2017年05月28日

オレゴンへの旅(その2)シーサイド水族館

イラスト_0721.jpg
オレゴン滞在の3日目、フォート・クラットソップ砦 へ向かった。砦の歴史は独立後間もない時期、合衆国大統領ジェファーソンがルイス&クラーク探検隊に「大陸の分水嶺を越え太平洋に出よ」と命令をしたことから始まる。1805年11月、一行34名は出発から1年半の苦難の末、ロッキー山脈を越え太平洋にたどり着いたあと、コロンビア川の河口の地、アストリアで冬を越した。

ダグラス・ファーの森の中に砦を築き、この地の先住民の部族名にちなんで「フォート・クラットソップ」と名付ける。1805〜1806年の冬の4カ月間、アストリア周辺の地理を調べ、地図を作り、帰路の旅支度を整え、彼らが起居したところがフォート・クラットソップ砦だった。やがて砦は森の中で朽ち果てたが、1955年に往時の砦の姿に忠実に復元されて国定史跡に指定された。ビジター・センターを中心にルイス&クラーク探検隊の当時の様子が再現されているが、半世紀、このアメリカ建国史の貴重なモニュメントにはたくさんの人々が訪れている。私たちも二度訪れた。

今回はセンターでハイキング用の品々を購入したあとピクニックを楽しんだ。その後、娘と私は10キロのハイキングへと。二年前にハイキングをした時もカメラは持たなかったが、今回もNO。目線を何処へということもなく、自然にゆだねながらウオークに溶け込んだ。小川、丘、ジャングルの森林風景を見つめながら・・・10キロの終わりは草紅葉の草原だった。風車のまわりで草をかむ牛たち、水辺で群生するカナダガン。顔に白いラインが入り、頭と首が黒く体が茶色の羽で覆われた美しい雁を見た時、ややっ、写真を撮りたいな〜と無性に思ったが・・・。感動する光景にハイキングの醍醐味を実感した後、海岸を散策。静かに流れよる波の合間に貝殻がまぶしく光っていた。

翌日、アストリアでインド料理を堪能し、アートチック店で古い時計を眺めたりしながら散策を楽しんだ。翌日は雨。それではシーサイド水族館へ行って「津波フイッシュ」と再会しょうってことに。実は2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と、それに伴い発生したのが津波だった。その津波にさらわれたボートとみられる残骸(ざんがい)がオレゴンの西海岸で見つかり、船からは生きた魚が発見されたのだった。津波フイッシュと名づけられたその魚は、6400キロも離れた場所まで漂流を続けていたわけである。その後3年余り水族館で生きていたのだが・・・。

2014年の春、私たちはその生命力ある魚を水族館で見たのだった。あらゆるものの中を逞しく通り抜けてきた魚のパワーに驚きながら愛おしさに胸が詰まったのを覚えている。今回も津波フイッシュに会うためであったが、魚は2年ほど前に亡くなり、あのとき見つめた魚はもう遠い存在になっていた。5年ほど生きていた津波フイッシュは海へ向かってかえっていったのだろう。津波フイッシュの魂よ永遠なれ!七色の貝殻を君に贈るよ!

水族館には新しい歓喜を誘うカラフルな魚たちが泳いでいた。それぞれの生きものが生気づいていた。こじんまりとした水族館だが、人々の好奇の目線を海へと誘うような雰囲気を漂わせていた。ひと時の心地よさを感じながら海辺へと向かった。
       
         あなたも今、動く
     熱く感じたいから
     こころは風に吹かれゆく
     遠くで合図し続け、かの地で燃えるため
     魂を清めたいから
     こころは川にながれゆく
     停止することなく、青い海に混ざるため
     知ってみたいから
     こころは目覚めゆく
     祈りのなかで、やさしさを伝えるため

イラスト_0216_s.jpg170510_オレゴン旅行_059_s.jpg フォート・クラットソップ砦
170510_オレゴン旅行_417_s.jpg

170510_オレゴン旅行_418_s.jpg

170510_オレゴン旅行_058_s.jpg

170510_オレゴン旅行_421_s.jpg

170510_オレゴン旅行_428_s.jpg

170510_オレゴン旅行_419_s.jpg

170510_オレゴン旅行_430_s.jpg

140514_米オレゴン旅行_1728_s.jpg

170510_オレゴン旅行_063_s.jpg

170511_オレゴン旅行_441_s.jpg

170511_オレゴン旅行_442_s.jpg

170511_オレゴン旅行_445_s.jpg

170512_オレゴン旅行_542_s.jpg
シーサイド水族館
170512_オレゴン旅行_452_s.jpg
シーサイド水族館
170512_オレゴン旅行_456_s.jpg
アザラシ
170512_オレゴン旅行_450_s.jpg

170512_オレゴン旅行_460_s.jpg

170512_オレゴン旅行_461_s.jpg

170512_オレゴン旅行_462_s.jpg

170512_オレゴン旅行_464_s.jpg

170512_オレゴン旅行_465_s.jpg

170512_オレゴン旅行_468_s.jpg

170512_オレゴン旅行_470_s.jpg

170512_オレゴン旅行_476_s.jpg

170512_オレゴン旅行_477_s.jpg

170512_オレゴン旅行_481_s.jpg

170512_オレゴン旅行_483_s.jpg

170512_オレゴン旅行_488_s.jpg

170512_オレゴン旅行_491_s.jpg

170512_オレゴン旅行_492_s.jpg

170512_オレゴン旅行_494_s.jpg

170512_オレゴン旅行_496_s.jpg

170512_オレゴン旅行_499_s.jpg

170512_オレゴン旅行_503_s.jpg

170512_オレゴン旅行_507_s.jpg

170512_オレゴン旅行_513_s.jpg

170512_オレゴン旅行_522_s.jpg

170512_オレゴン旅行_527_s.jpg

170512_オレゴン旅行_528_s.jpg

170512_オレゴン旅行_530_s.jpg

170512_オレゴン旅行_531_s.jpg

170512_オレゴン旅行_535_s.jpg

170512_オレゴン旅行_536_s.jpg

170512_オレゴン旅行_537_s.jpg

140508_米オレゴン旅行_1225_s.jpg
2014年05月06日に撮影(津波フイッシュ)
170511_オレゴン旅行_440_s.jpg
アストリアの町
170511_オレゴン旅行_437_s.jpg

170511_オレゴン旅行_439_s.jpg

140507_米オレゴン旅行_1174_s.jpg
posted by 森 すえ at 14:02| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

オレゴンへの旅(その1)成田空港〜ポートランドへ

イラスト_0719.jpg

5月上旬、私はアメリカへの旅人となり、娘が住んでいるオレゴン州へと向かった。成田空港を飛び立った飛行機は9時間半後、ポートランド空港に着陸。機中、私は時おりやわらかな羽毛のような雲を見つめながら、5月のアメリカの世界に飛びこもうと、オレゴンの海岸、森、川、山のなかできらきらする自分の姿を描きながら、早、生きいきと心が走っていた。

重いトランクを抱えながら空港の出口に立ったとき、私はアメリカの空気を一杯吸って暮らす現地人のようにオレゴンの風に馴染んでいた。やがて娘夫婦と合流。車はいよいよポートランドの町へと走り出した。ヤッホ!!
ポートランドは豊かな自然に恵まれ、人口も約58 万人を抱えるオレゴン州最大の自然に恵まれた環境に優しい都市である。歴史的名所や博物館、美術館、バラエティーに富んだショップやレストランもあり、なかなか魅力的で、アメリカ国内の各種調査でも常に“最も住んでみたい都市”の一位・二位に挙げられている。又、日本の札幌市と、ほぼ同緯度で風土が似通っていることなどから、1959年に姉妹都市提携を結んでいる。

車は日本食材専門店の「宇和島」でストップ。お酒、サツマイモ・・・あれこれと購入し、そして昼食。アメリカのハンバーガーは実に美味しいが、滞在中、幾度か頂く機会があるので韓国レストランで好物のビビンバを。
オレゴン州は海の幸・山の幸の食材に恵まれており、キングサーモン(マスノスケ)が州の魚でもあるほどで食材が豊富だが、アメリカンフード、中華、回転寿司などの日本食、ピザやスパゲッテイのイタリアン、トルコ、メキシコ料理と何でもござれって感じ。だが、なかんずくハンバーガーはやはり一番、美味しいと私は思う。

 車はハイウエーをひたすら走り、娘家族が住む海岸べりの町へと向かった。途中、クルーッチー・クリ―ク郡立公園へ回って懐かしい大木に再び出会った。数年前、私は何百年もの生きた木(樹齢1000年?)が大嵐で倒れたのを「シットカ」と題し、物語を創作したのを懐かしく思い出した。大木がひそむ森中は、まさに大自然の神秘な空間であり、樹々を見上げる私は緑の中の一点の存在にすぎないが、いつも大自然から何かしらの合図を受けているようだった。まるで木の上から呼ばれてるような、自然の魂に触れられているような・・・、森の奥へと続く長い道のイメージのつながりの中へと織り込まれていくようだった。

オレゴン到着の一日目は過ぎ、二日目も晴天に恵まれたので、コッフェンベリー湖へピクニック。おにぎり、ホットドック、サンドイッチ、うららかな陽をあびながらの手作り弁当に舌打ちをしながら大満足後、娘と私は湖沿いをハイキングへ。例年、この時期はすでに暖かい日が射す日々だが、今年は雨がしとしとと降る日が多い。湖の水位もあがり、散策路にも水たまりがあちこちとある。やれそれと草むらへと分け入りう回し、靴も埃だらけになりながら進んだが、最後のどどんのつまりに、大きな水たまりに遭遇。万事休す。バックバックと後戻りの6キロの道のりだった。けれども娘と私が体験したすべては、とても好奇心をくすぶられることだった。

さて、オレゴンの旅紀行を載せるとき、毎回、オレゴン州について少し書いている。オレゴン州は北米西海岸に位置するアメリカ合衆国第33 番目の州。面積約26 万平方キロメートル(日本の面積の67 パーセントで日本の本州と四国を合わせた面積より少々大きい。)自然に囲まれ国立公園や国定公園が多くあり、アメリカの中でも最も美しい州といわれる。

 *オレゴンの州都:セーラム。 *州成立:1859 年(33 番目)  *愛称:ビーバー州 オレゴン州の旗は、アメリカ合衆国の旗のなかで唯一「表と裏」の絵が違う。 裏側にオレゴンの動物「ビーバー」が描かれ、表も裏も基本の色はネイビーブルーで、絵の色はゴールド。 表のデザインはハートで、ハートの上にイーグル(ワシ)が乗り、ユナイテッドステートを表し、ハートの周りに33 の星が描かれている。

33 の星の意味は、1859 年にオレゴンが州となった当時のアメリカ合衆国の州の数。ハートの中には、太平洋、山、森、幌馬車、船などが描かれ、二隻の船の一隻は去り行くイギリスの船を、もう一隻は到着したUS の船を表し、夕日に照らされたオレゴンの輝かしい歴史模様が表現され、後世へと語り継がれている。

オレゴン州の代表動物のビーバーは、温暖な森に適応し主に夜に活動をし水の中が好き。最高15 分間、水中にいることが可能。目は瞬膜によってカバーされ水中でも見える。(ビーバーには両目の上下のまぶたの他に3つ目のまぶたが左右に一つずつあり、通常目の内側に隠れている)鼻孔と耳は水中にいる間は封をする。 平らな、鱗片(りんぺん)に覆われた尾.は鰻(うなぎ)の様に平たく、泳ぐ時や仲間に危険を知らせるため水面や地面をたたくのに使う。はい、とても可愛いビーバー!!  

このようにオレゴン州のことを書いているといつも理由もなく夢を感じる。ハート、イーグル(ワシ)、太平洋、山、森、幌馬車、船にビーバー。そして州の魚がキングサーモン(マスノスケ)などの形象が、限りなくやさしく州の象徴になっているからかもしれない。
        

        自然の結合

       風もない午後
       陽はゆっくり移ろぎ
       今にも溢れんばかりの緑の川へ
       池から湖へ
       森ら草原へと流れゆく

       湖面を見つめると
       影と光が差しては退き
       退いては差し・・・
       あらゆる色彩が揺らめく

       うわぁ、まるで迷宮
       すべては自然の結合だ!
       あなたにも教えてあげたい       
       ここに奇跡も魔法もあることを!

イラスト_0216_s.jpgイラスト_0215_s.jpgイラスト_0220_s.jpgイラスト_0221_s.jpgイラスト_0222_s.jpgイラスト_0223_s.jpg

170508_オレゴン旅行_305_s.jpg
成田空港を飛び立つ
170508_オレゴン旅行_306_s.jpg
デルタ航空の機内食
170508_オレゴン旅行_309_s.jpg
ポートランド空港に到着
170508_オレゴン旅行_323_s.jpg
宇和島
170508_オレゴン旅行_324_s.jpg

170508_オレゴン旅行_310_s.jpg

170508_オレゴン旅行_311_s.jpg

170508_オレゴン旅行_314_s.jpg

170508_オレゴン旅行_329_s.jpg
ビビンバ
170508_オレゴン旅行_316_s.jpg

170508_オレゴン旅行_327_s.jpg
シャクナゲ
170508_オレゴン旅行_339_s.jpg
ハイウエーで一休み
170508_オレゴン旅行_337_s.jpg

170508_オレゴン旅行_340_s.jpg

170508_オレゴン旅行_353_s.jpg

170508_オレゴン旅行_344_s.jpg

170508_オレゴン旅行_341_s.jpg

170508_オレゴン旅行_347_s.jpg

170508_オレゴン旅行_349_s.jpg

170509_オレゴン旅行_002_s.jpg
コツフェンペリー湖
170509_オレゴン旅行_004_s.jpg

170509_オレゴン旅行_010_s.jpg

170509_オレゴン旅行_015_s.jpg

170509_オレゴン旅行_039_s.jpg

170509_オレゴン旅行_041_s.jpg

170509_オレゴン旅行_358_s.jpg

170509_オレゴン旅行_355_s.jpg

170509_オレゴン旅行_369_s.jpg

170509_オレゴン旅行_370_s.jpg

170509_オレゴン旅行_389_s.jpg

170509_オレゴン旅行_402_s.jpg

170509_オレゴン旅行_390_s.jpg

170509_オレゴン旅行_383_s.jpg

170509_オレゴン旅行_401_s.jpg

170509_オレゴン旅行_405_s.jpg

170509_オレゴン旅行_363_s.jpg

170509_オレゴン旅行_399_s.jpg

170509_オレゴン旅行_406_s.jpg

170509_オレゴン旅行_407_s.jpg

170509_オレゴン旅行_409_s.jpg

170509_オレゴン旅行_008_s.jpg

170509_オレゴン旅行_047_s.jpg
サンセットピーチ(沈没船)
170509_オレゴン旅行_050_s.jpg


posted by 森 すえ at 06:03| Comment(12) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

関東周辺をぐるり散策・昭和記念公園へ

イラスト_0349.jpg

4月下旬、まだまだ春爛漫ながら、若葉色が鮮やかに目に映る良き頃。そんな情景を部屋から眺めると、気持ちが浮き浮きとなり、自分の姿をうちに閉じ込めていられなくなる。ああ、チューリップが見たいなぁ〜、穏やかな空間に赤、白、黄色の輝きがいっぱい溢れているのを想像すると、早、意識は昭和記念公園へ・・・。

四季折々の花に惹かれ何度も訪れている公園だが、一向に飽きない。言わばわが庭の感覚でリラックスできるからかもしれないが、東京ドームの約40倍の広大な敷地内でお花見ができるのは嬉しい。風もなく、穏やかな晴天の下、広場や森を中心に約20万株のチューリップも鮮やかに咲いている。チューリップの見ごろは4月下旬。だが今年の開花は早かったのか、見頃は過ぎ、全体的な新鮮味はやや薄れてるって感じだが、それでも遅咲きが目いっぱいに輝く池周辺には、美と香りの余韻が十分に残っている。そう、鮮やかな色彩が水面でいきいきと蘇り、鳥たちが横切って飛ぶ空間には子どもたちの幸福そうな姿が飛び跳ねていた。

愛らしいアイスランドポピー、ムスカリ、ムラサキハナナ、スイセン、川沿いの菜の花も、圧倒的なボリュームで人々に感動を与えている。・・・ 私は思う。花の可憐さに添える言葉は・・・もういらないと。さあ、のんびり花を見つめよう〜。チューリップの周りに集う人たちにまじり、私も花を愛し、花に愛されよう〜。
            春の公園で

        大空の光をうけて輝く春の花
        広場の中央で、丘の上で、川沿いの石の影で
        清らかに、やさしく、鮮やかに微笑み、
        崖の下で、橋のたもとで、遠景のなかで
        春の命が、今、生きている。
        そう、すべての美が近くで、遠くで見え
        急にひろびろと視界が無限大!
        ああ、昼下がりの公園内を
        いつもと違った歩き方をしてみょう〜

170425_昭和記念公園_005_s.jpg昭和記念公園
170425_昭和記念公園_007_s.jpg

170425_昭和記念公園_010_s.jpg

170425_昭和記念公園_006_s.jpg

170425_昭和記念公園_013_s.jpg

170425_昭和記念公園_049_s.jpg

170425_昭和記念公園_019_s.jpg

170425_昭和記念公園_020_s.jpg

170425_昭和記念公園_023_s.jpg

170425_昭和記念公園_029_s.jpg

170425_昭和記念公園_026_s.jpg
ハーブ園で
170425_昭和記念公園_034_s.jpg

170425_昭和記念公園_039_s.jpg

170425_昭和記念公園_044_s.jpg

170425_昭和記念公園_050_s.jpg

170425_昭和記念公園_051_s.jpg

170425_昭和記念公園_150_s.jpg
みんなの広場で
170425_昭和記念公園_054_s.jpg

170425_昭和記念公園_086_s.jpg

170425_昭和記念公園_089_s.jpg

170425_昭和記念公園_079_s.jpg

170425_昭和記念公園_065_s.jpg

170425_昭和記念公園_073_s.jpg

170425_昭和記念公園_082_s.jpg

170425_昭和記念公園_059_s.jpg

170425_昭和記念公園_062_s.jpg

170425_昭和記念公園_084_s.jpg

170425_昭和記念公園_159_s.jpg

170425_昭和記念公園_147_s.jpg

170425_昭和記念公園_090_s.jpg

170425_昭和記念公園_094_s.jpg

170425_昭和記念公園_091_s.jpg

170425_昭和記念公園_106_s.jpg

170425_昭和記念公園_101_s.jpg


170425_昭和記念公園_098_s.jpg

170425_昭和記念公園_096_s.jpg

170425_昭和記念公園_110_s.jpg

170425_昭和記念公園_119_s.jpg

170425_昭和記念公園_126_s.jpg
江戸末期から幕末まで松下領の名主を務めた石井家住宅
170425_昭和記念公園_136_s.jpg

170425_昭和記念公園_131_s.jpg

170425_昭和記念公園_138_s.jpg
170425_昭和記念公園_139_s.jpg

170425_昭和記念公園_152_s.jpg

170425_昭和記念公園_109_s.jpg

posted by 森 すえ at 06:18| Comment(10) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする