2013年11月29日

関東周辺をぐるり散策(その2)

493_illust385

自宅からの散歩は、たいがい代々木公園〜明治神宮〜渋谷駅へと回るコースを歩く。そうそう、今、銀杏が綺麗。今日の紅葉狩りは近場で楽しもう〜、お天気も秋日和で申し分なし!
代々木公園の敷地は、540,529.00m2(およそ東京ドーム11個分)。東京23区内の都市公園のなかでは、葛西臨海公園(約79ha)、水元公園(約76ha)、舎人公園(約71ha)に次いで4番目に広いこともあり、実にのびやかな雰囲気。芝生公園、スポーツ施設、イベントホールと地区に分かれているが、樹木も多く自然豊かな公園。なんと言っても秋は銀杏が輝く!!銀杏の本数がなんと260本。まさしく公園は黄金色だから圧巻される。さあ、出発。代々木体育館を横切り、イチョウ並木や噴水池周辺の紅葉林へと。わぉ、若者がいっぱい!犬も尾を振って楽しそう!パチリパチリ。

その後、NHK前で開催されている「スペイン祭り」へ。出店に並ぶ食べ物の煙と匂いにぐいぐい吸い寄せられ・・・うぃぃ、満腹。ガリシアの田舎パン、フィデウア(パスタのパエリア)、チョリソ、チュロス・・・、堪らないお味。8回訪れたスペインだから、すべて懐かしい食べものばかりで至極満足。
明治神宮外苑にも足を延ばしてみることにしょう〜。ここも神宮球場はじめ、各種などスポーツ施設があるが、四季折々の自然を満悦することもでき、秋の銀杏並木の美しさはつとに有名。・・・と言うわけで人、人、人や車で混雑、マラソン大会もありで混雑。我を忘れて銀杏を眺めることはできないが、東京のど真ん中らしい風情かも知れないと、都会のエネルギーに感動すら覚えつつ・・・外苑を後にする。

131123__204_s


代々木体育館
131123__225_s

代々木公園

131123__209_s

131123__214_s

131123__217_s

131123__218_s

131123__239_s

131123__240_s

131123__244_s

131123__245_s

131123__046_s

131123__216_s

131123__231_s

131123__250_s

NHK前広場・スペイン祭り

131123__253_s

131123__261_s

131123__255_s

ガリシア・田舎パン

131123__257_s

フィデウア(パスタのパエリア)

131123__096_s

チュロス(甘いドーナツ)

131123__112_s

131124__024_s

、明治神宮外苑

131124__116_s

131124__119_s

131124__108_s

 

posted by 森 すえ at 14:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

関東周辺をぶらり散策(その1)昭和記念公園

304_illust197_2

 東京都・立川市にある「昭和記念公園」には、既に何度も訪れているが、紅葉の季節になるとまたしても行きたくなる。今、銀杏の落葉で大地は黄金色、紅葉で空気が赤く染まっているにちがいない。ああ、二年前の銀杏の黄葉も見事だったなぁ〜と、黄金色の並木が目に浮かぶ。やっぱり出かけよう〜!のびやかな芝生や丘の上を、足の向くまま気の向くまま自由自在に歩きたいよ〜。ふっふっ、この公園には魅力的な魔女が棲んでいるにちがいない。

 10時、園内に入る。うぉぉ〜、黄金色の並木道が池の噴水まで延びているよ〜〜!もうたまらない黄の世界!先ずは一服とカフェー。黄金色に酔いしれながらパチリパチリ!槁を渡り「水鳥の池」へ。そしてサザンカを眺めながら「みんなの原っぱ」へ。いつものコースをいつものように散策。まるで「私の広場」って感じ。

 いよいよ日本庭園へ。「日本庭園は、四季折々の季節感を表現した池泉回遊式庭園で、池を中心として滝・流れ・州浜・木橋・紅葉を見やりながら、自然巡りをする庭って感じ。江戸時代の様式で造られた園だが、今、紅葉の真っ盛りで見事な風情。池の西にある歓楓亭(かんふうてい)でお菓子とお抹茶を頂く。風味とまろやかなお菓子、結構なお手前で一息。ふぅ〜、こんなひと時っていいなぁ。池に映る「逆さ紅葉」が、小刻みな波のうちに静かに浮かんでいる。・・・華やかに、鮮やかに。

 日本庭園を後にし運動公園へと。ここの銀杏並木も黄金色。周りの中間的な色合いの紅葉も特徴があっていい!そう、この公園はまさしく混ざり合った色の美がある。公園のあらゆる隅々から華やかに着飾った葉っぱが、散紅葉の向こうで微笑む。果てしなくつづき、青空の下で微笑む。ごらん、鮮やかさを失われずに輝く紅葉、秋色!!やがて冬への色合となり、紅葉が風にゆらぐだろう〜、でも今、目の前は鮮やかな美の広場。

131121__205_s_2

131121__210_s

131121__023_s

131121__214_s

131121__224_s

131121__133_s

131121__228_s

131121__240_s

131121__232_s

131121__238_s

131121__261_s

131121__264_s

131121__266_s

131121__273_s

131121__277_s

131121__100_s

131121__287_s

131121__286_s

131121__290_s

131121__328_s

131121__341_s

131121__335_s

131121__334_s

131121__330_s

131121__347_s

 

 

posted by 森 すえ at 15:04| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

富士山麓周辺の風景(その15)鳴沢紅葉ロードレース

 

653_illust544_2

10月27日、晴天。富士山北嶺にある鳴沢村で「鳴沢紅葉ロードレース」が開催され、ハーフ750人、10km536人、5km344人の参加ランナーが参加。雄大な富士山と美しい紅葉の山々を眺めながら爽快に自然の中へと・・・。日ごろ、私はここら辺りを散策しているのでわかるが、かなり激しい上り下りがありチョットきついコースかもね。でも、富士山を見ながら、美味しい空気と、鳴沢村の森や林を抜け、別荘地の住人の応援を受けながらのゴールは・・・そう大満足されたこと間違いなし!!

大会に瀬古利彦さんも参加。瀬古さんは、1970年代後半から1980年代にかけて宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに活躍されたランナー。当時、私も大声援を送っていたひとり。おお、懐かしい!!瀬古さんの楽しいスピーチで雰囲気も盛り上がり、はい、皆さんにこにこ顔。参加賞には村で生産した高原野菜と美味しい水と新鮮な具材を使ったそばのサービスがあったとか!いいなぁ〜!!

山梨は名湯と評判の温泉、山間のひなびた温泉、相次ぎ出来た公営温泉、街の中にある温泉、銭湯など、数多くの温泉が身近にあり、大変恵まれたところ。そう、私もその恩恵を受け、日ごろは村の温泉へ。たまに遠くの温泉で、緑に囲まれながら寛ぎのひとときを過ごす。

ある日、山梨県と神奈川県の県境にある「道志の湯」でまったり。寛ぎのひとときを、道志川の支流、室久保川の渓流そいの温泉で・・・。周辺には体験農園、観光農園、水源の森などの施設もあり見所いっぱい。私は近くの道の駅で、豆腐、お野菜をどっさり手に持ち、山から流れ出る水を飲んでリフレッシュ。ここの水は横浜市に供給されているらしく、横浜からきた温泉客がちらほら。わおあ〜、都会の雰囲気があるよ〜!

都留市にある「芭蕉月待ちの湯」にもいそいそと。大学のある町で若者がいっぱい。活気があり明るい雰囲気ながら、陽光に輝く大自然に囲まれた美しいところ。都留の名水から生まれる優れた特産物(水掛菜、わさび、川魚・・・)、伝統の味が生きる和菓子など見て回るのも楽しい。これからも、いろんな温泉地を訪れ、長い歳月が育み、受け継がれてきた伝統文化、そう、先人の息吹が蘇る祭りなども知り、学びたいなぁ・・・。

131113__391_s_2

131113__390_s

131027__335_s_2

鳴沢村道の駅

131027__037_s_2

131027__042_s_2

131027__009_s_2

131027__122_s_2

瀬古利彦さん

131031__105_s_2

131031__022_s

道志道の駅

131031__114_s_2

室久保川の渓流

131031__119_s_2

131031__030_s_2

131031__126_s_2

道志の湯

131031__128_s_2

131107__102_s

芭蕉月待ちの湯

131107__101_s

月待ちうどん

131107__025_s

「蕉月待ちの湯」周辺風景

131107__105_s

 

131107__112_s

131107__107_s

131107__115_s

 

posted by 森 すえ at 14:00| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

富士山麓周辺の風景(その14)母の白滝〜三つ峠

 

015_clouds_3


「生きている富士山」と紅葉を撮る楽しみを生涯続けていきたいと、この秋、あちこちへと散策。しかし、富士山の姿が見える日もあれば、そうでない日もある。諦めないで次の機会にと期待をよせる。そんなある日、河口湖北岸に祭られている「浅間神社」の裏山へと。「母の白滝」を見るためによいこらしょ。。。母の白滝の祭神は「タクハタチチ姫命」で「木花咲耶姫命(浅間様)の姑神様。平安時代の頃より、富士登山者は村の宿坊をやどにして、この滝で身をきよめ、浅間神社で(稚児の舞)を奉納して、富士登山の安全を祈願したもの。

ヤッホ!母の白滝だ!確かに白い滝。静寂な山懐に澄んだ水が流れるさまに身が震える。千変万化の表情を持つしぶきをあびながら佇むこと数分。ふと、浅間山内の鳥居のそばから「三ツ峠」への登山道があるのに気づく。
湖畔を歩くのも素的だが、山々へ登り大自然の神秘にふれる感動の瞬間もまたよし。天気がよければ遠く北アルプスまで望める三ツ峠山頂。世界遺産・富士山の美景に出会えるハイキングコースとして人気も高い。さあ、ちょっと高い山に登ろう〜。標高1786mの頂に立ち感無量なるも、この日、雲で富士山の姿は見えない。まあいいかっ。何度か眺めている眺望なので諦めも早い。早速おにぎりをぱくり!

翌日、「新道峠」へ。甲府へと抜ける峠だが、ここは特別な場所かと思わせるほど、紅葉が美しい。急坂をぐねぐね回りながら寄り道いっぱい、発見いっぱいの紅葉狩りの秋の旅は続いていく・・・

131017__025_s_2


母の白滝公園

131101__246_s_2


母の白滝公園から

131108__276_s_2

 

131108__280_s_2

 

131108__273_s_2

131103__265_s_2

母の白滝

131028__17_s_2

三ツ峠へ

131028__31_s_2


三ツ峠山頂

131028__44_s_2

三ツ峠山頂から

131028__35_s_2

三ツ峠(屏風岩)

131102__103_s_2

新道峠へ

131102__113_s_2

131102__126_s_2

131102__147_s_2

131102__116_s

 

131102__127_s

131102__142_s

131102__145_s_2

131102__157_s

131102__153_s_2

 

posted by 森 すえ at 17:16| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

富士山麓周辺の風景(その13)山中湖の紅葉

 

613_illust505


富士山の麓に佇む山中湖はとても大きく、湖畔にレストランやホテルなどがあり、美術館、体育館、公園なども整備され、ちょっとしたおしゃれなリゾートといった印象があります。そう、早くから多くの作家、アーチストなど文化人も愛した山中湖周辺ですが、今、紅葉の真っ盛り!!ブナ、カエデ、ミズナラ、カラマツ、コナラ・・・綺麗な色取りで人々の頬も赤く染まっています〜。
秋は紅葉に尽きますね。湖を囲むように聳える山々も一面に紅葉に燃えています。この日のお天気はあいにく。富士山の姿は仰げませんでしたが、次の機会には・・・うぅぅ完璧な絵葉書の世界を・・・と、目に浮かべながら楽しんだ一日でした。

131109__007_s

131109__011_s

131109__012_s

131109__037_s

131109__074_s

131109__042_s

131109__109_s

131109__121_s

131109__119_s

131109__116_s

131109__154_s

131109__104_s

131109__127_s

131109__136_s

131109__139_s

131109__144_s

131109__146_s

131109__151_s

131109__153_s


 

posted by 森 すえ at 08:47| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

富士山麓周辺の風景(その12)河口湖の紅葉

 

391_illust284

「秋」・・・富士山の秋といえば黄色が主体です。ダケカンバがすっかり葉を落として綺麗な樹肌を見せる頃合になると、「待っていました!」とばかりにカラマツが落葉をはじめ、きらきら輝き、地面を黄色に染めます。見事なまでの黄色の美です。・・・やがて名残を呈しながら、春まで深い眠りについていくのです・・・

ある日、そんな端麗な富士山を思い描きながら河口湖周辺を散策しますと、多彩な色合いで目を楽しませてくれる秋模様にであいます。「おお、いい紅葉!見つけた」と小躍りしながら写真に収めました。毎年眺める光景ですが、今年もたっぷりと楽しませていただきました。

131111__287_s



131111__283_s

 

131108__151_s

 

131108__278_s

 

131106__258_s



131101__014_s

        木の花美術館で131103__212_s

一竹美術館館で131103__217_s

一竹美術館で

131103__221_s

 一竹美術館で

131103__222_s

一竹美術館で

131103__228_s

                    一竹美術館で131103__225_s_2

河口湖のほとりで

131103__233_s

                        河口湖のほとりで

131106__254_s

河口湖のほとりで

131103__240_s

河口湖ほとりで

posted by 森 すえ at 16:25| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする