2015年06月26日

関東周辺をぐるり散策・代々木公園のバラとアジサイ

_0013

桜の満開時に終わりを告げ、葉が陽に向かって傾くとき、私は代々木公園の花を愛でに行った。風景の色合いも移り、静けさが漂う若葉が輝きだしていた。そんな代々木公園をゆっくり歩くと、日ごろ気づくこともなく通りすぎていた光景が目に留まり、それぞれの美が交差しながら輝いているのを、思わず見とれてしまったものだった。

今日もまた、代々木公園を素早く横切り、明治神宮へと向かったが、公園内のバラやアジサイの花の美しさに、後ろ髪をひかれる思いがした。閑静なたたずまいの中、花たちは、無造作に、何の技巧もなくまったく自然な姿で咲いていた。

翌日、カメラを抱え代々木公園へ。そしてバラ園へまっしぐら。淡いローズ色のバラを撮りながら、ふと、10年も前、バラの花を私にプレゼントしてくださった知人のことを思い出した・・・。

バラは淡いローズ色であった。バラは光と溶け合って部屋を明るくした。目に触れるようにと勉強机に花瓶を置くと、心が和み平穏心がよみがえったものだった。

バラの贈り主は知性と豊かな心を兼ね備えた人。ちょっとお手伝いをした私への感謝をスマートに返されたのだったが、人と人と混ざり合う大切な秘訣をよくご存じだと思った。日時計が立って、今年93歳。今なおかくしゃくとおひとりで生きておられる知人を、人生の先輩と尊敬し、今なお、新しい時間を分かち合うひと時を、コーヒーを楽しみながら続けているが、バラを見るたび、あの時のことが思い出される。ありがとう!!

バラはメッセージを投げかけるメッセンジャー。花言葉も、情熱、愛情・あなたを愛します、模範的 ・熱烈な恋など人生を明るくする言葉が多い。ああ〜私もバラのような人になれたらいいなぁ〜! さあ、バラの次はアジサイ、そして奥地でいろんな花を愛でよう〜。ブラボー!代々木公園は、ただ今、花公園!!

      今浮かぶ言葉

    ありがとう
    貴女の言葉で今思うことは
    私の心の天気模様の日々
    晴れの日も 雨の日も、嵐の日もあったと
    今、浮かぶ日々です

    ありがとう
    貴女の訪れで今思うことは
    私の理想を追いかけた日々
    寂しい時も 楽しい時も、苦しい時もあったと
    今浮かぶ時です

    ありがとう
     貴女の諦めで今思うことは
    私の自分探しのあの日々
    感謝の涙を 愛の涙を、喜びの涙を流したと
    今浮かぶ涙です

    ありがとう
    貴女の迷いで今思うことは
    努力を追いかけた日々
    生きる努力 負ける努力、耐える努力をしたと
    今浮かぶ姿です

    優しい貴女
    星の光にも負けない
    優しさの光に満ちた貴女に
    今感謝の言葉を贈ります
    ありがとう! 

150611__093_s

150611__018_s

シャルルドウゴール

150611__023_s
芳純

150611__035_s
ミラト

150611__038_s

ラ セビリアーナ

150611__042_s

ハイウエーローズ

150611__046_s

つるブルーバユー

150611__050_s

ビンゴメイディランド

150611__052_s

ヘンリーフオンダ

150611__055_s

わかな

150611__057_s
ラベンダードリーム

150611__061_s

エバーゴールド

150611__063_s

ピンクメイディランド

150611__066_s

ケニギンベアトリックス

150611__069_s
丹頂

150611__071_s
プリンセスミチコ

150611__074_s

イエローシンプリシティ

150611__076_s
希望

150611__086_s

オリンピックファイヤ

150611__083_s

150611__115_s

150611__103_s

150611__102_s

150611__108_s

150611__168_s

150611__172_s

150611__126_s

150611__141_s

150611__148_s

150611__158_s

150611__156_s

150611__145_s

150611__139_s

 

150611__177_s

150611__142_s

(次回の更新は7月1日の予定です)

posted by 森 すえ at 05:32| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

関東周辺をぐるり散策・白山(はくさん)神社と紫陽花

_0514

雨の風物として古くから愛されている紫陽花。さあ、紫陽花を愛でよう〜と、メディアで紹介された文京区にある白山神社へ。

約3,000株の多様な紫陽花が、境内から白山公園にかけて彩つているらしい。どんな神社?どんな紫陽花かな?と興味津々。
白山駅に降り立つと、境内へ続く参道に紫陽花祭りの提灯がずらりとぶら下がっている。神社の鳥居をくぐると、おやや、早朝ながら人でも多い。どうも今が 見ごろのよう。良かった!!

白山神社の創開は古く、天暦年間(947〜957)に、加賀一宮白山神社の分霊を、現在の本郷一丁目の地に移された後、2代将軍秀忠の命で小石川植物園内に移ったが、その後、1655年に再度ここに移された。ご祭神は菊理媛神(ククリヒメのカミ)。古事記にイザナギノミコトとイザナミノミコトの間を取り持ったという記述から、縁結びの御利益あり、とされる。

石川県の金沢にある白山総本山も縁結びの神様。また、修験者の一人が荒行に堪え、成し遂げたと伝えられる虫歯(特に痛みを鎮める)にも御利益ありとされることから、文京区の白山神社でも、江戸時代より歯の神様として庶民の信仰を集め、宮司による神事・歯ブラシ供養をされる。

先着100名には新しい歯ブラシ等が配布されるが、どうもその御利益は週末のようで、月曜の今日はなにもなし。歯の御利益が頂けるなんて珍しいなぁ〜と、箱にたまった古い歯ブラシを見つめるが、白山神社の御利益はほかにもあり・・・

霊峰白山に起源する「水の神」「農耕の神」「火防の神」。そして商売繁盛、受験、家内安全のご利益もありで、サラリーマンの信仰も多いと聞く。 紫陽花に魅かれやってきたが、見れば、縁結びの神様ということで女性が目だつ。 神社って結構、相性があるようで、気楽にお参りしたくなるような雰囲気が漂っている。

紫陽花祭りを盛り上げようと、地元の人による模擬店もあり。お茶のサービスを受けながらししばし休憩。さあ、本殿の横にある浅間神社で、違った品種の紫陽花を愛でようと森の中へ。

石川、福井、岐阜の3県にわたり高くそびえる白山は、古くから霊山信仰の聖地として仰がれ、ふもとに暮らす人々にとって、白山は聖域であり、生活に不可欠な“命の水”を供給してくれる神々の座であったが、やがて山への信仰は、登拝という形に変化し、山頂に至る登山道が開かれた。そして、神の社へとつながり、白山神社総本宮社としての1300年の歴史はここから始まる。

白山は、富士山、立山と並ぶ三名山の一つ。万葉集にも詠まれ、ハクサンコザクラ、ハクサンサクラなどその名がつく数々の高山植物でも知られ、登山好きには憧れの山。そう、現代人の多くの人にとっては、趣味で訪れる場所だが、かっては信仰の対象だった。こうして、白山は白山神社と深い縁で結ばれているが、富士山とて同じ。信仰の対象の山で浅間神社と深い縁があると、長い歴史に想いを馳せながら、時おり手を合わせる。

梅雨のひと時、私の目は紫陽花に集中しながらも、心は、霊峰白山へのイメージのつながりの中へ織り込こまれていった。

       あなたは紫陽花

        天空から降る小雨
        銀の水滴が花びらにぽとり
        あなたを思い、ふと立ち止まる

        あい色の輪の中で光り
        雨になお深まる色合いに
        あなたを思い、ふと振り返る

        白い輪郭の花びらが
        雅やかに咲きほころび
        同じ色を持たない不思議に
        あなたを思い、ふと思案する

        生きる空間と時を
       六月の梅雨空にとけこむ姿に
       あなたを描き、ふと愛おしむ 
       ああ、あなたは紫陽花のよう!

150608__004_s_2
白山神社

150608__102_s

150608__163_s

150608__135_s

150608__010_s

150608__112_s

150608__015_s

150608__036_s_3

150608__108_s

150608__117_s

150608__014_s

150608__155_s

150608__159_s

150608__108_s_2

150608__133_s

150608__027_s
浅間神社へ

150608__140_s

頂きに洞が祀られている

150608__151_s

150608__105_s

150608__165_s

150608__142_s

150608__153_s

150608__141_s

150608__154_s

150608__157_s

150608__138_s

150608__144_s

150608__149_s

150608__167_s

150608__127_s

150608__172_s

150608__170_s


次回の更新は6月26日の予定です)

posted by 森 すえ at 04:12| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする