2017年09月12日

北海道への旅(その1)支笏湖〜洞爺湖へ

イラスト_0327.jpg
9月7日、旅に心を求めて北海度へ2泊3日の旅へ。羽田空港を飛び立った飛行機は1時間半後、新千歳空港に着陸。あれれ、思ったより暑いと感じながらバスに乗り込み、先ずは千歳市にある支笏湖(しこつこ)へ。

支笏湖は、琵琶湖に次いで2番目の貯水量を持つカルデラ湖。最大水深363mで日本で2番目に深い湖(一番深い湖は田沢湖(たざわこ)で最大水深423m)。また、支笏湖は、カルデラ湖としても道東の屈斜路湖(くつしゃろこ)に次いでの2番目と、全国2番目の冠がつく湖である。

支笏湖をぐるり取り巻くように、恵庭岳(えにわだけ)風不死岳(ふっぷしだけ)樽前山(たるまえさん)の三山が聳え、風光明媚な湖をさらに盛り上げる。コバルトブルーの水中を眺めよう〜と、観光船に乗船。湖の水面下には「柱状節理(ちゅうじょうせつり)の、切り立った崖のような光景が広がっている。これはカルデラ生成時に、マグマが急激に冷やされ収縮した際にできた割れ間で、荒々しい岩の造形美はカルデラ湖の特徴。水中で陸地で崖が迫る光景には美と迫力がある。運がよければヒメマスも見れるとか?あぁぁ群れだって泳いでる魚?スピードが速くてわからない〜。

湖をかこむ緑の自然とブルーの湖水のコントラストが何とも言えない美の雰囲気を醸していた。支笏湖観光を存分に楽しんだあと、さらに西部に位置する洞爺湖へと。洞爺湖の面積は日本で9番目、カルデラ湖としては屈斜路湖、支笏湖に次いで日本で3番目の大きさでほぼ円形の湖。洞爺湖を眺めるのは、今回の旅が初めてではなく、昨年も旅の途中、支笏洞爺国立公園を通過しながら、洞爺湖を取り囲む道を歩いてみたくなったのを思い出す。澄み渡った道の上で、樹々の穏やかな影の戯れる風情を息もつかずに眺めていたのが懐かしい。前方に見隠れする有珠山・昭和新山を追いかけながら、湯けむりに包まれながら洞爺・湖畔亭に入った。

湖の中央に浮かぶ4つの島をまとめて中島と呼ばれる。これは5万年前の火山噴火に伴って形成された溶岩ドームと火砕丘の集まり。中島にはエゾシカが多数生息しているが、元来島に生息していたものではなく、日高地方から1957年にオス1頭、翌年、メス1頭がこの島に導入されたことから増えたが、食料となる島内の植物の減少により、数の増減を繰り返しているそう。さて鹿ちゃん、今、仲間は多いの?少ないの?

洞爺湖といえば、2008年、「第34回主要国首脳会議」(北海道洞爺湖サミット)が、洞爺湖町の山の上にあるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパを会場にして開催された。立地が山頂にあるので、眺めが良く、美しい湖や迫力ある火山などダイナミックな自然を間近で体感できる観光スポットが選ばれたのも合点がいく。が、霧が出やすい場所。サミット中も洞爺湖は霧につつまれ見えなかったとか・・・。その夜、洞爺湖の絶景を堪能した。湖上32mの露天風呂から洞爺湖、きらきら輝く星をながめながら身も心もリラックス。まさに天空のお風呂だよ〜と至福のため息。

20 時30 分に出港する花火遊覧船「エスポワール」号に乗船し花火クルーズへ。湖に浮かべた船上から、次から次へと大輪の花を夜空に咲かせるが、遊覧船は花火打ち上げ船と共に移動するので見ごたえがある。水面に映る花火と、夜空の花火がドドド〜と交互に打ち上げられたび、湖岸から「わぉ〜」と歓声が起こり、船上からも「うおぉ〜」と呼応する。水面で扇形に広がる水中花火が描く瞬間、胸がキュンとなった。この感動、いつか、あの時の花火も良かったね、と思いだすに違いない。・・・華麗な花火が消え去り、やがて月と星が輝くしじまの宇宙が広がっていった。

翌朝、洞爺湖温泉を後にし、伊達インターチェンジから中央自動車道へと入り、室蘭〜登別〜苫小牧〜千歳〜夕張を通過し、占冠(しむかっぷ)方面へ。そこからバスは富良野へと向きを変え北上した。
             緑の光景

            そこで私は、小さな花をかき分け
            湖がよく見える樹々の中へ
            緑よ 緑の風よ 緑の水面よ
            私は緑の一葉を口の中へいれ
            奇妙な味をかみ締めながら
            さらに、湖を追っかける

            若者は対岸の山を求め
            緑の葉と緑の花にからまれながら
            鈍い光を放つ頂きを瞳のなかへ
            緑よ 緑の風よ 緑の山よ

            二人は同じ空間を見つめ
            異なる緑を追い求めながら
            これから何度生き生きした緑に出会えるのか
            と、湖と山の麓で緑を追っかける

170907_北海道旅行_002_s.jpg


170907_北海道旅行_511_s.jpg支笏湖
170907_北海道旅行_008_s.jpg
風不死岳(ふっぷしだけ)
170907_北海道旅行_514_s.jpg

170907_北海道旅行_505_s.jpg

170907_北海道旅行_517_s.jpg

170907_北海道旅行_515_s.jpg

170907_北海道旅行_031_s.jpg

170907_北海道旅行_012_s.jpg
観光船
170907_北海道旅行_018_s.jpg

170907_北海道旅行_518_s.jpg

170907_北海道旅行_020_s.jpg

170907_北海道旅行_527_s.jpg

170907_北海道旅行_537_s.jpg

170907_北海道旅行_523_s.jpg
柱状節理(ちゅうじょうせつり)
170907_北海道旅行_529_s.jpg

170907_北海道旅行_025_s.jpg

柱状節理(ちゅうじょうせつり)
170907_北海道旅行_028_s.jpg

170907_北海道旅行_540_s.jpg

ヒメマス
170907_北海道旅行_035_s.jpg

170907_北海道旅行_042_s.jpg

170907_北海道旅行_538_s.jpg

170907_北海道旅行_543_s.jpg
熊の敷物
170907_北海道旅行_037_s.jpg

170907_北海道旅行_546_s.jpg
烏のポーズ
170907_北海道旅行_545_s.jpg
ナナカマドの木
170907_北海道旅行_508_s.jpg  
  
170907_北海道旅行_057_s.jpg
夕暮れの洞爺湖
170907_北海道旅行_053_s.jpg
観光バスの2号車の添乗員さんと
170907_北海道旅行_058_s.jpg

170907_北海道旅行_049_s.jpg

170907_北海道旅行_064_s.jpg
洞爺・湖畔亭
170907_北海道旅行_557_s.jpg

170907_北海道旅行_565_s.jpg
洞爺湖・花火遊覧船「エスポワール」号
170907_北海道旅行_078_s.jpg

170907_北海道旅行_605_s.jpg

170907_北海道旅行_621_s.jpg

170907_北海道旅行_140_s.jpg

170907_北海道旅行_111_s.jpg

170907_北海道旅行_609_s.jpg

170907_北海道旅行_587_s.jpg

170907_北海道旅行_627_s.jpg

170907_北海道旅行_093_s.jpg

170908_北海道旅行_634_s.jpg
洞爺湖の朝明け
170908_北海道旅行_638_s.jpg
朝明けの中島
posted by 森 すえ at 08:44| Comment(12) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする