2017年05月02日

関東周辺をぐるり散策・昭和記念公園へ

イラスト_0349.jpg

4月下旬、まだまだ春爛漫ながら、若葉色が鮮やかに目に映る良き頃。そんな情景を部屋から眺めると、気持ちが浮き浮きとなり、自分の姿をうちに閉じ込めていられなくなる。ああ、チューリップが見たいなぁ〜、穏やかな空間に赤、白、黄色の輝きがいっぱい溢れているのを想像すると、早、意識は昭和記念公園へ・・・。

四季折々の花に惹かれ何度も訪れている公園だが、一向に飽きない。言わばわが庭の感覚でリラックスできるからかもしれないが、東京ドームの約40倍の広大な敷地内でお花見ができるのは嬉しい。風もなく、穏やかな晴天の下、広場や森を中心に約20万株のチューリップも鮮やかに咲いている。チューリップの見ごろは4月下旬。だが今年の開花は早かったのか、見頃は過ぎ、全体的な新鮮味はやや薄れてるって感じだが、それでも遅咲きが目いっぱいに輝く池周辺には、美と香りの余韻が十分に残っている。そう、鮮やかな色彩が水面でいきいきと蘇り、鳥たちが横切って飛ぶ空間には子どもたちの幸福そうな姿が飛び跳ねていた。

愛らしいアイスランドポピー、ムスカリ、ムラサキハナナ、スイセン、川沿いの菜の花も、圧倒的なボリュームで人々に感動を与えている。・・・ 私は思う。花の可憐さに添える言葉は・・・もういらないと。さあ、のんびり花を見つめよう〜。チューリップの周りに集う人たちにまじり、私も花を愛し、花に愛されよう〜。
            春の公園で

        大空の光をうけて輝く春の花
        広場の中央で、丘の上で、川沿いの石の影で
        清らかに、やさしく、鮮やかに微笑み、
        崖の下で、橋のたもとで、遠景のなかで
        春の命が、今、生きている。
        そう、すべての美が近くで、遠くで見え
        急にひろびろと視界が無限大!
        ああ、昼下がりの公園内を
        いつもと違った歩き方をしてみょう〜

170425_昭和記念公園_005_s.jpg昭和記念公園
170425_昭和記念公園_007_s.jpg

170425_昭和記念公園_010_s.jpg

170425_昭和記念公園_006_s.jpg

170425_昭和記念公園_013_s.jpg

170425_昭和記念公園_049_s.jpg

170425_昭和記念公園_019_s.jpg

170425_昭和記念公園_020_s.jpg

170425_昭和記念公園_023_s.jpg

170425_昭和記念公園_029_s.jpg

170425_昭和記念公園_026_s.jpg
ハーブ園で
170425_昭和記念公園_034_s.jpg

170425_昭和記念公園_039_s.jpg

170425_昭和記念公園_044_s.jpg

170425_昭和記念公園_050_s.jpg

170425_昭和記念公園_051_s.jpg

170425_昭和記念公園_150_s.jpg
みんなの広場で
170425_昭和記念公園_054_s.jpg

170425_昭和記念公園_086_s.jpg

170425_昭和記念公園_089_s.jpg

170425_昭和記念公園_079_s.jpg

170425_昭和記念公園_065_s.jpg

170425_昭和記念公園_073_s.jpg

170425_昭和記念公園_082_s.jpg

170425_昭和記念公園_059_s.jpg

170425_昭和記念公園_062_s.jpg

170425_昭和記念公園_084_s.jpg

170425_昭和記念公園_159_s.jpg

170425_昭和記念公園_147_s.jpg

170425_昭和記念公園_090_s.jpg

170425_昭和記念公園_094_s.jpg

170425_昭和記念公園_091_s.jpg

170425_昭和記念公園_106_s.jpg

170425_昭和記念公園_101_s.jpg


170425_昭和記念公園_098_s.jpg

170425_昭和記念公園_096_s.jpg

170425_昭和記念公園_110_s.jpg

170425_昭和記念公園_119_s.jpg

170425_昭和記念公園_126_s.jpg
江戸末期から幕末まで松下領の名主を務めた石井家住宅
170425_昭和記念公園_136_s.jpg

170425_昭和記念公園_131_s.jpg

170425_昭和記念公園_138_s.jpg
170425_昭和記念公園_139_s.jpg

170425_昭和記念公園_152_s.jpg

170425_昭和記念公園_109_s.jpg

posted by 森 すえ at 06:18| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  昭和公園確か自宅から遠かったですよね〜〜

  春の公園色んな花が咲き乱れ、心身ともにウキウキする時期で

  すが、昭和公園は特に広いので楽しみが満載ですね^^

  全ての花がお喋りしたら、すーさん忙しくお花さんたちと

  お喋りにはながさくでしようね(*^_^*)



       春の公園

 そんな感じで歩いたことないので、植物園歩いてみましょう〜〜

 
Posted by ねね at 2017年05月02日 06:27
昭和公園は初めて拝見します!
すごいチューリップ郡に圧倒されました。
そしていろんな花々が咲き誇り、本当に素晴らしい〜。
詩の中の一節に「春の命が、今、生きている。」とありますが、まさにそのとおりだと思いました。
公園に集う若者たち、茅葺の家がとても風情を醸し出します。
今日も元気を貰いました。いつもありがとうございます。
次回も楽しみに待っています!
Posted by ゼンタロウ at 2017年05月02日 06:56
ねねさま

早速にチューリップ公園にお越しくださってありがとうございます。
はい、昭和公園確は自宅から少し遠いのですが足を延ばす価値ある公園ですね。誰しもが気持ち良く過ごせる公園と言われます。私も自然いっぱいのこの園に魅力を感じています。そうそ、楽しみ満載の公園ですね。ほっほ、無論、全ての花とお喋りしながらも、その時の人との出会に一期一会のおしゃべりも楽しんでいます。その日も私の写真を撮ってくださった女性と話に花を咲かせました。
ねねさん、さわやかな今日この頃、どうぞ植物園へお出かけくださいね。
 
Posted by 森 すえ at 2017年05月02日 08:14
ゼンタロウさま

早速にチューリップ畑へお越しくださってありがとうございます。
この時期、チューリップが咲き誇る風景に私も圧倒されました。本当に素晴らしい〜、ですよね!!そうそ、まさに詩の「春の命が、今、生きている。」って感じでした。茅葺の家を今回初めて見ましたが、こいのぼりともマッチングしてとても風情を醸し出していました。5月5日はこどもの日、さわやかな季節の到来ですね。うきうきとする日々、どうぞお元気でお過ごしください。次回の更新は少し先になりますが、是非ご覧くださいね。
Posted by 森 すえ at 2017年05月02日 08:24

こんにちは!
昭和記念公園 の 素晴らしいチューリップの花をはじめ『 大空の光をうけて輝く春の花 』を十分堪能させて頂きましたよ!
誠に有難うございました。
Posted by osamu at 2017年05月02日 19:04
行こう行こうと言いつつ、なかなか実現していない一つがこの昭和記念公園なんですが、写真から伝わる広大さ、いつか本当に行かなきゃ。それにしても、こことは光の量が違う、温かさが違うのが写真からも伝わってきます。花も、光が十分あたって、温かいと、咲き方も豪快になるんですね。チューリップは、最近、こちらでも人気上昇で、公園でも、炉端の花やでもよーく見かけるんですよ。でも、ここまで一斉に咲き誇っているのを見るのは、まだなかったですね〜 さすがです。
Posted by Kasia at 2017年05月03日 04:37
osamuさま


早速にご覧くださってありがとうございます。
大体毎年出かけている昭和記念公園ですが、今春も春の花を愛でに行きました。太陽がいっぱい、きれいな花もいっぱい、人もいっぱい集う公園でゆったり寛いできました。ご一緒に楽しんでいただきとても嬉しいです。感謝!
Posted by 森 すえ at 2017年05月03日 05:27
kasiaさま

こんにちは。先だってはお手紙をお送りくださってありがとうございました。いつものことながら友人の温かさにに感謝しています。
昭和記念公園には一度行ってみる価値はありますよ。いつかご一緒しましたよう。富士山麓でもチューリップは咲いていましたがこんなにも群生していませんね。そうそ、ここの公園はさす光の明るさ、花の数が抜群に洗礼されているようで圧倒されます。美の集結って感じです。素晴らしいですね!ボランチァさんも一緒に手入れをされ、みんなで盛り上げている公園ですがとても自然的で気持ちがいいです。
Posted by 森 すえ at 2017年05月03日 05:40
樹木の新緑と華やかに咲き競う姿に圧倒される思いがします。体調悪くて自宅で養生しておりますので、いつもにまして森さんのお元気ぶりがうらやましいです。
Posted by ヒロキ at 2017年05月03日 10:46
ヒロキさま

ご覧くださってありがとうございます。
体調がお悪いところお越し頂き申し訳ございません。
ご自宅で養生されてる由、一日も早くご回復されるように、そして、いつものお元気なお姿で、さあ〜行ってきます。と旅支度をされることを切に願っております。どうぞご自愛くださいませ。

Posted by 森 すえ at 2017年05月03日 11:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: