2013年07月08日

富士山麓の風景(その7)カチカチ山の紫陽花

 

031_rabbit

 

 6月、河口湖から天上山へ登った。そこで優雅な富士山が望められた。まさしく富士山と話そう〜って気分に満悦したもの。日本人が愛する故郷の山、そう、登るだけではなく眺める山として、より幅広い楽しみ方ができるって実感したものだった。その上に天上山(カチカチ山)は斜面に植えられた10万本のアジサイの花が一斉に咲く。前回は富士山をしっかり眺めたいので、富士が雲隠れしない内にとロープウェイで、標高856mの湖畔から、1075mの天上山富士見台駅へと急いだが、今回は紫陽花。どんな風に咲いてるのかなって?!期待しながら登ったが・・・、いやはや残念。カチカチ山公園の紫陽花の見ごろは7月中旬〜8月半ばらしく蕾が多かった。それでも澄んだ空気の下、淡い色合いの紫陽花がちらちら斜面や、私たちの足もとで微笑んでいた。おお、この光景が梅雨時の美の一切だ!!紫陽花は富士山の方向に顔を向け、眩しい樹木とひとつになっていた。
 
 岐路、花の都公園へとまわり、ポピーや菜の花が優しい風の中で揺れていた・・・

340_illust233

 

130629__01_s

 

130629__109_s

 

130629__103_s

 

130629__113_s

 

130629__120_s

 

130629__116_s

 

130629__115_s

 

130629__132_s

 

130629__137_s

 

130629__154_s

 

130629__144_s

 

130629__165_s

 

130629__43_s

 

130702__127_s

 

130702__128_s

 

130702__112_s

 

130702__113_s

 

130702__006_s

 

130702__010_s

 

130702__105_s

 

130702__135_s

 

posted by 森 すえ at 08:57| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

富士山の周辺の風景(その6)ラベンダー香

 

512_illust404

 

 四季折々に微妙に表情を変化させる霊峰富士。その秀麗な山容を北富士山麓から眺めるのがとても好きなのだが、今、梅雨の真っ最中。雲に覆われ見れる機会はなかなか訪れない。だが、山麓の風景は多彩な色合いの紫陽花、ラベンダーと素晴らしい。そうだ!ラベンダーの香をいっぱい胸に吸い込もう〜と河口湖へとGO−.

 途中、鳴沢村役場、山梨県立富士ビジターセンター、富士河口湖町役場を回りながら、富士山が世界遺産に登録されたことの垂れ幕などを眺めながらラベンダー畑へと・・・・
 「富士山」の登録で、国内の文化遺産は13件。自然遺産とあわせた世界遺産は17件となった。今回、三保の松原も含まれめでたしめでたし。ますます富士山人気が高まるよね!!

 

340_illust233

 

130628__101_s

 

130628__113_s

 

130628__105_s

 

130628__107_s

 

130628__108_s

 

130628__110_s

 

130628__008_s

 

130628__111_s

 

130628__123_s

 

130628__125_s

 

130628__139_s

 

130628__059_s

 

130628__050_s

 

130628__147_s

 

posted by 森 すえ at 16:36| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする