2017年07月16日

関東周辺をぐるりと散策・上野公園の不忍池(しのばずのいけ)

イラスト_0264.jpg

暑い夏、「熱中症対策を十分にして出かけてください」とテレビで度々放映されている。そう、東京は猛暑のるつぼにはまったような日々。家にいても暑い、外に出ても同じ。ならば楽しみを求め暑い中で楽しもう〜と上野公園に向かった。今、夏の風物詩として、多くの人々に愛されている不忍池の蓮が満開中。その美しい花に両手をさしだしながら謳歌しよう〜。

不忍池は、上野公園内の南西部に位置し、周囲は約2キロ、池の面積は約11万平米。池の中央に島が築かれ、国家の安全と人々の福寿円満の祈祷のため弁財天が建立された、その当時、参詣者は舟で往復したが、1670年頃、参道の陸橋ができた。その結果、池は3つ(蓮池・ボート池・鵜の池)に分かれている。池の広さは、戦争中食糧難のため田んぼに変えられたりで、次第に埋め立てられ、現在では昔の約三分の二。蓮の鑑賞できる池は「蓮池」と「鵜の池」のみで「ボート池」に蓮はない。

7月11日、晴れ。蓮を見よう〜と、友人と弁天堂で11時に待ち合わせをした。蓮の開花時間は早朝。朝の6時頃が見頃だが、私が不忍池に着いたのは8時30分。うおぉ〜ラッキ!!つぼみ、満開の蓮が憂いなく美しく、支えきれないほどの葉っぱの上で、下で、隙間で輝いている。

蓮の花は、早朝花を開き、昼前後には閉じる。蓮の花の命は4日ないし3日間で儚い命である。見れば、新鮮な顔つきで優雅に咲いているのや、すでに大きく花を咲かせた後、つぼみとなっているのや、何日かの開花を終え、花びらを閉じる力もなく散りつつあるのもあり・・・とさまざまだが、さすが江戸時代より浮世絵に描かれたほどの不忍池の蓮。どの蓮の表情にも風情があり、優雅な輝きが池に解き放たれている。

「ひらいたひらいた」というわらべ歌に「れんげの花が開いたと思ったら、いつのまにかつぼんだ」、そして「れんげの花がつぼんだと思ったら、いつのまにか開いた」と、れんげ草の特徴をよく表わしているが、れんげの名は「蓮」の花に似た草というイメージで名がついたそうだから、まさに開いては閉じ、閉じては開くを繰り返す蓮の歌のよう〜。

寛永寺から参道橋を渡り弁天堂へ向かう周辺にいくつかの碑が立ってる。先ず、参道入口から20mほど左側に行った植え込みの中に「駅伝発祥の地(記念碑」が。不忍池が日本で初めて行われた駅伝競走のゴール地点だったことから、この地に立っている。次に「めがね之碑」がある。 眼鏡が日本に渡来したのは約420年前のこと。文化の発達につれてめがねの需要も増し、文化、政治、経済に大いに役立った。 明治百年を記念してその功績に感謝の念をこめ碑が建立された。そのほか「暦塚」「烏塚」「包丁塚」・・・など面白い石塚がある。

上野動物園の門は「表門」「池之端門」「弁天門」の三か所。弁天門はこれまで出口専用だったが、7月11日から出入口門としてスタートした。おりしも私が弁天門のそばを通った日でもあった。鵜の池は動物園内にあることもあり、私は蓮を撮るために弁天門から入園した。陽を浴びながら、揺れ動く蓮の花のなんと美しいこと。間もなく太陽が湧きたち、熱射が当たり、花びらは閉じられるだろう。蓮は誰に向かって咲いてるわけではないが、今は見知らぬ私一人のために美が輝いていると思えた。

ついでにパンダも見ようと急いでモノレールに乗り東園へ。リーリーが元気よくささを食べている。うい〜、もうすぐ赤ちゃんパンダもお披露目されるだろう〜。楽しみ楽しみ。さあ、友人が待っている弁天堂へ行こうと、急ぎ足でイソップ橋を渡り弁天門へと戻った。

友人とレストランでピザ&コーヒでの至福時を過ごした後、友人は歌舞伎が観たいと銀座へ向かった。私は国立西洋美術館で開催中の「アルチンボルト展」の鑑賞へと。だまし絵的な描き方の特殊さに魅了され、奇妙さに圧倒された。花、果物、動物の組み合わせ方、線の正確さなど一つひとつの描写はまさに科学的。「さあ、謎解きの世界へ」のキャッチフレーズに魅かれ興味津々と眺めたが、画家の技術力はやはり半端ではなかった。ユニークと感動しながら、ふと思った。もし、蓮の花を具現化しただまし絵であれば・・・

         夢の創り花
      蓮の花に愛があり
      揺さぶられるいとおしさがある
      つぼみの中に夢があり
      不思議な出会いの一瞬がある

      蓮の花にあなたの顔があり
      微笑む奥ゆかしさがある
      夢の創り花に蓮がよく似合い
      想いに馳せる雰囲気がある

      愛で包まれた創り花
      それは池の蓮
      夢と蓮にあなたの人柄が映り
      夏、二つの想いの息が合う

170711_上野公園_004_s.jpg
上野寛永寺
170711_上野公園_009_s.jpg
  渡り参道から弁天堂へ
170711_上野公園_024_s.jpg
不忍池の蓮
170711_上野公園_012_s.jpg

170711_上野公園_022_s.jpg

170711_上野公園_031_s.jpg

170711_上野公園_033_s.jpg

170711_上野公園_046_s.jpg

170711_上野公園_043_s.jpg

170711_上野公園_040_s.jpg

170711_上野公園_053_s.jpg

170711_上野公園_058_s.jpg
弁才天
170711_上野公園_091_s.jpg
大黒天堂
170711_上野公園_059_s.jpg
暦塚
170711_上野公園_047_s.jpg
眼鏡の碑
170711_上野公園_062_s.jpg
烏塚
170711_上野公園_064_s.jpg
包丁塚
170711_上野公園_181_s.jpg

駅伝発祥の地(記念碑)
170711_上野公園_065_s.jpg


170711_上野公園_075_s.jpg

170711_上野公園_076_s.jpg

170711_上野公園_102_s.jpg

170711_上野公園_086_s.jpg

170711_上野公園_100_s.jpg

170711_上野公園_104_s.jpg

170711_上野公園_093_s.jpg
上野動物園・弁天門
170711_上野公園_096_s.jpg

170711_上野公園_099_s.jpg
上野動物園・西園
170711_上野公園_105_s.jpg

170711_上野公園_122_s.jpg

170711_上野公園_118_s.jpg
ウオキツネザル
170711_上野公園_129_s.jpg
ペンギン
170711_上野公園_132_s.jpg
フラミンゴ
170711_上野公園_141_s.jpg
モノレール
170711_上野公園_150_s.jpg
寛永寺の五重塔
170711_上野公園_154_s.jpg
パンダの赤ちゃんの成長記録
170711_上野公園_160_s.jpg
リーリー
170711_上野公園_169_s.jpg
動物園からの不忍池
170711_上野公園_174_s.jpg
二ホンコウノトリ
170711_上野公園_177_s.jpg

170711_上野公園_183_s.jpg
不忍池(ボート池)
170711_上野公園_186_s.jpg
170711_上野公園_192_s.jpg
国立西洋美術館・アルチンボルト展
170711_上野公園_194_s.jpg

170711_上野公園_207_s.jpg
posted by 森 すえ at 14:23| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする