s.jpg

171104_上野公園_049_s.jpg

171104_上野公園_045_s.jpg

171104_上野公園_058_s.jpg

171104_上野公園_070_s.jpg

171104_上野公園_075_s.jpg

171104_上野公園_079_s.jpg

171104_上野公園_080_s.jpg

171104_上野公園_086_s.jpg

171104_上野公園_087_s.jpg

171104_上野公園_090_s.jpg

171104_上野公園_093_s.jpg

171104_上野公園_094_s.jpg

171104_上野公園_097_s.jpg

171104_上野公園_113_s.jpg

171104_上野公園_098_s.jpg

171104_上野公園_110_s.jpg
願い事のメッセージ板
171104_上野公園_104_s.jpg
苑からの五重塔
171104_上野公園_122_s.jpg
東照宮内で
171104_上野公園_150_s.jpg
ダリアの押し印付きの御朱印
171104_上野公園_120_s.jpg

171104_上野公園_127_s.jpg
メキシコの青年と
171104_上野公園_135_s.jpg
上野公園で
オットーネーペル改訂版_s.jpg
オットー・ネーベル展
東郷青児_s.jpg
東郷青児生誕100年展
運慶1_s.jpg
運慶展
運慶3_s.jpg
運慶展
安藤忠雄_s.jpg
安藤忠雄展
ゴッホ1_s.jpg
ゴッホ展
ゴッホ2_s.jpg

171104_上野公園_143_s.jpg
北斎とジャポ二スム展
171104_上野公園_149_s.jpg
171104_上野公園_132_s.jpg
posted by 森 すえ at 04:02| Comment(6) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

富士山麓をぐるり散策(その2)カチカチ山&河口湖周辺

イラスト_0401.jpg
翌日の27日も晴天。日差しが高い梢の中からふりそそいでいる。それではカチカチ山(天上山)を登ってみょう〜と河口湖へ向かう。9時、湖畔から登山道に入り、急坂を登りだす。ほとんどの人は河口湖畔駅からロープウェイに乗り、富士見台駅まで行くので登山者はあまり見かけない。夏場だとトレーニングで駆け上がる学生や、三つ峠までトレッキングする登山者とすれ違うが、たいがいは私一人。で、のんびりと風景に溶け込みながら頂きを目指すが、実に爽快。小屋に滞在中、まるで習慣のように、カチカチ山登山をし、富士山と眼差しを交しているが、もう何回登ったのか?

40分後、天上の展望台に到着。ヤッホー!冠雪の大きな富士山が、大きな空の中で輝いている。雲が、光が、刻々と変化する舞台で、刻々と表情を変えている。瞬間、最高のシャッターチャンスと一枚。「天上の鐘」からも一枚。富士山と河口湖の絶景を目とカメラに収めた後、カチカチ山の名物、タヌキ団子をパクリ。うぃぃ〜幸せ!!

「ウサギ神社」をお参り。三つ峠の登山者や観光客の安全、健脚を祈願してうさぎの御神体をお祀りしているが、狛犬ならぬ「狛うさぎ」が2体おり、一体の「夢見兎」の頭をなでると知恵が、もう一体の「富士見兎」の脚をなでると健脚が授かるとある。私は兎の頭と脚をなでながら、これで知恵も健脚も授かったとぴょんぴょん。そしてもう少し奥地へと歩を進めた。

カチカチ山展望台(標高1,075メートル)の奥にある山道を15分ほどさらに登ったところが本来の天上山山頂。天上山は、かつては嘯山(うそぶきやま)とも呼ばれていたが、この嘯山の頂に小御嶽神社が祀られている。北麓農民が農閑期に、富士山に入山して木を伐り、角材・板材に木挽きを業としていたので、郷に残る家族は、入山者の無事を祈願するため、富士山の小御嶽神社と対峙するこの地を選び、分祀し、祈願所としたとある。
昨日、母の白滝でも小御嶽神社にお参りしたが、富士山五合目の小御嶽神社と対峙する山間に、いくつかの小御嶽神社があるのだろう。富士山を崇拝し、信仰し、愛でる人々の足跡がそこかしこに発見した思い。

晴天の下、多くの外国人が目立ったが、冠雪の富士と出会えて、みな満足げな表情だった。眼下に河口湖を望みながら下山へ。観光地として華やぐ湖畔をゆっくり巡ってみると、余りの美しさに魅入ることがある。江戸期の「富士山道しるべ」でも、甲州第一の大湖として河口湖からの富士山の眺望がたたえられている。古代には富士山は登る山ではなく、仰ぎみる霊山だった。噴火が鎮まり、富士登山の幕が下りても、富士山を遠くから望む素晴らしさを日本人は称えたとある。その富士山を、麓の湖水や桜、紅葉などの美しい自然とともに愛でる最高の展望地が河口湖だった。

滞在中、河口湖周辺を散策することが多いのも、湖畔周辺に根付いた文化、美術などが品よく華やかに開花しつつあるから。富士山を眺めながら、美術館やいくつかの自然公園、パン工房、洒落たレストラン、道の駅など巡っていると、都会にない幸せな気分になる。無論、温泉も癒しの根幹を担っているが。村の温泉で寛ぎなら、「なあ、ニンジンもっていきな〜」と大きな大きなニンジンを7本。こんな超サイズのを食べるのは初めてなので、こわごわ口にすると、わおぉ〜何のその、昔のニンジンの味がした。美味しすぎと、友達にもお裾分けを。また、大根、トウモロコシ、サンド豆・・・今年はキューりが豊作だったとかでたくさん頂いた。どの野菜も村の畑の香りがした。その香りを吸って吸って、感謝した。

29日、台風の影響で横やりの雨が降り続く中、帰京。振り向けば、冠雪の富士山か消えていた。おや、あの白いお山はまぼろしだったのかな?滞在中、たった二日間の豪奢な思い出がうそのように、富士山は逞しい山肌に変化していた。
           温顔  
          穏やかな顔、
         温かみのある顔
         人はそう感じ、
         その顔から安らぎを覚える

         笑顔は意識すればできる
         温顔は意のままに作れない
         人の心を解きほぐし
         人の優しさに触れていく顔
         かたくなに閉じた心を解放し
         委ねて任せたくなる人の顔

         温顔はその人の心の現れ
         美しく優しい顔
         広き心が内面から現われ
         ひきつける魅力ある顔
         オーラが漂う顔なのです

         温顔は車前草のよう
         人や車に踏まれても再生する
         生まれながらの気質
         温顔は車前草
         人に優しさを伝える道端の草
         土のぬくもりを与える雑草です

         優しさで周りを眺められたとき
         温顔は生まれる
         その人の心顔、仏顔なのです
         慈悲心が豊かになった時
         味のある顔、温顔が生まれる

         素晴らしい顔、魅力ある顔
         穏やかな顔の内面は
         慈悲心と利己心との戦い
         自己確立にうろたえる顔
         ああ、温顔は憧れの顔なのです

171027_カチカチ山_012_s.jpg
天上山(カチカチ山)展望台から
171027_カチカチ山_108_s.jpg

171027_カチカチ山_016_s.jpg

171027_カチカチ山_019_s.jpg
カチカチ山展望台
171027_カチカチ山_118_s.jpg

171027_カチカチ山_036_s.jpg

171027_カチカチ山_038_s.jpg

171027_カチカチ山_044_s.jpg

171027_カチカチ山_103_s.jpg

171027_カチカチ山_107_s.jpg

171027_カチカチ山_113_s.jpg
天上山(嘯山)の小御嶽神社
171027_カチカチ山_125_s.jpg

171027_カチカチ山_110_s.jpg

171027_カチカチ山_112_s.jpg

171027_カチカチ山_130_s.jpg

171027_カチカチ山_135_s.jpg

171027_カチカチ山_144_s.jpg

171027_カチカチ山_051_s.jpg

171027_カチカチ山_127_s.jpg

171027_カチカチ山_149_s.jpg

171027_カチカチ山_050_s.jpg

171027_カチカチ山_152_s.jpg

171027_カチカチ山_154_s.jpg

171027_カチカチ山_157_s.jpg

171027_カチカチ山_147_s.jpg

171027_カチカチ山_140_s.jpg

171027_カチカチ山_162_s.jpg
河口湖
171027_カチカチ山_062_s.jpg

171026_河口湖周辺_02_s.jpg
河口湖畔から
171026_河口湖周辺_03_s.jpg

171026_河口湖周辺_06_s.jpg

171026_河口湖周辺_13_s.jpg
六角堂
171026_河口湖周辺_20_s.jpg

171026_河口湖周辺_58_s.jpg

171026_河口湖周辺_60_s.jpg

171026_河口湖周辺_61_s.jpg

171026_河口湖周辺_08_s.jpg

171027_カチカチ山_165_s.jpg

171027_カチカチ山_137_s.jpg

171026_河口湖周辺_22_s.jpg

171026_河口湖周辺_71_s.jpg

171026_河口湖周辺_24_s.jpg

171026_河口湖周辺_76_s.jpg

171026_河口湖周辺_68_s.jpg

171026_河口湖周辺_69_s.jpg

171027_カチカチ山_168_s.jpg

171026_河口湖周辺_82_s.jpg
ビビンバ
171026_河口湖周辺_83_s.jpg
おむすび定食
posted by 森 すえ at 01:45| Comment(8) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

富士山麓をぐるり散策(その1)大石公園&鳴沢村の秋模様

イラスト_0400.jpg

10月の後半、二つの大きな台風に見舞われた。21号と22号は週末にかけて雨、風を伴い日本を通過。やれやれ、秋空の下、富士山麓を散策する予定も大いに崩れ、今回は台風の通過を待ち、24日、爽やか夢を求め富士山麓の小屋へと向かった・・・。ヤッホーって叫びたいところだが、こちらでもぱっとしない天候で気分も紅潮しない。そうだ!!先ずウオークをするに限ると村一周をてくてく。夕方、久しぶりに村の温泉で顔なじみの仲間と談笑。やっと「赤い心」が蘇った。

翌日も雨だったが、卓球仲間とラリーを楽しみ心は晴天。午後から、村の運動クラブへと。お手玉や、ボールで全身を動かし心身のバランスをとった。そう、思い通りにならない、だから向き合った仲間と体を動かすチャンスに嬉し涙と、心地よい汗を流した。ちょっぴり疲れたが楽しかった。

26日、晴天。冠雪の富士山が現れた。待ちに待った雄々しき姿にニッコリ。さあ、五合目に行こう〜。奥庭やお中道から富士の秋模様を眺めたいとスバルラインへと突入。が、雪のため4合目までしか登れないと言われ、5合目近くにある奥庭へは通行止めだった。残念だが仕方がない。富士山の秋は黄色が主体。ダケカンバがすっかり葉を落としたころ、カラマツがきらきらと輝き落葉を始める。昨秋、五合目のお中道をウオークした時、黄葉したカラマツを林越しに臨んだ神々しき富士山頂が目に浮かぶ。ミズナラ、シラビソ、オンダテ、コケモモなどが生えるお中道は天と地の境目、その中をさまよいながら、富士山と会話し触れ合ったのが懐かしい。

それでは河口浅間神社から母の白滝へ回ろうと予定変更。富士山信仰の対象と芸術の源泉の構成資産として、世界文化遺産に登録されいる河口浅間神社だが、歴史の始まりは、富士山の噴火を鎮めるため建立された864年から。境内に7本のスギの御神木があるが、これらの杉はいずれも樹齢1,200年に及ぶ巨木で、山梨県指定の天然記念物になっている。
また、杉、檜、つが、けやき、もみ(樹齢800年を超える)松、栃、などが百本以上もあり、境内は荘厳で厳粛な雰囲気を醸している。小屋に滞在中、必ず一度はお参りをするお気に入りの河口浅間神社である。

奥山にある母の白滝へと。母の白滝神社は河口浅間神社の末社で、富士山五合目にある冨士山小御嶽(ふじさんこみたけ)神社より分祀し建立された。富士山を正面に見据える立地にあり、展望台からの眺めは素晴らしい。おりしも昨夜、雪が降り真っ白な富士山だった。母の白滝も、連続的に降り続いた雨で水かさが増え、しぶきをあげながら流れる姿に思わず後ずさり。 平安時代から、富士登山者が登山の前に身を清めていた場所でもあり、マイナスイオンが満ちるパワースポットある。

河口湖湖畔をぐるりと散策開始。先ず大石公園へ。全長350メートルの花街道をゆっくり歩いていると、紅葉したコキアに出会い嬉しくなる。まさに紅い秋色風景で心も安らぐ。外国人が多く訪れる大石公園だが、晴天の日ならでわの明るさが漂っている。遠くで近くで、富士山と花を交互に見つめながら、歓喜のささやきの分かち合いが聞こえる。そして私は、その光景につられ同じ言葉を、違った風に強調している。おぉぉ〜いいね。晴れ間のひと時、心の傾きにさらされて湖を一回りし、昼食を楽しんだ後、再び村周辺で小さな秋色の発見を楽しんだ。夕刻、温泉「ゆらり」で富士を眺めながらまったり。今日の散策は富士山と共にあったのだった。

     やがて風雨は一休み

    林を吹き抜ける風は
    やがて杉の木を叩き
    私の胸をも吹き抜ける
    神が宿ると信じるススキが原
    赤松の木々も散策路に集まり
    誰も通らない神秘な空間を
    風は忍ぶように渦巻き吹き通る

    私の手も顔も紅く染まる秋模様
    その手にぽつぽつ降る雨
    見れば
    しずくで雑木林の木肌や
    赤い葉、青い葉もつややかなれど
    降り続いた雨も一休み
    やがて、山路は風景の中で輝きをます


171024_別荘周辺_113_s.jpg鳴沢村周辺の秋模様
171024_別荘周辺_112_s.jpg

171024_別荘周辺_119_s.jpg

171024_別荘周辺_115_s.jpg

171024_別荘周辺_109_s.jpg

171024_別荘周辺_108_s.jpg

171024_別荘周辺_106_s.jpg

171026_母の白滝_71_s.jpg

171024_別荘周辺_120_s.jpg

171024_別荘周辺_122_s.jpg

171024_別荘周辺_124_s.jpg

171026_別荘周辺_002_s.jpg

171026_別荘周辺_135_s.jpg

171026_別荘周辺_003_s.jpg

171026_別荘周辺_140_s.jpg

171027_別荘周辺_146_s.jpg

171026_別荘周辺_127_s.jpg

171026_別荘周辺_134_s.jpg
富士スバルライン

171026_大石公園_01_s.jpg
河口湖周辺・大石公園
171026_大石公園_15_s.jpg

171026_大石公園_17_s.jpg

171026_大石公園_64_s.jpg

171026_大石公園_65_s.jpg

171026_大石公園_70_s.jpg

171026_大石公園_57_s.jpg

171026_大石公園_69_s.jpg

171026_大石公園_71_s.jpg

171026_大石公園_19_s.jpg

171026_母の白滝_05_s.jpg
母の白滝展望台

171026_母の白滝_08_s.jpg

171026_母の白滝_66_s.jpg
母の白滝
171026_母の白滝_69_s.jpg

171026_母の白滝_70_s.jpg

171026_母の白滝_13_s.jpg

171026_母の白滝_78_s.jpg

171026_母の白滝_79_s.jpg

171026_母の白滝_82_s.jpg
河口浅間神社
171026_母の白滝_85_s.jpg
七本杉
171026_母の白滝_87_s.jpg
諏訪神社
171026_母の白滝_89_s.jpg
河口浅間神社の境内
171026_母の白滝_73_s.jpg

posted by 森 すえ at 01:01| Comment(6) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする